旦那の浮気の証拠が掴めない【離婚・慰謝料請求の方法】

田中 好太郎

旦那浮気発覚 離婚慰謝料方法

浮気発覚から離婚までを考えるには時間は掛かりません。旦那の浮気は裏切り行為ですから離婚をすぐに決意する人は少なくありません。ここでは、浮気は許せないから!慰謝料を請求して離婚する方法を解説していきます。

田中好太郎
こんにちは。浮気 探偵ナビの田中好太郎です。以前は大手探偵事務所に所属し、浮気調査からアドバイザーを兼任しておりました元探偵です。よろしくお願いいたします。
こんにちは。進行役を務める浮気 探偵ナビ編集部の折原めぐみと申します。拙い解説でお聞き苦しいところもございますが、どうぞお付き合いのほどよろしくお願いいたします。
折原めぐみ

旦那の浮気から離婚までの経緯

結婚5年目で旦那の浮気が発覚!

30代主婦

旦那とは25才の時に知り合い、付き合ってから5年で入籍しました。

最初は旦那の稼ぎだけでは生活が出来ないので、私もパートに出て何とか生活ができる状態でした。

毎朝、家事を終わらせてからパート先に向かうため、いつも遅刻ギリギリの出勤です。パートから帰ると洗濯物を取りこんでから夕飯の支度と毎日を忙しく過ごしていました。

それも自分たちのマイホームを手に入れる目標があったからこそ、頑張ってこれたと思います。

そして2人の子供も生まれて、念願のマイホームを手に入れました。この先もずっとこの幸せが続くと思っていました。

旦那のスマホから浮気が発覚

旦那スマホ浮気発覚

今まで残業なんてなかったのに、旦那の帰りが遅くなることが増えてきました。なんか怪しいと感じた私は旦那が風呂に入っている隙に旦那のスマホをチェックしました。

悪い予感は的中しました。ホテルの一室で撮ったと思われる裸の女の写真と頻繁にやり取りをしているlineの履歴を発見しました。それを見た時はあまりのショックでその場で泣き崩れました。

やり直す事も考えてみましたが、裏切られた気持ちを抱えたまま、一緒に生活は出来ないと思い離婚を決意しました。

離婚から慰謝料請求までの流れ

離婚慰謝料請求流れ

離婚までの流れ

  1. 浮気の証拠を用意する
  2. 弁護士に相談する
  3. 相手に内容証明を送る
  4. 旦那と話し合いをする
    (協議に持ち込む)
  5. 離婚調停
    (協議で決着がつかない場合)

浮気の証拠を用意する

ineのやり取りや浮気相手の写メだけで離婚や慰謝料請求をするには、どうしても証拠としては力不足になってしまいます。

その証拠の信憑性が問われた時に、言い逃れが出来ない事を重点に考えて証拠を集める必要があります。

「浮気」は法的に見ると不貞行為いい、「夫婦間の守操義務に違反する姦通」や「配偶者のあるものが自由な意思に基づいて配偶者以外の者と性的関係を持つ事。」

不貞行為を理由に離婚や慰謝料請求をするには、不貞関係を客観的に見ても判断できる証拠をおさえる必要があります。

それが俗にいう「浮気の証拠」になります。浮気を証明するには法律に沿った証拠が必要になり、以下の項目が有効になります。

  • ラブホテルの出入りを撮影したもの
    (複数回)
  • ビジネスホテルやシティーホテルの出入りを撮影したもの
    (複数回)
  • 不倫相手の自宅の出入りを撮影したもの
    (複数回)
  • カーセックスの現場を撮影したもの
  • 不倫相手との宿泊旅行を撮影したもの
  • 浮気調査の報告書
  • 本人が自白をした記述

浮気の証拠は専門家に任せる

上の箇条書きを見て頂くとわかりますが、浮気を立証する証拠をおさえるにはかなり難易度が高いことがわかります。

上記のような状況証拠は確実性を考えて専門のところに頼む方が物事はスムーズに進みます。浮気調査を専門としている探偵事務所は個々の能力に差があります。

実績があり、信頼できる探偵を見つけて調査を依頼されるのが理想です。

自分で集められる浮気の証拠

物的証拠は探偵に任せて、状況証拠は自分で集めておくと後で必ず役に立ちます。メールの履歴やレシート、領収書、旦那さんの行動を日記につけておくのも有効です。

怪しい日や毎日の帰宅時間を日記に残しておくといいでしょう。または、地元で同窓会と言ってたのに違う場所にいたとわかるレシートや領収書も有効です。

とりあえず、浮気と思う事や怪しいと思うものは全て証拠として取っておきましょう。

ある程度の浮気の証拠が集まると、「問い詰めれば浮気を自白するのでは?」そんな気持ちになってしまいますが、ここは冷静に判断していきましょう。

旦那が誠実で嘘をつくことが出来ない人であれば、浮気を認めるかもしれません。しかし、状況証拠だけで認める事は稀なことだそうです。

浮気を認める言い逃れができない証拠が集まるまで、ぐっと我慢してください。その方があなたが優位に立つ事ができます。

状況証拠は補足として調停であなたの力になってくれます。浮気の証拠能力が低い時には補足証拠として裏付けをしてくれますから使えないからと言って、捨てずにとっておきましょう。

離婚に向けての準備

慰謝料請求や離婚に向けての準備として必要な知識や情報は必要なものです。離婚や慰謝料請求は法律が絡むため、素人の付け焼刃の知識では太刀打ちできない場合もあります。

もし相手側が弁護士を立ててきたら、慰謝料の減額を請求してくることでしょう。また、親権や財産分与など専門家に任せた方がうまくいく事もあります。

離婚問題や慰謝料問題の専門家は弁護士です。弁護士はどうやって攻めればいいのかをよく知っています。これから長い戦いを覚悟しているなら戦略を立ててくれる強い味方になってくれます。

浮気相手に自分からお金の事や離婚を切り出す事が出来ない時にも、弁護士を入れると話は早く進みます。1番は自分で交渉するよりも慰謝料の増額が期待できることです。

弁護士に相談する事はお金が掛かる事ですが、無料相談をしてくれるところもありますので、まずは無料相談を利用して情報収集してみましょう。

弁護士にやってもらう事

離婚弁護士

  • 内容証明書の作成
  • 慰謝料や財産分与、親権の交渉

浮気相手に弁護士からの内容証明郵便を送る事で、自分がやった事の重大性に気付かせる事ができます。内容証明書の作成は行政書士でもいいのですが、慰謝料や離婚問題になるとお互いに感情が入るため交渉がまとまらない事が多いのです。

間に弁護士を入れる事で話も早く慰謝料の増額も期待できます。また、ご主人に対しての慰謝料請求や財産分与、親権問題も冷静な判断が出来ないあなたに代わって、第二の人生の為に必要な交渉をしてくれます。

離婚は協議離婚と調停離婚、審判離婚、裁判離婚があります。離婚する全体の90%がこの協議離婚です。調停離婚は9%となっています。協議にするか調停にするかは最初は協議の方がいいでしょう。

しかし協議でこじれる場合や、今後慰謝料の支払いが当てにならないような場合は離婚調停を申し立てましょう。

離婚調停は養育費や慰謝料等取り決まられた内容が調停証書として残されます。

協議の公正証書と違うところは費用も安く(公正証書は20,000円)、裁判所から金銭の支払いについて強制執行の効力が得られます。

それによって先々に養育費などの支払いが止まった時でも、裁判所から支払い命令が下されますから、相手にかなりのプレッシャーを与えられます。

離婚調停の申立

離婚調停申し立て

離婚調停は意外にも安い金額で申し立てることができます。必要な金額は合計2000円前後程度になります。

収入印紙代:1200円
郵便切手代:800円程度(裁判所によって異なります。)

弁護士料金の目安

弁護士費用は着手金+成功報酬となっていて、最初に着手金を支払い、成功した場合に経済的利益(慰謝料等)の10%から20%を成功報酬として支払う事になります。

経済的利益が着手金を下回る場合は、着手金の差額分が返金されます。

【弁護士費用相場】

不倫 浮気の慰謝料請求

着手金=20万円前後

成功報酬=20万円前後

着手金+成功報酬の相場=40万円~60万円

浮気の慰謝料請求

浮気証拠慰謝料請求

【慰謝料の金額の算定方法】

不倫の慰謝料

  • 不倫の交際期間
  • 不倫相手の年収
  • 肉体関係の回数
  • 不倫を原因とする既婚者側の離婚
  • 浮気相手への既婚の虚偽
  • 夫婦関係の有無

離婚の慰謝料

  • 婚姻年数
  • 有責配偶者の年収
  • 不倫の交際期間
  • 不倫相手との肉体関係の回数
  • 夫婦関係の有無

浮気の慰謝料相場

慰謝料は上記の算定方法で金額が決まります。浮気の場合は、精神的苦痛により心療内科に通っている事も考慮されます。

離婚しない場合の浮気相手に対する慰謝料は100万円が平均となります

離婚を考えての慰謝料は300万円が平均となりますが、交際期間や肉体関係の回数、婚姻年数によって金額は変動しますので500万円になる事もあります。

夫(妻)や浮気相手に慰謝料を請求することは,不法行為に基づく損害賠償請求として法律で認められていますが,実は慰謝料の金額に明確な基準はなく,ケースバイケースで決まるのです。

そのため,過去の判例などを参考に慰謝料の金額は,単に浮気をしただけなら(離婚も別居もせず,夫婦関係を継続する場合なら)50万円~100万円,浮気が原因で別居に至った場合は100万円~200万円,離婚に至った場合は200万円~300万円が一般的な相場です。金額にかなりの幅やバラつきがありますが,浮気・不倫による損害が大きいほど慰謝料も高くなる傾向であると考えられます。

慰謝料の相場(目安)
離婚も別居せず,夫婦関係を継続する場合50万円~100万円
浮気が原因で別居に至った場合100万円~200万円
浮気が原因で離婚に至った場合200万円~300万円

上記の表は,裁判になった際の慰謝料の相場です。

 

記事引用元:アディーレ法律事務所

慰謝料は必ず貰えるの?

浮気相手や旦那に対して慰謝料請求したけど、実際に支払ってもらえるのかが心配です。相手に支払い能力がなければ、お金がない事を理由に支払ってもらえない事もあります。

だからと言ってあきらめる必要はありません。すぐに全額と言うわけにはいきませんが、収入が全くない相手から支払ってもらう方法のひとつとして、分割と言う方法もあります。

また、相手が就職した場合などに,給与を差し押さえたりすることができるように公正証書を作成しておくことも大事です。

相手に収入がないからといってあきらめることなく、弁護士に相談するなどしてやれるだけのことはやりましょう。

まとめ

浮気の証拠あつめや慰謝料請求まで、お金を掛けずに自分でやろうと思ってしまいますが、精神的に辛い思いをされているあなたがやる事ではありません。

浮気の材料集めは素人ではできませんが、慰謝料請求等は弁護士を通さずに司法書士に内容証明書の作成だけをお願いする事も出来ます。慰謝料等の金額も協議の方が高く請求できる事もあります。

何事でも、わからない事を自分1人でやるよりも専門家に任せる方が上手くいきます。

浮気-証拠浮気 証拠の記事一覧に戻る

浮気診断
パートナーが浮気していると思いますか?

おすすめ記事

浮気の対策

探偵に頼む前に

浮気調査の依頼まで

浮気調査でできる事

浮気調査の目的

浮気調査の方法

浮気調査のタイミング・浮気しやすい日

浮気を見破る方法

浮気調査グッズ関連

浮気調査を自分でやる方法

探偵選びに迷っている方はこちら

  • 調査はしたいが料金が明確でなく不安な人
  • どの探偵を選んでいいかわからない人
  • 1度他社で見積りをしたが料金が高いと感じた人
  • 他社と比較検討している人
  • 調査だけでなくアフターフォローなどのサポートが欲しい人

探偵さがしのタントくんは、全国の優良探偵社の中からピッタリの探偵社を2分で無料診断できるサービスです。探偵会社に個人情報が伝わることなく匿名で相談が可能なため、安心してご利用ができます。

探偵に頼みたいけどどの探偵に頼んでいいのかわからない、料金はいくらかかるのか、探偵って怪しくないの?そんな不安や疑問に答えてくれて、あなたのご希望どおりの探偵を無料で探してくれます。

何度でも無料で相談できますので、お気軽にお問い合わせしてみましょう。

フリーダイヤル
365日24時間窓口

フリーダイヤル 0120-275-991

浮気調査におすすめの探偵事務所はこちら

探偵ランキング

主婦が選ぶ浮気調査におすすめの探偵事務所は、比較的料金が低価格で調査力がある探偵となっています。また、調査後の無料サポートも絶対の条件となっています。

 

原一探偵事務所

原一探偵事務所

メディアでおなじみ原一探偵事務所

TV番組の徳光和夫の「逢いたい」。行方不明者や失踪人を探していたのは原一探偵事務所。お客様の信頼が1番高いと言われている原一探偵事務所は、創業46年の実績で弁護士からも「証拠がとれる探偵」として推薦されるほど信頼ができます。調査後には専門知識を持った専属のカウンセラーが的確なアドバイスをしてくれます。

24時間365日無料相談窓口
フリーダイヤル 0120-58-0310

お気軽にお問い合わせしてみましょう。

総合探偵社AMUSE

総合探偵社AMUSE

業界最低水準の浮気調査

総合探偵社AMUSE(アムス)では、調査結果には絶対の自信がありますので、対象者に気づかれた!対象者を見失った!などの理由で「証拠が掴めなかったら全額返金します。」というキャンペーンを行っております。探偵料金に不安がある方は「尾行を失敗したら0円」キャンペーン中の今がチャンス!

24時間365日無料相談窓口
フリーダイヤル 0120-485-130

お気軽にお問い合わせしてみましょう。

総合探偵社TS

総合探偵社TS公式

再構築専門の浮気調査

ユーザーが不安を抱えているのは調査終了後の夫婦の仲が気まずくなることではないでしょうか。総合探偵社TSでは夫婦カウンセラーの資格を持つ専門カウンセラーが調査後の夫婦の仲を無料で取り持って頂けますから復縁を希望される方には強い味方となります。また、調査後に浮気相手と会っていないかも無料で確認してくれます。

24時間365日無料相談窓口
フリーダイヤル 0120-280-452

お気軽にお問い合わせしてみましょう。

よく読まれている記事

浮気調査安くする方法 1

浮気調査を安くする方法は、単純に安い探偵に頼めばいいのかもしれません。しかし、探偵業界では安さにつられて調査を依頼してしまうと、逆に高く付いてしまう事が多いのです。浮気探偵ナビでは、浮気調査が安くなる ...

浮気 旦那 離婚 拒否 2

浮気してる旦那さんから一方的な離婚請求をされていて、離婚の原因についてどうしても納得がいかずに同意できないのであれば離婚は拒否しておきましょう。 そもそも、浮気している旦那さんからの一方的な離婚請求は ...

浮気調査いくら 3

パートナーの浮気の証拠を確実に得るには探偵に頼るのが賢明です。それはわかっていても実際に浮気調査の料金がどれくらいなのかは知っておきたいですよね。 全国の探偵料金の相場では1時間1名の料金は7500円 ...

浮気の証拠 4

浮気や不倫をされた時、自分が不利にならないように浮気の証拠は絶対に用意した方がいいでしょう。なぜなら、証拠を集めておけば有利に立った離婚や慰謝料請求、夫婦の再構築のきっかけの大きな力になってくれるから ...

浮気の慰謝料請求 5

浮気をされた時に、配偶者や浮気相手に請求できるのが慰謝料です。 この慰謝料請求の金額に制限はなく、いくらでも請求はできるのです。 いくらでも好きなだけ請求はできるのですが、相手が支払うかどうかが問題に ...

探偵 選び方 6

『浮気調査=探偵』と言う認識が広く定着している様に、浮気問題を解決するために重要になってくるのは探偵の選び方です。 浮気調査だけは警察も弁護士もやってくれませんから探偵の専売特許と言えるのは確かです。 ...

探偵比較 7

探偵に依頼されるのは誰でも初めてのことです。ほとんどの方は料金や相場もわからないまま直感で選んでしまいます。 そして「料金が高かった」「満足いく調査をしてもらえなかった」など、不満や後悔をしてしまう事 ...

-浮気 慰謝料
-, ,