浮気調査の探偵の選び方

探偵選びを失敗しない方法は悪質な探偵社を見極める事が重要!

更新日:

https-www-pakutaso-com-assets_c-2015-06-max86_blackman20150207113806-thumb-1000xauto-18267

普通に広告やHPを見ただけでは、その探偵事務所が悪徳なのかは判断がつきません。

そのために被害を受けるユーザーが増えているのも事実です。

 

ここでは、悪徳探偵の簡単な見分け方について説明していきます。

 

悪徳探偵とは

悪徳業者の目的は依頼者を騙して高額の調査料金の請求をする事です。

消費者センターで1番多い問い合わせが料金トラブルです。

 

典型的なケースでは調査料金を支払ったのに全く調査をしなかったり、見積金額にない高額な追加料金を請求された等の金銭トラブルが目立ちます。

その他にも違法調査や個人情報の流出等、犯罪に加担する調査を行う業者も少なくありません。

 

卑劣な悪徳探偵社から身を守るためにも悪徳探偵社の見分け方を覚えておきましょう。

 

良質な探偵はここが違う!

  1. 探偵業届出証番号が表記されている。
  2. 代表者、所在地が表記してある。
  3. 料金が明確で、事前説明のない追加料金が掛からない。
  4. 調査料金が相場よりも高過ぎない。
  5. 調査を下請けに丸投げしない。
  6. 素人のアルバイトを使わない。
  7. 調査力や技術レベルが高い。
  8. 契約を煽らずに親身に相談にのってくれる。
  9. 調査プランの提案が豊富。
  10. 予算の打診も提案してくれる。
  11. 担当者と常に連絡が取れる。
  12. 調査の途中経過の報告をしてくれる。
  13. 裁判でも使える報告書の作成。
  14. 調査後のこれからもサポートしてくれる。

 

探偵業届出書の有無

平成19年6月1日に探偵業の業務の適正化に関する法律が改正されました。

それによって探偵業を行う場合は、事務所の所在地の公安委員会に届け出を出さなければいけません。

 

この探偵業届け出書を提出することで「探偵業」をやってもいいですよと、国から許可を貰えます。

この探偵業法にはお客様を守るための最低限の取り決めがあります。この法を守れなければ行政処分が下り営業停止となります。

 

探偵業届出書を提出すると、各公安委員会から届出書番号が振り分けられます。

HPや会社案内に、この届出書番号の記載がない場合は無届の営業になりますから絶対に依頼してはいけません。

 

所在地の掲載

ホームページ上に探偵事務所の所在地や会社案内が掲載されていない。

この場合は、レンタルオフィスや転送電話をつかって、会社の実態を隠しているか、もしくは会社自体が存在していない可能性があります。

 

探偵事務所の所在地は隠す理由がありません。公にしても何も支障がないはずなのに、それでも隠すと言うことは悪いことをする前提で隠しているとしか考えられません。

所在地の記載がない探偵は絶対に頼んではいけません。

 

料金の表示

探偵の調査料金は、個々の状況によって変わってきますので正確な料金掲載は難しいと思います。

しかし、大まかな料金すら掲載していないのはどうかと思います。

 

大まかな料金ぐらいはわかるはずなのに、それすら記載されていない場合は「お客様の足元を見て金額を決めている」と思って下さい。

 

これは実際に悪徳探偵社がやる手口で、お客様によって料金を変えてきます。

例えば、同じ条件の浮気調査でも、Aさんは10万円、Bさんは20万円とかなりの金額の差が生じてきます。この差は「取れるところからは取る」と言う考え方をしているのです。

 

そのために料金表を掲載しては都合が悪いのです。

また、最初に高い料金を提示してお客様の顔色を伺いながら決めていくケースもあります。

 

そのため、ホームページに料金表が掲載されていない場合は注意が必要です。

 

Yahoo!知恵袋での自作自演

何かとわからない事があると利用する知恵袋ですが、知恵袋を利用する時は注意が必要です。

殆どの質問や回答は探偵社の自作自演が目立ちます。

 

「ここが評判いいですよ。URL」なんて記事があったら、自分のHPに誘導していることがわかります。

 

また、大手の口コミを評判悪く書いている記事も目立ちます。

全てがそうだとは言い切れないのでYahoo!知恵袋を利用する時は鵜呑みにしないことがトラブル回避のコツです。

 

違法調査

探偵事務所では受けられない仕事も当然あります。その殆どが犯罪に加担するような調査です。

個人情報の不正取得や差別問題の調査、DVや虐待、ストーカー目的と思われる調査は違法となります。

 

探偵業者のホームページの広告に違法を思わせる表現をしている業者は危険です。次の記事は日本調査業協会の定例理事会で可決され、公安委員会に提出されたものです。

 

日本調査業協会に登録している探偵事務所では「広告に不適切な広告表現は一切しない」という約束事になります。その不適切な広告表現が下の記事になります。

 

不適切文言(不適切な広告表現について)

平成17年度第4回定例理事会において、下記の文言を「不適切文言」であるとして可決しました。さらに、平成17年度に広告適正化委員会の事業で「全国探偵社ホームページ実態調査」を実施しました。これは、ホームページ上にて不適切文言を使用しているサイトの実態を把握するために行われたもので、その結果は警察庁へ提出済みとなっています。この取り組みは平成23年1月27日、警察庁生活安全局発表の「探偵業の適正化に向けた今後の取組み」において評価を頂き、下記不適切文言の自主規制を支援するとの回答を受けました。

  • 【不適切文言】
  • 別れさせ屋
  • 別れさせ工作
  • 縁切り屋
  • 復縁工作
  • 出会い工作
  • 仕返し屋
  • 復讐代行
  • 殺人請負
  • 犯罪歴データ調査
  • 出入国等渡航歴確認
  • 戸籍等公簿取得
  • データ調査関係~電話番号から身元確認
  • サラ金利用状況確認
  • 銀行データ確認
  • クレジット利用状況等の金融データ確認調査
  • 発信機設置
  • 盗聴盗撮請負
  • 紳士録
  • その他、一般社団法人日本調査業協会倫理綱領及び自主規制並びに各法律に抵触する恐れがあるもの、公序良俗に反するもの、社会通念上不適切と判断されるもの

参考:日本調査業協会

 

上記の広告を出している探偵業者は違法行為を行っていますので、絶対に依頼してはいけません。

依頼した場合は金銭トラブルや犯罪に巻き込まれる危険も考えられますので注意が必要です。

 

誤解しないでいただきたいのが、探偵が全て悪徳という事ではありません。法を守って真面目にやっているところもたくさんあります。

しかし、一般の方はその見分け方が難しい為トラブルに巻き込まれる事があります。

 

トラブルに巻き込まれないためには、知名度が高い信用ある探偵選びが必要になります。

このサイトが探偵を必要としている皆様のご参考になることを願っています。

 

契約時の注意点

悪徳探偵社の簡単な見分け方は、探偵業法に基づいてきちんと営業しているかどうかです。

この探偵業法は、悪質な探偵社のトラブルを少なくするために改正された法律です。

 

簡単に見分ける方法は、HPに探偵業届出証明書の番号が記載されているかを確認してください。

また契約の際にも注意する事があります。

 

  1. 探偵事務所の所在地を確認する
  2. 探偵業届け出証の番号を確認する
  3. 法律に基づいた重要事項説明書を含む契約書類の交付の有無
  4. 契約書に代表者の名前と、契約担当者の名前が記載されているか
  5. 契約を煽ったり強引に契約しようとしていないか
  6. 自社で調査を行わず下請けに丸投げしていないか
  7. 諸経費の名称を付帯費用等に、ごまかして明記していないか
  8. 諸経費に消費税が加算されていないか
  9. 根拠も無いのに業界最安値など過剰広告を行っていないか

 

探偵業法で定められた重要事項の説明がきちんとなされているかです。

契約を締結する時、あらかじめ依頼者に対し、契約の重要事項についての書面を交付し、説明しなければなりません。

 

重要事項とは主に以下のようなものがあります。

  1. 探偵の名前や住所などの情報
  2. 調査の期間や方法から結果の報告の方法や期限
  3. 依頼者が支払う金額や支払い方法について
  4. 契約解除について
  5. 調査した書類の処分方法について

 

探偵は依頼者と契約する上で重要な項目を依頼者に丁寧に説明する義務があります。

依頼者にとっても契約上、必ず説明を受ける必要があります。

 

この重要事項の説明がない場合には、契約はしない方がいいでしょう。

後々で金銭面でのトラブルに発展する場合があります

 

まとめ

ここまで、悪質な探偵社の見分け方を説明いたしましたが、わかりにくいところはありませんでしたか?

探偵業法が改正してからは、トラブルは減少方向に進んでいますので喜ばしい事でもあります。

 

悪質な違法行為は行政処分として営業停止処分を受けます。

しかし、悪質な探偵社は、法の隙間をかいくぐってでも不法行為を繰り返します。

 

いくら営業停止処分を受けても、名義や会社名を変えて何度でも立ち上げてきます。

だからと言って不安になる必要はありません。

 

信頼できる探偵社もたくさん存在しておりますので、記事に書いてある事を頭に入れて探偵を選んで頂ければ、高い確率でトラブルは防げます。

もし、わからない事や不安がある時には、いつでもお問い合わせからご相談ください。

 

 

探偵をお探しならお任せください

 

探偵に頼みたいけど、どの探偵に頼んでいいのかわからない...

料金はいくら掛かるのか、探偵って怪しくないの?そんな不安や疑問に答えてくれて、あなたにぴったりの探偵を探してくれます。

 

探偵探しのタントくん

タントくんLP

「探偵に依頼したい相談者さま」と「探偵」を仲介するサービスである、探偵さがしのタントくん。

絶賛放送中のTV番組「Girls Happy Style」では、「困ったときにあると便利なアイテム特集」で『Best Happy Award 2017』グランプリに選ばれました!  

 

「探偵さがしのタントくん」は優良探偵事務所と提携。お客様のニーズに合った探偵事務所を無料でご紹介!

お客様が一番心配な費用の問題を、価格交渉!丁寧に応対。何度でもご利用できます。

中立的な立場で的確なアドバイスをしてくれます。

 

24時間365日お問い合わせ・通話無料

優良探偵事務所を無料でご紹介!



スマホでご覧の方はタップでつながります。

 

プロと主婦が選ぶおすすめ探偵!総合評価BEST-3

主婦からの依頼数が多い探偵は、比較的料金が低価格で、調査力がある探偵となっています。また、調査後の無料サポートも絶対の条件となっています。

離婚、夫婦のやり直し、慰謝料請求の問題はお任せください。

 

原一探偵事務所

ranking1

TVでおなじみの原一探偵事務所

調査料金:1日単価 80,000円~

5000社以上存在する探偵社の中で、信頼できる探偵事務所は数えるくらいしか存在しません。その中でもお客様の信頼が1番高いと言われているのが原一探偵事務所です。創業40年の実績で弁護士からも「証拠がとれる探偵」として推薦されるほど信頼できる探偵です。

 

 通話料無料!24時間無料相談窓口(※スマホサイトをご覧の方はタップでつながります。)

総合探偵社AMUSE

業界屈指の低水準の料金

調査料金:時間単価 1時間/1名7,500円

総合探偵社AMUSE(アムス)では、調査結果には絶対の自信がありますので、「調査対象者を見失った」、「調査対象者に気づかれた」という理由で証拠が掴めなかったら、全額返金します、というキャンペーンを行っております。探偵料金に不安がある方は、「尾行を失敗したら0円」キャンペーン中の今がチャンス!

 

通話料無料!24時間無料相談窓口(※スマホサイトをご覧の方はタップでつながります。)

総合探偵社TS

夫婦のやり直しのプロ

調査料金:時間単価 1時間/1名5,400円

ユーザーが不安を抱えているのは調査終了後の夫婦の仲が気まずくなることではないでしょうか。総合探偵社TSでは夫婦カウンセラーの資格を持つ専門カウンセラーが調査後の夫婦の仲を無料で取り持って頂けますから復縁を希望される方には強い味方となります。離婚を希望される場合は話し合いの有利な進め方のサポート、離婚専門弁護士を無料で紹介してくれます。また、調査後に浮気相手と会っていないかも無料で確認してくれます。

 

通話料無料!24時間無料相談窓口(※スマホサイトをご覧の方はタップでつながります。)

-浮気調査の探偵の選び方
-,

Copyright© 浮気調査探偵の選び方|旦那の浮気を見破る方法 , 2019 All Rights Reserved.