元探偵

探偵選び方

初めまして。このサイトを運営している田中 好太郎です。

私は10年以上探偵業界に在籍していましたが、不規則な生活と自己管理を怠った事が原因で体を壊して引退いたしました。

しかし、ここ最近の悪質な探偵のトラブルの多さに腹をたてて、少しでも探偵を必要としてくれる依頼者に向けて「安心できる情報」を発信したいと思いサイトを立ち上げました。

探偵業法が始まった今ではトラブルも少なくなってきましたが、行政処分をされている会社も後を絶ちません。

「探偵はどこも一緒」と思ってしまいがちですが、5000社ある探偵の中で良心的な探偵はひと握りしかいません。

プロに頼む時のチェックポイント、安心して依頼できる探偵の紹介等、お役に立てる情報を発信していきます。

元探偵が教える・探偵の選び方

浮気調査は特殊な技術や能力が必要になるので、それに伴い浮気調査の料金もそれ相応の価格となります。

しかし、その事を理由に法外な金額を請求する悪質な探偵がいることを知って下さい。

依頼者が気持ちが不安定になっていて冷静な判断が出来ないことをいいことに、足元を見て調査をあおることしか言いません。

探偵のトラブル問題について

探偵、興信所のトラブル問題で国民生活センターに寄せられた相談は、調査の内容が不十分、調査の品質についての不満や「高額な解約料を請求された」など、料金をめぐるトラブルがあります。

全国で探偵業者として公安委員会へ届出をしている業者数、平成25年末で5670件

5.000件以上の探偵の内、企業でやっている探偵は殆どいません。

大体が2~3人位の個人経営の探偵ばかりです。

仕事がとれない、仕事が無いと言った現状から悪い事に手を出して問題になるケースが多いですね。

あなたが何も知らない状態で、5.000件以上の探偵から優良な探偵を選ぶのは至難の業です。

探偵の場合は利用者のプライベートの問題を扱っている為、一般的な口コミは殆どありえません。

あるのは、探偵の自作自演ばかりです。

また、yahoo知恵袋でも質問も回答も自分のサイトへ誘導する探偵のステマ戦略とも言えるでしょう。

探偵だからわかる業界の裏事情

しかし、裏を返せば探偵のことは探偵が1番よく知っています。

同じ業界にいれば、他社の情報も耳に入って来ます。

「見積が高くて断ろうとしたら、半強制状態で契約を迫られた」「キャンセルしたら高額なキャンセル料を請求された。」等、依頼者から直接に他社の対応や苦情、生の声が聞こえてきます。

私が所属していた探偵事務所はたまたま良心的なところでしたが、良心的をアピールしている悪徳な探偵も数多く存在しています。

しかし、実際に業界に所属してみると、悪質な探偵の多さに驚きました。

  • 高い調査料金を請求する。
  • 高額なキャンセル料の請求
  • 法外な追加料金の請求をする。
  • 依頼を受けても全く調査をしない。
  • 調査対象者に依頼案件を知らせて脅す
  • 或いは依頼者に調査内容をばらすと脅す

そんな状況をわかっていても、私のところに相談に来てくれる方だけしか救えません。

その悔しい気持ちと、被害者がこれ以上増えないために、微力と思いながらもこのサイトを立ち上げました。

私が知っている限りでも悪質な探偵はかなりの数で、大手有名事務所もその内のひとつに入っています。

ただ、サイトでそれを暴露することは営業妨害となり、沢山の苦情がくることを想定できますので、ここでは悪質な探偵の公開ではなく、良心的な探偵を選ぶ基準をこのサイトでお教えしますので、是非参考にして下さい。

浮気調査 探偵の選び方記事一覧