浮気 不倫で離婚や慰謝料請求が認められる証拠とは?

田中 好太郎

浮気の証拠
田中好太郎

田中 好太郎

【経歴】 日本最大級調査会社の探偵 【実績】 浮気調査・人探し。アドバイザー 【現在】 浮気探偵ナビの監修

浮気や不倫をされた時、自分が不利にならないように浮気の証拠は絶対に用意した方がいいでしょう。なぜなら、証拠を集めておけば有利に立った離婚や慰謝料請求、夫婦の再構築のきっかけの大きな力になってくれるからです。

浮気の証拠でどんなものが有効なのかは、第三者が客観的に見て不貞行為とわかるもの、もしくは法的に認められるか認められないかが区切りになります。

田中好太郎
田中好太郎
こんにちは。浮気 探偵ナビの田中好太郎です。以前は大手探偵事務所に所属し、浮気調査からアドバイザーを兼任しておりました元探偵です。よろしくお願いいたします。
こんにちは。浮気 探偵ナビ編集部の折原めぐみと申します。浮気 不倫で離婚や慰謝料請求が認められる証拠について情報発信していきます。
折原めぐみ
折原めぐみ

浮気で慰謝料請求・離婚が認められる証拠

浮気証拠

不貞行為の証拠は客観的に見て、2人が男女の関係である事を証明できればそれが証拠となります。

離婚問題での法律は両者に対して公平であるため、メールのやり取りやlineのトーク履歴だけでは証拠として認められにくいのです。

離婚や慰謝料請求の場では、話し合いがこじれてしまう事があります。たとえ話し合いがこじれたとしても、優位に立って話しを進められるのが、これから解説していく不貞の証拠になります。

離婚や慰謝料請求が認められる証拠は、不貞行為が行われているだろうとわかる場所、もしくは推測できる場所などの出入りの写真や動画が、慰謝料請求や離婚の際に裁判でも認められる証拠となります。

不貞行為の証拠集めは離婚を有利に進めるために非常に重要です。裁判で離婚を求める際には、配偶者とその愛人の性的関係の証拠が必要となります。しかし、この証拠収集には法的な制限があるため、注意が必要です。

裁判での離婚と不貞行為の証拠

裁判での離婚請求や協議離婚における慰謝料や財産分与の決定には、不貞行為の証拠が非常に重要です。

有効な証拠としては、写真・ビデオ、録音テープ、電子メール、第三者の証言、手紙やメモ、日記、不倫相手からの贈り物、ホテルの領収書やクレジットカードの明細などがあります。

写真・ビデオと録音テープの証拠能力

裁判での離婚と不貞行為おける証拠の中でも、写真やビデオ、録音テープは、証拠能力があります。しかし、証拠の信頼性は、その形式によって変わることがあります。ここでは、それぞれの証拠能力について詳しく見ていきましょう。

デジタル写真

デジタル写真は編集が可能なため、その証拠能力が問われるケースがあります。しかし、撮影された写真に時系列が明確である、または日時情報が記載されている場合には、浮気の事実を裏付ける強力な証拠となり得ます。

アナログ写真

一方、アナログ写真はデジタル写真と比べて編集が困難であるため、証拠としての価値が高いとされています。アナログ写真の場合、ネガやプリントの状態から撮影時の真実性を比較的容易に判断できるため、裁判などの場で有力な証拠として採用されることが多いです。

録音テープ

録音テープに関しては、アナログテープが持つ特性上、改ざんが難しいという点で信頼性があります。特に、配偶者が不貞を認めるような発言が録音されている場合には証拠になります。

しかし、デジタル録音は編集が可能であるため、その信頼性に疑問を持たれます。両方の録音テープを提出することで、改ざんされていないことを示すことができれば、証拠としての有効性を高めることが可能です。

電子メールとその他の証拠

電子メール、第三者の証言、手紙やメモ、日記、贈り物、ホテルの領収書、クレジットカードの明細などが、裁判での離婚や不貞行為と認めてもらえるか、その証拠能力について掘り下げてみましょう。

電子メール

電子メールは、性的関係を示唆する内容が含まれているメールは、プリントアウトし、裁判所に提出することで証拠としての価値が認められます。

ただし、メールが本当に当事者間でやりとりされたものであること、改ざんされていないことを示す必要があります。

そのため、メールのヘッダー情報や送受信の記録も合わせて提出することが求められることがあります。

第三者の証言

第三者の証言も、不貞行為の証拠として有効です。探偵が浮気調査で得た報告書や、友人などの第三者が目撃した事実は、裁判所での信頼性が高いと考えられています。証人の証言が、不貞行為を裏付ける場合、不貞行為の証拠として認められるでしょう。

また、手紙やメモ、日記、不倫相手からの贈り物、ホテルの領収書やクレジットカードの明細なども、不貞行為の不貞行為を示す具体的な内容や場所と時間を示すものは、証拠として有効です。

不貞行為の証拠が不十分な場合

不貞行為の証拠が十分でない場合、離婚請求が棄却される可能性があります。また、夫婦関係が既に破綻している後の性的関係は、離婚の原因とは見なされません。このため、不貞行為の証拠は、婚姻関係の破綻と直接関連づける必要があります。

証拠能力が高い証拠

ラブホテルの出入りの撮影

ラブホテル

HAL探偵社証拠

参考:HAL探偵社

浮気 不倫の証拠で確実性があるのが、ラブホテルの出入りの写真や動画になります。そもそもラブホテルの目的がそう言った行為をする場所と認識されていますので、ラブホテルに男女が入って不貞行為がなかったとは判断されないのです。

ただし、証拠として認めてもらうには条件があり、証拠の写真や動画で2人の顔が本人と認識できるもの、ホテルとわかる看板や背景がが写っている事短い時間だと「何もなかったのでは?」と思われてしまいます。そのため、ある程度の時間とホテルに滞在していたことがわかる様に「入り」と「出」の撮影をしていきます。

シティーホテル・ビジネスホテルの出入りの撮影

浮気証拠 ビジネスホテル

ビジネスホテルやシティーホテルの場合には、その目的が性交渉以外にもある事です。ビジネスホテルやシティーホテルで2人で浮気をしていたとしても、商談や打ち合わせをしていたと判断されてしまいます。そのため、ロビーでのチェクイン、チェックアウト、部屋の出入りの撮影が3回~5回必要になります。

また、ホテルに入るまでの行動から、2人が親密な関係とわかるような(キスや肩を組んでいるところ)写真や動画があれば後押しになります。

不倫相手の自宅の出入りの撮影

浮気証拠 不倫相手自宅

浮気相手の自宅も、ラブホテル同様に出入りをおさえた写真や動画が証拠となります。ただし、不倫相手の自宅の出入りは撮影回数に条件があります。

出入りの写真1枚だけでは不貞と認めてもらえません。(偶然具合が悪くなり、看病していたと言い逃れが出来る為)3~5回以上は必要になります。ひとり暮らしの女性の自宅に宿泊した場合には、親密な関係と見なされて、不貞行為として認められやすくなります。

また、不倫相手の自宅は肉体関係を目的として行く場所とはかぎらないので、2人が親密な関係だと思わせる補足があれば、なお効果的です。2人のメールのやり取りで旅行の計画やデートの約束、性行為をしている内容等があれば、かなり有効的です。

その内容をコピーしたり撮影したもの、手をつないで歩いているところやキスしている写真等もあれば尚更いいでしょう。

カーセックスの現場の撮影

浮気証拠 カーセックス

不貞行為の現場で、意外に多いのがカーセックスです。浮気 不倫は隠れて行われているので、人目のつかない河川敷や川沿いの土手は、不貞行為を行うスポットでもあります。ラブホテルや浮気相手の自宅と違って、見えない部屋ではなく車の窓越しで不倫相手と不貞行為をしているわけですから、一部始終を撮影する事で、言い逃れができない不貞行為の証拠になります。

不倫相手との宿泊旅行の撮影

浮気証拠 宿泊旅行

不倫相手との宿泊旅行は出張を理由に行われることが多く、「仕事で一緒に行っただけだよ」と言い逃れができてしまいます。そのため、プライベートとビジネスの違いがわかる様に、2人の親密な関係がわかる撮影が必要になります。

旅館やホテルのチェックイン、チェックアウト、2人で部屋に入るところと翌日の朝に部屋から2人で出てくるところ、ホテルの外での2人の行動も撮影しておけば不貞行為の証拠になります。

浮気 不倫の証拠は自分で集められるのか

浮気証拠 浮気調査自分

自分で集められる証拠で有力なのが、本人の自白です。浮気した本人が認めているのですから、これに勝る証拠はありません。しかし、1番有力でもありますが、1番危険でもあるのです。離婚や慰謝料請求に話が発展してしまうと、簡単に自白を覆されてしまいます。

また、自白を強要すると「強要罪」となり証拠能力がなくなります。自白は浮気の証拠になりますが、証拠として証明するのが難しい事を理解しておきましょう。

自分で集められる浮気(不倫)の証拠

  1. 不貞行為の証拠となる、メールを写した画像やメモ
  2. 不貞行為の証拠となる、ラブホテルの領収書など
  3. 不貞行為の裏付けとなるクレジットカードの明細等
  4. GPSの行動記録

自分で集められる浮気 不倫の証拠に、メールやlineのやり取りなどがあげられますが、直接的な証拠にはならなくても、数を集めることで証拠として認められる事があります。ただし、不正に取得した証拠は法に触れる為、証拠として認めてもらえない場合があります。

スマホのパスワードを解除して、メールboxの中身を見る事に関しては法に触れる事はありませんが、旦那さんのスマホを操作して無断で受信して見る行為は、不正アクセス禁止法違反罪が適用されます。

恋人のメールを自分のスマホに自動転送させて逮捕されたケースもあります。ネットワーク経由でアクセスして不正にパスワードを入手したりしても法に触れますので気を付けましょう。

※メールやlineのやり取りなどはカメラやスマホで撮影したものが有効です。スクリーンショットでは加工ができるとして認められません。

自分で集めた浮気 不倫の証拠が認められにくい理由

自分で浮気 不倫の証拠を掴もうと思った時、ラブホテルや浮気相手の自宅付近で、張り込みや尾行を駆使して撮影ができるかどうかです。現場で撮影ができないと、浮気の証拠はつかめません。ホテルの出入りの撮影でも、写っていなければいけなものが写されていなければ、証拠を提出しても認めてもらえません。

ココがポイント

  • 施設がわかる背景も撮影されているか
  • その施設は客観的に見ても不貞行為をする場所なのか
  • 2人の顔がはっきりと認識できるか
  • 日付や滞在時間がはっきりわかるように撮影されているか
  • 継続的に不貞行為が行われている事が確認できるか

デジタルカメラやビデをで撮影したものは証拠として認められにくく、(安易に加工ができるため)加工していない事を証明できるものでなければいけません。上記の条件を考えると、自分でつかんだ浮気の証拠が認められにくいことがわかります。

浮気 不倫の証拠と言えば、やはり探偵事務所に頼んだ方が確実なものを集めてくれます。次に探偵事務所の撮る浮気 不倫の証拠がなぜ認められやすいのかを解説していきます。

浮気 不倫の証拠写真・探偵事務所撮影

  • 浮気の証拠について
  • 浮気の証拠写真について
  • 浮気の証拠写真について

資料提供:原一探偵事務所

  • ALG探偵社浮気の証拠
  • ALG探偵社浮気の証拠2
  • ALG探偵社浮気の証拠3

資料提供:ALG探偵社

  • TS浮気証拠1
  • TS浮気証拠2
  • TS浮気証拠3

資料提供:総合探偵社TS

浮気調査の報告書

浮気調査報告書 1

  1. 浮気相手との接触から不貞行為が終わるまでを記録する
    (時間日時を場所を細かく)
  2. 時間や行動ルートを詳細に記録する
  3. 2人が本人と確認できるように顔がはっきりわかるように撮影する
  4. 不貞行為が行われた場所の施設名がわかるように撮影する
    (ラブホテルなら2人の背景に写す)
  5. ビデオカメラで撮影されたものは写真におこす
    (加工されていない事を証明するために連続的な撮影を行う)
  6. 不貞行為が行われた場所の滞在時間がわかるようにする
    (行為を行うには十分な時間、最低40分以上)
  7. 報告書の文書の書式は裁判用で作成する

探偵は浮気調査が終了すると、調査記録を一冊の報告書にまとめます。この報告書の内容が離婚裁判や調停、また、慰謝料請求や夫婦のやり直しに至るまで、有利に話し合いを進める事ができます。報告書は、裁判でも証拠能力を高くするために手間と時間を掛けて作成されます。

動画は裁判では再生する事はできませんので、写真におこしてから報告書にまとめます。また、文書の書式を裁判用にしなければいけません。

探偵の浮気調査の証拠が認められる理由

探偵

ココがポイント

  • ラブホテルの出入りを撮影したもの
  • ビジネスホテルやシティーホテルの出入りを撮影したもの
  • 不倫相手の自宅の出入りを撮影したもの
  • カーセックスの現場を撮影したもの
  • 不倫相手との宿泊旅行を撮影したもの
  • 浮気調査の報告書

浮気調査は対象人物を徹底的にマークして、日数や時間を掛けて撮影、記録をしながら尾行や張り込みを行います。調査の目的が離婚裁判や調停であれば勝訴できる証拠が撮れるまで調査を行います。裁判でどうすれば勝てるのかを知っているからこそできる事です。

また、浮気調査の証拠(報告書)は離婚裁判や調停、慰謝料請求や夫婦のやり直しに至るまで浮気問題を解決する大きな効果を持ちます。探偵事務所には提携弁護士の先生が在籍している事が多く、法律についてもかなり熟知しています。

探偵は技術の向上のための訓練や、知識を取り入れるために日々努力をしています。だからこそ、探偵に浮気(不貞行為)の証拠を頼む事で、離婚調停や裁判でも有利になる証拠が撮れるのです。

浮気の証拠があればできる事

弁護士

【離婚を望む方】

  • 有利な離婚
  • 慰謝料の請求
  • 親権や養育費の獲得
  • 婚約破棄

【やり直しを望む方】

  • 浮気をやめさせる
  • 関係の修復
  • 一方的な離婚請求の回避
  • 浮気相手との縁を断ち切らせる

パートナーに浮気を認めさせるには浮気 不倫証拠が必要です。探偵の報告書を見せる事で反省して関係を修復するきっかけになります。また証拠があれば、パートナーからの離婚請求も拒否する事ができます。離婚する場合も証拠があれば、パートナーと浮気相手に慰謝料請求し、有利な立場で離婚をする事ができます。子供がいらっしゃる場合には、親権や養育費などについて有利な条件で交渉する事ができます。

最高裁判所判例集:不貞行為をした有責配偶者である主張

浮気を認めさせる証拠のまとめ

浮気の概念は人によって違います。他の異性と手をつないだ時点で浮気と思う方も間違ってはいません。その人にとっては、その行為だけで精神的苦痛があり、裏切られた気持ちが溢れて悲しい気持ちになります。

一方、不貞行為の証拠として有効なものには、不倫相手と滞在したホテルの領収書、共に過ごした時間を証明する飲食店のレシートなどがあります。これらの物証は、男女の関係を示す確固たる証拠となり得ます。

さらに、不貞行為が行われていることを強く示唆するような内容のメッセージやメモも重要な証拠となり得ます。 また、不貞行為が行われていることを証明するためには、第三者からの証言も重要となります。

特に、関係者から得られる証言は、裁判所において非常に重要視されます。しかし、証言者を見つけることは容易ではないため、専門的な知識や技術を持つ探偵などの専門家の助けを借りることも一つの手段となります。

さらに、SNSの投稿やメールのやり取り、電話の通話履歴など、デジタルデータも証拠として有効です。ただし、これらの情報を取得する際はプライバシーの侵害とならないよう、法律的な範囲内で行う必要があります。

以上のような証拠を集めることで、不貞行為を証明し、離婚や慰謝料請求を有利に進めることが可能となります。しかし、これらの証拠を適切に集め、適切に裁判所に提出するためには、専門的な知識と経験が必要です。そのため、弁護士や探偵といった専門家に相談することをお勧めします。

法律を味方につければ強い味方になります。浮気調査で撮影された浮気の証拠は裁判や調停、慰謝料請求を有利に進めてくれます。いざと言う時や話し合いがこじれた時のためにも、証拠は用意しておいた方がいいでしょう。

どこに相談すればわからない時には!

街角相談所探偵
  1. ご相談&紹介無料
  2. 質の高い調査と証拠
  3. 調査後のサポート
  4. 最大40%offで調査依頼

街角相談所は「どの探偵社を選べば良いか分からない…」と悩んでいる方に向けて
探偵選びのプロが、現在のご状況や悩んでいることをお電話でヒアリング、
全国100社以上の提携探偵事務所の中から条件に合ったおすすめの探偵事務所を無料でご紹介しています。

【料金早見表】 【街角相談所探偵】 相場料金
時間・1名単価(税込) 4,900円 8,250円
2名/3時間 29,400円 49,500円
2名/4時間 39,200円 66,000円
2名/5時間 49,000円 82,500円
2名/6時間 58,800円 99,000円
2名/7時間 68,600円 115,500円
2名/8時間 78,400円 132,000円

全国の探偵料金の相場、1時間1名8250円(税込み)となっています。街角相談所探偵を通すだけで、1時間当たりの単価が4,950円(税込み)になります。相場料金と比較すると調査料金を安くおさえられることがわかります。

最大40%OFFの調査費用

浮気-証拠浮気 証拠の記事一覧に戻る

 

-浮気 証拠
-