浮気 証拠

浮気 不倫で離婚や慰謝料請求が認められる証拠とは?

離婚慰謝料請求が認められる証拠

浮気や不倫をされた時、自分が不利にならないように証拠は絶対に集めた方がいいでしょう。なぜなら、証拠を集めておけば、離婚や慰謝料請求夫婦の再構築のきっかけに利用する事ができるからです。

浮気の証拠でどんなものが有力なのかは、法的に認められるか認められないかが区切りになります。

浮気と不倫の違いとは?

浮気と不倫の違い

浮気と不倫の意味合いを混合されて理解されているケースが多いのですが、ここでは、浮気と不倫の違いをわかりやすく簡単に解説していきます。浮気と不倫を簡単に区別をすると、プラトニックな関係は浮気、肉体関係がある場合には不倫になります。

婚姻関係でない異性と不倫関係になる事を不貞行為といい、不貞行為の証拠が裁判でも認められる証拠となります。離婚調停や裁判で不貞行為を認めてもらうには、不貞行為の証拠(客観的に見ても不貞行為とわかるもの、継続的に不貞行為が行われている事がわかるもの)を提出しなければ認めてもらえません。

配偶者しか浮気と判断できないようなメールやlineのやりとりなどでは、不貞行為の証拠としては認めてもらえません。不貞行為とは、「配偶者のある者が、その自由意志に基づいて配偶者以外の者と性的関係を持つこと」を指します。

その自由意志に基づいて配偶者以外の異性と性的関係を持つ事とは、結婚しているにも関わらず他の異性と故意的に肉体関係を持つ事が不貞行為になります。

夫婦間ではお互いの貞操を守る義務があるのですが、浮気によってその貞操義務を破った場合には貞操義務違反となります。

貞操義務違反は配偶者としての貞操義務の不履行を意味し、民法770条に離婚事由として規定されています。この不貞行為を立証するには婚姻関係でなければいけないとなっていますが、婚姻関係で無くても婚約している場合にも、不貞行為を立証する事で慰謝料請求をできることもあります。

この不貞行為を立証するためには事実関係の証拠が必要になるのですが、裁判所でも詐欺や偽証を防ぐために厳しく制限しています。不十分な証拠では、離婚や慰謝料請求が認められません。

 

「不貞行為」とは、男女間の性交渉であり、性交渉を伴わない男女の密会等は「不貞行為」には該当しない。また、通常、「不貞行為」が離婚事由となるためには、一回だけではない反復した「不貞行為」が必要とされる。しかし、現在では一回の不貞行為だけでも不貞と認定されている事案が多数存在する。性交渉も同様に、性行為が推認できる証拠物があれば性行為そのものを立証する必要が無い場合もある。

wikipedia

 

浮気で慰謝料請求・離婚が認められる証拠

離婚慰謝料請求が認められる確率

不貞行為の証拠は2人が男女の関係である事を証明できれば、それが証拠となります。

離婚問題での法律は両者に対して公平であるため、メールのやり取りやlineのトーク履歴だけでは証拠として認められにくいのです。離婚や慰謝料請求の場では、話し合いがこじれてしまう事があります。たとえ話し合いがこじれたとしても、優位に立って話しを進められるのが確実な不貞の証拠になります。

離婚や慰謝料請求が認められる証拠は、不貞行為が行われているだろうとわかる場所、もしくは推測できる場所などの出入りの写真や動画が、慰謝料請求や離婚の際に裁判でも認められる証拠となります。

 

ラブホテルの出入りの撮影(98%)

ラブホテル

HAL探偵社証拠

参考:HAL探偵社

浮気 不倫の証拠で確実性があるのが、ラブホテルの出入りの写真や動画になります。そもそもラブホテルの目的がそう言った行為をする場所と認識されていますので、ラブホテルに男女が入って不貞行為がなかったとは判断されないのです。

ただし、証拠として認めてもらうには条件があり、証拠の写真や動画で2人の顔が本人と認識できるもの、ホテルとわかる看板や背景がが写っている事。短い時間だと「何もなかったのでは?」と思われてしまいます。そのため、ある程度の時間とホテルに滞在していたことがわかる様に「入り」と「出」の撮影をしていきます。

 

シティーホテル・ビジネスホテルの出入りの撮影(90%)

不倫旅行

ビジネスホテルやシティーホテルの場合には、その目的が性交渉以外にもある事です。ビジネスホテルやシティーホテルで2人で浮気をしていたとしても、商談や打ち合わせをしていたと判断されてしまいます。そのため、ロビーでのチェクイン、チェックアウト、部屋の出入りの撮影が3回~5回必要になります。

また、ホテルに入るまでの行動から、2人が親密な関係とわかるような(キスや肩を組んでいるところ)写真や動画があれば後押しになります。

不倫相手の自宅の出入りの撮影(90%)

浮気相手の自宅も、ラブホテル同様に出入りをおさえた写真や動画が証拠となります。ただし、不倫相手の自宅の出入りは撮影回数に条件があります。

出入りの写真1枚だけでは不貞と認めてもらえません。(偶然具合が悪くなり、看病していたと言い逃れが出来る為)3~5回以上は必要になります。ひとり暮らしの女性の自宅に宿泊した場合には、親密な関係と見なされて、不貞行為として認められやすくなります。

また、不倫相手の自宅は肉体関係を目的として行く場所とはかぎらないので、2人が親密な関係だと思わせる補足があれば、なお効果的です。2人のメールのやり取りで旅行の計画やデートの約束、性行為をしている内容等があれば、かなり有効的です。

その内容をコピーしたり撮影したもの、手をつないで歩いているところやキスしている写真等もあれば尚更いいでしょう。

カーセックスの現場の撮影(100%)

不貞行為の現場で、意外に多いのがカーセックスです。浮気 不倫は隠れて行われているので、人目のつかない河川敷や川沿いの土手は、不貞行為を行うスポットでもあります。ラブホテルや浮気相手の自宅と違って、見えない部屋ではなく車の窓越しで不倫相手と不貞行為をしているわけですから、一部始終を撮影する事で、言い逃れができない不貞行為の証拠になります。

不倫相手との宿泊旅行の撮影(90%)

不倫相手との宿泊旅行は出張を理由に行われることが多く、「仕事で一緒に行っただけだよ」と言い逃れができてしまいます。そのため、プライベートとビジネスの違いがわかる様に、2人の親密な関係がわかる撮影が必要になります。

旅館やホテルのチェックイン、チェックアウト、2人で部屋に入るところと翌日の朝に部屋から2人で出てくるところ、ホテルの外での2人の行動も撮影しておけば不貞行為の証拠になります。

浮気 不倫の証拠は自分で集められるのか

自分で浮気の証拠

自分で集められる証拠で有力なのが、本人の自白です。浮気した本人が認めているのですから、これに勝る証拠はありません。しかし、1番有力でもありますが、1番危険でもあるのです。離婚や慰謝料請求に話が発展してしまうと、簡単に自白を覆されてしまいます。

また、自白を強要すると「強要罪」となり証拠能力がなくなります。自白は浮気の証拠になりますが、証拠として証明するのが難しい事を理解しておきましょう。

自分で集められる浮気(不倫)の証拠

  • 不貞行為の証拠となる、メールを写した画像やメモ
  • 不貞行為の証拠となる、ラブホテルの領収書など
  • 不貞行為の裏付けとなるクレジットカードの明細等
  • GPSの行動記録

自分で集められる浮気 不倫の証拠に、メールやlineのやり取りなどがあげられますが、直接的な証拠にはならなくても、数を集めることで証拠として認められる事があります。ただし、不正に取得した証拠は法に触れる為、証拠として認めてもらえない場合があります。

スマホのパスワードを解除して、メールboxの中身を見る事に関しては法に触れる事はありませんが、旦那さんのスマホを操作して無断で受信して見る行為は、不正アクセス禁止法違反罪が適用されます。

恋人のメールを自分のスマホに自動転送させて逮捕されたケースもあります。ネットワーク経由でアクセスして不正にパスワードを入手したりしても法に触れますので気を付けましょう。

※メールやlineのやり取りなどはカメラやスマホで撮影したものが有効です。スクリーンショットでは加工ができるとして認められません。

自分で集めた浮気 不倫の証拠が認められにくい理由

自分で浮気 不倫の証拠を掴もうと思った時、ラブホテルや浮気相手の自宅付近で、張り込みや尾行を駆使して撮影ができるかどうかです。現場で撮影ができないと、浮気の証拠はつかめません。ホテルの出入りの撮影でも、写っていなければいけなものが写されていなければ、証拠を提出しても認めてもらえません。

証拠撮影のポイント

  • 施設がわかる背景も撮影されているか
  • その施設は客観的に見ても不貞行為をする場所なのか
  • 2人の顔がはっきりと認識できるか
  • 日付や滞在時間がはっきりわかるように撮影されているか
  • 継続的に不貞行為が行われている事が確認できるか

デジタルカメラやビデをで撮影したものは証拠として認められにくく、(安易に加工ができるため)加工していない事を証明できるものでなければいけません。上記の条件を考えると、自分でつかんだ浮気の証拠が認められにくいことがわかります。

浮気 不倫の証拠と言えば、やはり探偵事務所に頼んだ方が確実なものを集めてくれます。次に探偵事務所の撮る浮気 不倫の証拠がなぜ認められやすいのかを解説していきます。

浮気 不倫の証拠写真・探偵事務所撮影

浮気の証拠について

浮気の証拠写真について

浮気の証拠写真について

資料提供:原一探偵事務所

ALG探偵社浮気の証拠

ALG探偵社浮気の証拠2

ALG探偵社浮気の証拠3

資料提供:ALG探偵社

TS浮気証拠1

TS浮気証拠2

TS浮気証拠3

資料提供:総合探偵社TS

浮気調査の報告書

浮気調査報告書 1

  1. 浮気相手との接触から不貞行為が終わるまでを記録する
    (時間日時を場所を細かく)
  2. 時間や行動ルートを詳細に記録する
  3. 2人が本人と確認できるように顔がはっきりわかるように撮影する
  4. 不貞行為が行われた場所の施設名がわかるように撮影する
    (ラブホテルなら2人の背景に写す)
  5. ビデオカメラで撮影されたものは写真におこす
    (加工されていない事を証明するために連続的な撮影を行う)
  6. 不貞行為が行われた場所の滞在時間がわかるようにする
    (行為を行うには十分な時間、最低40分以上)
  7. 報告書の文書の書式は裁判用で作成する

探偵は浮気調査が終了すると、調査記録を一冊の報告書にまとめます。この報告書の内容が離婚裁判や調停、また、慰謝料請求や夫婦のやり直しに至るまで、有利に話し合いを進める事ができます。報告書は、裁判でも証拠能力を高くするために手間と時間を掛けて作成されます。

動画は裁判では再生する事はできませんので、写真におこしてから報告書にまとめます。また、文書の書式を裁判用にしなければいけません。

探偵の浮気調査の証拠が認められる理由

探偵

法的に認められる浮気 不倫の証拠

  • ラブホテルの出入りを撮影したもの
  • ビジネスホテルやシティーホテルの出入りを撮影したもの
  • 不倫相手の自宅の出入りを撮影したもの
  • カーセックスの現場を撮影したもの
  • 不倫相手との宿泊旅行を撮影したもの
  • 浮気調査の報告書

浮気調査は対象人物を徹底的にマークして、日数や時間を掛けて撮影、記録をしながら尾行や張り込みを行います。調査の目的が離婚裁判や調停であれば勝訴できる証拠が撮れるまで調査を行います。裁判でどうすれば勝てるのかを知っているからこそできる事です。

また、浮気調査の証拠(報告書)は離婚裁判や調停、慰謝料請求や夫婦のやり直しに至るまで浮気問題を解決する大きな効果を持ちます。探偵事務所には提携弁護士の先生が在籍している事が多く、法律についてもかなり熟知しています。

探偵は技術の向上のための訓練や、知識を取り入れるために日々努力をしています。だからこそ、探偵に浮気(不貞行為)の証拠を頼む事で、離婚調停や裁判でも有利になる証拠が撮れるのです。

浮気の証拠があればできる事

弁護士

【離婚を望む方】

  • 有利な離婚
  • 慰謝料の請求
  • 親権や養育費の獲得
  • 婚約破棄

【やり直しを望む方】

  • 浮気をやめさせる
  • 関係の修復
  • 一方的な離婚請求の回避
  • 浮気相手との縁を断ち切らせる

パートナーに浮気を認めさせるには浮気 不倫証拠が必要です。探偵の報告書を見せる事で反省して関係を修復するきっかけになります。また証拠があれば、パートナーからの離婚請求も拒否する事ができます。離婚する場合も証拠があれば、パートナーと浮気相手に慰謝料請求し、有利な立場で離婚をする事ができます。子供がいらっしゃる場合には、親権や養育費などについて有利な条件で交渉する事ができます。

不貞行為をした有責配偶者である主張

 

浮気を認めさせる証拠のまとめ

浮気の概念は人によって違います。他の異性と手をつないだ時点で浮気と思う方も間違ってはいません。その人にとっては、その行為だけで精神的苦痛があり、裏切られた気持ちが溢れて悲しい気持ちになります。

ただ、離婚調停や慰謝料問題になると、どうしても法律に従わなければ認められません。LINEやメールのやりとりでは、決定的な証拠としては使えません。離婚や慰謝料請求の場合には法的に認められる証拠を掴む事です。

武器も持たずに戦っても負け戦になるだけで得になる事はひとつもありません。法律を味方につければ強い味方になります。浮気調査で撮影された浮気の証拠は裁判や調停、慰謝料請求を有利に進めてくれます。いざと言う時や話し合いがこじれた時のためにも、証拠は用意しておきましょう。

浮気調査の料金

浮気調査の料金はものすごく高いイメージがありますが、浮気かどうかの事実確認だけなら費用負担も5万円ぐらいで可能です。依頼者様が浮気調査にかける平均金額も30万~50万円が1番多いです。

どの探偵に相談すればいいのかわからない時には、あなたにぴったりの探偵を全て無料で見つけてくれる街角相談所探偵にご相談ください。お話を聞いてから調査の必要性を判断して、必要であれば希望通りの探偵社を見つけてくれます。

また街角では通常の料金よりも最大40%offのお見積もりを出して頂けますので、料金負担がぐっと軽くなります。まずは公式サイトをご覧になられてください。問題解決の糸口が必ず見つかります。

浮気探偵

通話料無料!無料相談窓口(※スマホサイトをご覧の方はタップでつながります。)
電話受付 7:30~22:00 365日

phonelink_ring 0120-078-023

街角相談所探偵公式サイト

あなたにピッタリの探偵は?

※無料でご相談できます。

 

全国対応の大手探偵事務所

弁護士おすすめの大手探偵事務所

 

一覧探偵浮気調査の証拠 の記事一覧に戻る

 

 

 お知らせ

浮気診断
パートナーが浮気していると思いますか?
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

元探偵 田中 好太郎

調査業に従事していた元探偵の田中好太郎です。 ここ最近の悪質な探偵のトラブが目につき、浮気で悩んでいる方に少しでも「安心できる情報」を発信したいと思い、サイトを立ち上げました。 浮気問題や探偵選びなど、はじめての事ですからわからない事ばかりです。 私の現役時代の知識や経験が、悩みを抱えられている皆様のお力になれれば大変うれしく思います。

よく読まれている記事

1

浮気調査を安くする方法は、単純に安い探偵に頼めばいいのかもしれません。しかし、探偵業界では安さにつられて調査を依頼してしまうと、逆に高く付いてしまう事が多いのです。ここでは、ほんの少し勇気を出して頑張 …

離婚請求を拒否する方法 2

浮気してる旦那さんから一方的な離婚請求をされていて、離婚の原因についてどうしても納得がいかずに同意できないのであれば、必ずこの記事をお読みください。納得のいかない離婚請求はこの方法を使う事で完全に回避 …

浮気調査いくら 3

「Cheating investigation how much」浮気調査はいくらと言いますと、費用相場では浮気調査1時間の費用は1万円前後、1日にかかる費用は10万円前後となります。調査から結果がわ …

離婚慰謝料請求が認められる証拠 4

浮気や不倫をされた時、自分が不利にならないように証拠は絶対に集めた方がいいでしょう。なぜなら、証拠を集めておけば、離婚や慰謝料請求、夫婦の再構築のきっかけに利用する事ができるからです。 浮気の証拠でど …

浮気の慰謝料請求 5

浮気をされた時に、配偶者や浮気相手に請求できるのが慰謝料です。 この慰謝料請求の金額に制限はなく、いくらでも請求はできるのです。 いくらでも好きなだけ請求はできるのですが、相手が支払うかどうかが問題に …

失敗しない探偵選び 6

探偵=浮気調査と言う認識が広く定着している様に、浮気問題を解決するために重要になってくるのが探偵の選び方です。   実際、浮気調査だけは警察も弁護士もやってくれませんので、探偵の専売特許と言 …

探偵比較 7

こんな方におすすめ 悪質な探偵に騙されたくない 高額な追加料金を請求されたら… 信頼できる探偵を探している どの探偵に頼んでいいのかわからない こんにちは!元探偵の田中好太郎です。現在は探偵や浮気調査 …

-浮気 証拠
-

© 2020 浮気探偵ナビ|元探偵の浮気発見.xyz