浮気 不倫の慰謝料請求ができる場合とできない場合の違いとは?

田中 好太郎

浮気の慰謝料請求

浮気をされた時に、配偶者や浮気相手に請求できるのが慰謝料です。

この慰謝料請求の金額に制限はなく、いくらでも請求はできるのです。

いくらでも好きなだけ請求はできるのですが、相手が支払うかどうかが問題になってきます。

そのため浮気を理由に慰謝料請求をする場合は、相場の金額を請求したほうが相手も納得して支払いやすいのです。

また慰謝料の相場は、浮気の期間や相手の年収によっても変わってきます。

ただし、慰謝料請求するには、不貞行為があった事を証明するものが必要になります。

浮気の慰謝料はどんな時に請求できるのか

不貞行為が発覚した場合、浮気相手もしくはご主人(奥様)に対して共同不法行為として慰謝料を請求することが出来ます。

民法第709条

民法第709条(不法行為による損害賠償)

故意又は過失によって他人の権利又は法律上保護される利益を侵害した者は、これによって生じた損害を賠償する責任を負う。

民法第710条

民法第710条(財産以外の損害の賠償)

他人の身体、自由若しくは名誉を侵害した場合又は他人の財産権を侵害した場合のいずれであるかを問わず、前条の規定により損害賠償の責任を負う者は、財産以外の損害に対しても、その賠償をしなければならない。

この損害賠償(慰謝料)を請求する為には、不貞の証拠が必ず必要になります。

浮気の慰謝料請求の条件

基本的には、故意、過失(不注意による)があるかが条件になります。

  • 浮気相手に不貞行為の故意、過失がある
  • 不貞行為によって権利の侵害があった

故意とは、浮気相手が既婚者と知りながら肉体関係を結ぶことになります。

奥さんがいると知っていて関係を持ったのですから、過失は十分にありますよね。

そして、妻の権利、夫婦の権利の侵害の賠償が慰謝料となります。

浮気の慰謝料を請求できる場合とできない場合をまとめてありますので、ご覧になって下さい。

 浮気の慰謝料請求が出来ない場合

慰謝料請求ができないケース

  1. 肉体関係のない交際、いわゆるプラトニックラブ
  2. 相手が既婚者であると知らなかった場合
    (既婚者かどうかを調べる事をしなかった場合には認められません。)
  3. すでに夫婦関係が破たんしていた場合
  4. 時効が成立している場合(3年)
  5. 相手が風俗店の風俗嬢だった場合
  6. 不貞行為の証拠がない場合

浮気の慰謝料請求ができる条件

慰謝料請求の条件

  1. 既婚者と知っていて浮気した事。
  2. 貞操義務違反があった事。
  3. 浮気前に夫婦関係が破綻していない事。
  4. 法的な証拠がある事。
  5. 時効(3年)が過ぎていない事。

離婚前提の慰謝料請求

 浮気が原因で婚姻生活が破綻した場合、共同不法行為として浮気相手とご主人に慰謝料請求が出来ます。

 浮気の慰謝料は2重取りは出来ない。

浮気慰謝料の二重取り

慰謝料の金額が300万円と決められた場合には、共同不貞行為(共同不法行為)として、浮気相手とご主人で折半して支払う事となります。

慰謝料300万円全額をご主人が支払った場合には、浮気相手からは請求できないものとなります。

これはどちらが支払っても同じ事となりますから、慰謝料の2重取は出来ないのです。

但し、金額に関しては離婚調停にするより協議にした方が増額が望めます。

最初は協議にして、望み通りの金額にならなければ調停に持ち込む方がいいでしょう。

慰謝料の相場 (離婚する場合)

慰謝料とは,浮気していた夫(妻)とその浮気相手から受けた精神的な苦痛に対して支払われるお金になります。夫(妻)や浮気相手に慰謝料を請求することは,不法行為に基づく損害賠償請求として法律で認められていますが,実は慰謝料の金額に明確な基準はなく,ケースバイケースで決まるのです。

そのため,過去の判例などを参考に慰謝料の金額は,単に浮気をしただけなら(離婚も別居もせず,夫婦関係を継続する場合なら)50万円~100万円,浮気が原因で別居に至った場合は100万円~200万円,離婚に至った場合は200万円~300万円が一般的な相場です。金額にかなりの幅やバラつきがありますが,浮気・不倫による損害が大きいほど慰謝料も高くなる傾向であると考えられます。

慰謝料の相場(目安)
離婚も別居せず,夫婦関係を継続する場合50万円~100万円
浮気が原因で別居に至った場合100万円~200万円
浮気が原因で離婚に至った場合200万円~300万円

上記の表は,裁判になった際の慰謝料の相場です。裁判せずに相手方と話し合いで解決する場合には,この通りになるとは限りません。話し合いでは,問題の早期解決や精神的損害などを考慮して金額が決まることが多く,離婚が決まっていなくても,離婚した場合と同様の慰謝料で和解に至るケースもよくあります。

余談ですが,慰謝料といえば,芸能人の高額な離婚慰謝料が話題になることがありますよね。これは財産分与を含んだ金額と考えられます。そのため,もし裁判で慰謝料の金額を争った場合には,いくら稼ぎが莫大でも,億単位の支払いを命じる,という判決がくだることはまずないでしょう。裁判では,慰謝料の相場(目安)が基準となるからです。

参考:アディーレ法律事務所

離婚しないで浮気相手にのみ請求

浮気相手には、あなたの妻の権利を侵害、家庭を壊されて生活に支障を来すようになった事を主な理由にして、慰謝料請求が可能です。

しかし離婚を考えていない場合は、相手に対して慰謝料請求しても最低100万円ぐらいでしょう。

精神上の苦痛以外に人生設計を壊された等不倫によってどれだけあなたが傷つけられたかの根拠を証明できる自信がある場合には、200~300万円になる事もあります。

また、浮気相手に200万円請求した場合に、相手が浮気は共同不法行為だから慰謝料は連帯義務がある事を訴えって減額請求してくる場合があります。

浮気や不倫は連帯責任ですから、当然旦那さんにも慰謝料の50%を支払う義務があります。

浮気、不倫の場合にも求償権は発生するので、浮気相手の言い分も正しいということになります。

求償権を避けるためには、最初から旦那さんの支払い額を引いた額として請求する事です。

婚姻期間と浮気の期間は長い方が慰謝料は高額になる

慰謝料の相場は100万円から500万円と言われています。

しかし、婚姻期間が長く、不倫の期間も長い場合には高額な慰謝料を請求する事ができます。

また、相手の年収や社会的立場も慰謝料の額に影響してきますので、相手の情報は細かく調べておく必要があります。

高額な慰謝料を請求する為には

高額な慰謝料請求の条件

  1. 浮気を確定する不貞の材料集めは徹底的にやる
  2. 浮気相手も徹底的に調査する事。
  3. 浮気期間は夫婦仲を破綻させない事。
  4. 慰謝料請求は高めに請求する事。
  5. 婚姻期間と浮気の期間は長くする事。

慰謝料の金額の算定方法

慰謝料算定方法

  1. 被害を被った配偶者が受けた精神的苦痛の程度
  2. 不貞行為の発覚によって夫婦の婚姻関係が破綻したかどうか
  3. 年齢
  4. 結婚年数
  5. 不貞行為の期間・回数
  6. どちらが不貞行為に積極的だったか
  7. 異性の愛人の財力、社会的地位

慰謝料の金額は、不貞行為による損害の程度や個々の事情が考慮され決められます。

例えば、浮気によって婚姻生活が破綻した事、それによって精神的苦痛を生じて鬱になってしまった。

あるいは離婚はしなかったが、浮気によって夫婦仲が悪化し、別居生活をしている。そのおかげで、精神的に参ってしまい現在診療内科に通院している。等

浮気によって受けた精神的被害も考慮されていきます。

関連
浮気相手慰謝料請求
浮気をされても離婚しないで浮気相手に高額な慰謝料請求をする方法

法律で浮気は裁くことはできませんが、唯一相手に罪を償ってもらうとすれば「慰謝料請求」をする事です。 浮気の代償として慰謝料請求することは正当な権利であり、悪い事ではありません。 慰謝料を貰う事で気持が ...

続きを見る

浮気 不倫の慰謝料請求ができる場合とできない場合の違いのまとめ

浮気で壊された家庭や精神的な苦痛は、お金だけでは解決できません。

しかし、浮気相手だけが何の罰も受けずにいるのは、正直に言ってしまえば腹立たしい事。

浮気をされた側は、家庭も壊れて夫婦仲も悪化してしまい、元通りに戻るには大変な事です。

浮気は法律で取り締まる事ができない事もあり、簡単に浮気ができてしまう状況にも問題があります。

浮気は犯罪であり、大変罪深い事と認識をしてもらわなければまた同じ事を繰り返すでしょう。

慰謝料は浮気の代償としてきちんと支払って貰い、罪の意識を持たせることは必要です。

浮気-証拠浮気 証拠の記事一覧に戻る

浮気診断
パートナーが浮気していると思いますか?

おすすめ記事

浮気の対策

探偵に頼む前に

浮気調査の依頼まで

浮気調査でできる事

浮気調査の目的

浮気調査の方法

浮気調査のタイミング・浮気しやすい日

浮気を見破る方法

浮気調査グッズ関連

浮気調査を自分でやる方法

探偵選びに迷っている方はこちら

  • 調査はしたいが料金が明確でなく不安な人
  • どの探偵を選んでいいかわからない人
  • 1度他社で見積りをしたが料金が高いと感じた人
  • 他社と比較検討している人
  • 調査だけでなくアフターフォローなどのサポートが欲しい人

探偵さがしのタントくんは、全国の優良探偵社の中からピッタリの探偵社を2分で無料診断できるサービスです。探偵会社に個人情報が伝わることなく匿名で相談が可能なため、安心してご利用ができます。

探偵に頼みたいけどどの探偵に頼んでいいのかわからない、料金はいくらかかるのか、探偵って怪しくないの?そんな不安や疑問に答えてくれて、あなたのご希望どおりの探偵を無料で探してくれます。

何度でも無料で相談できますので、お気軽にお問い合わせしてみましょう。

フリーダイヤル
365日24時間窓口

フリーダイヤル 0120-275-991

浮気調査におすすめの探偵事務所はこちら

探偵ランキング

主婦が選ぶ浮気調査におすすめの探偵事務所は、比較的料金が低価格で調査力がある探偵となっています。また、調査後の無料サポートも絶対の条件となっています。

 

原一探偵事務所

原一探偵事務所

メディアでおなじみ原一探偵事務所

TV番組の徳光和夫の「逢いたい」。行方不明者や失踪人を探していたのは原一探偵事務所。お客様の信頼が1番高いと言われている原一探偵事務所は、創業46年の実績で弁護士からも「証拠がとれる探偵」として推薦されるほど信頼ができます。調査後には専門知識を持った専属のカウンセラーが的確なアドバイスをしてくれます。

24時間365日無料相談窓口
フリーダイヤル 0120-58-0310

お気軽にお問い合わせしてみましょう。

総合探偵社AMUSE

総合探偵社AMUSE

業界最低水準の浮気調査

総合探偵社AMUSE(アムス)では、調査結果には絶対の自信がありますので、対象者に気づかれた!対象者を見失った!などの理由で「証拠が掴めなかったら全額返金します。」というキャンペーンを行っております。探偵料金に不安がある方は「尾行を失敗したら0円」キャンペーン中の今がチャンス!

24時間365日無料相談窓口
フリーダイヤル 0120-485-130

お気軽にお問い合わせしてみましょう。

総合探偵社TS

総合探偵社TS公式

再構築専門の浮気調査

ユーザーが不安を抱えているのは調査終了後の夫婦の仲が気まずくなることではないでしょうか。総合探偵社TSでは夫婦カウンセラーの資格を持つ専門カウンセラーが調査後の夫婦の仲を無料で取り持って頂けますから復縁を希望される方には強い味方となります。また、調査後に浮気相手と会っていないかも無料で確認してくれます。

24時間365日無料相談窓口
フリーダイヤル 0120-280-452

お気軽にお問い合わせしてみましょう。

よく読まれている記事

浮気調査安くする方法 1

浮気調査を安くする方法は、単純に安い探偵に頼めばいいのかもしれません。しかし、探偵業界では安さにつられて調査を依頼してしまうと、逆に高く付いてしまう事が多いのです。浮気探偵ナビでは、浮気調査が安くなる ...

浮気 旦那 離婚 拒否 2

浮気してる旦那さんから一方的な離婚請求をされていて、離婚の原因についてどうしても納得がいかずに同意できないのであれば離婚は拒否しておきましょう。 そもそも、浮気している旦那さんからの一方的な離婚請求は ...

浮気調査いくら 3

パートナーの浮気の証拠を確実に得るには探偵に頼るのが賢明です。それはわかっていても実際に浮気調査の料金がどれくらいなのかは知っておきたいですよね。 全国の探偵料金の相場では1時間1名の料金は7500円 ...

浮気の証拠 4

浮気や不倫をされた時、自分が不利にならないように浮気の証拠は絶対に用意した方がいいでしょう。なぜなら、証拠を集めておけば有利に立った離婚や慰謝料請求、夫婦の再構築のきっかけの大きな力になってくれるから ...

浮気の慰謝料請求 5

浮気をされた時に、配偶者や浮気相手に請求できるのが慰謝料です。 この慰謝料請求の金額に制限はなく、いくらでも請求はできるのです。 いくらでも好きなだけ請求はできるのですが、相手が支払うかどうかが問題に ...

探偵 選び方 6

『浮気調査=探偵』と言う認識が広く定着している様に、浮気問題を解決するために重要になってくるのは探偵の選び方です。 浮気調査だけは警察も弁護士もやってくれませんから探偵の専売特許と言えるのは確かです。 ...

探偵比較 7

探偵に依頼されるのは誰でも初めてのことです。ほとんどの方は料金や相場もわからないまま直感で選んでしまいます。 そして「料金が高かった」「満足いく調査をしてもらえなかった」など、不満や後悔をしてしまう事 ...

-浮気 慰謝料
-