浮気の証拠・慰謝料

浮気をされても離婚をしないで高額な慰謝料を請求する賢い方法

更新日:

浮気をされた悲しみや辛さから抜け出す事は時間が掛かる事です。

浮気された方だけが苦しむのは筋が違います。

当然浮気した方も、何らかの罰を受けなければ不公平だと感じます。

法律で浮気は裁くことはできませんが、唯一相手に罪を償ってもらうとすれば、「慰謝料請求」をする事です。

浮気の代償として慰謝料請求することは正当な権利であり、悪い事ではありません。

慰謝料を貰う事で気持が納まる事は難しいかもしれませんが、少しでも多く慰謝料を請求することで、相手に対して罪の重さを戒める事になるでしょう。

ここでは、慰謝料を少しでも高く請求する条件や証拠について解説していきます。

 

離婚をしなくても慰謝料は配偶者と浮気相手に請求できる

イメージ的には慰謝料=離婚と認識されている方は多いのではないでしょうか、浮気の慰謝料請求は、離婚をしなくても浮気相手や有責者に請求はできるのです。

ただ、有責者に慰謝料請求した場合は家計から捻出することになりますから、結果的には浮気相手のみに請求することになります。

慰謝料を浮気相手に請求する場合には浮気を認めてもらう必要があるのですが、絶対的に認める事は望めないでしょう。

では、どのようにすればいいのかを具体的に解説していきます。

 

浮気相手に慰謝料を請求する条件

浮気相手に慰謝料を請求する条件は、相手側に故意による過失があり、時効が過ぎていない確実な証拠が絶対になります。

原則的に浮気相手に慰謝料を請求する場合には、浮気相手が既婚者と知りながら性的行為をしたかどうかになります。

そして、既婚者と知らずに性的行為をした場合には、どれだけ浮気相手に過失があるかがポイントになります。

過失のポイントや条件を下記にまとめてみましたので、ご覧ください。

  1. 不貞行為の事実
  2. 浮気以前に夫婦関係が破綻していない
  3. 既婚者とわかっていて浮気した
  4. 浮気の時効が過ぎていない

不貞行為の事実がある事。

不貞行為は婚姻関係にある者が、配偶者以外の異性と肉体関係になる事を言います。

この不貞行為は貞操義務違反となり、有責者とその浮気相手は共同不法行為による損害賠償を支払わなければいけません。

浮気に対する慰謝料請求では、不貞行為の事実がある事が条件になりますので、キスや手をつないでいるだけでは不貞行為と認められないのです。

具体的には、ホテルの出入りの写真などが不貞行為の証明となります。

 

浮気前に夫婦関係が破綻していない事。

浮気によって、夫婦関係が破綻してしまった場合には請求は認められますが、浮気以前に夫婦関係が破綻している場合には、慰謝料請求は認められません。

夫婦関係が破綻しているとは一体どのような事を指すのかは、夫婦がお互いに婚姻生活を継続する意思を持たない事を言います。

例え別居、もしくは家庭内別居をしていたとしても、夫婦の片方が離婚の意思がなければ婚姻生活が破綻しているとは認めてもらえないのです。

自分勝手に夫婦仲が悪いと思い込んで浮気をした場合には、夫婦関係が破綻しているとは認められず慰謝料を支払う責任が課せられます。

 

既婚者とわかって肉体関係を持った事。

相手が独身と偽っていた場合には、既婚者の事実はわかりません。

この場合には浮気相手に過失がないかと言う事が疑問になりますが、過失とは「不注意で生じた過ち」となっていますので、十分に注意していれば相手が既婚者かどうかはわかるはずと言う事になります。

関係を続ける意思がありながら、相手が既婚者かどうか調べようともしなかった事に対しての過失が生じます。

注意を怠った事での過ちですから、十分過失ありと判断される事が殆どです。

 

時効が過ぎていない事。(3年間)

浮気にも時効があり、時効が過ぎてしまうと慰謝料を請求する事ができなくなります。

この時効の期間が3年間となります。「いつから3年間?」なのかは、不貞の事実確認と浮気相手の所在を知ってからカウントされます。

調査会社に浮気調査を依頼したのなら、調査会社から浮気の事実に関する報告書を受け取ってから3年となります。

浮気の証拠は撮れたけど、浮気相手の所在はわからない場合には、浮気相手の所在を把握してから3年となります。

ただ、この浮気の時効を一時ストップさせることも出来るのです。

その方法が、内容証明郵便です。

「あと少しで時効になって、慰謝料を請求する事ができない」、そんな時には内容証明郵便を浮気相手に送ると、時効を一時中断させることができます。

あくまでも、一時中断ですから、その後6月以内に裁判所に訴状提出をして下さい。そうする事で時効期間を止める事ができます。

 

慰謝料の金額の決まり方

  • 被害を被った配偶者が受けた精神的苦痛の程度
  • 不貞行為の発覚によって夫婦の婚姻関係が破綻したかどうか
  • 年齢
  • 結婚年数
  • 不貞行為の期間・回数
  • どちらが不貞行為に積極的だったか
  • 異性の愛人の財力、社会的地位
  • 責任の大きさ
  • 暴力や虐待の有無

慰謝料の金額は、不貞行為による損害の程度や個々の事情が考慮され決められます。

例えば、浮気によって婚姻生活が破綻した事、それによって精神的苦痛を生じて鬱になってしまった。

あるいは離婚はしなかったが、浮気によって夫婦仲が悪化し別居生活をしている。そのおかげで精神的に参ってしまい、現在診療内科に通院している等

浮気によって受けた精神的被害も考慮されていきます。

慰謝料の相場は、浮気によって離婚した場合と離婚しなかった場合では、請求できる金額に違いがあります。

離婚した場合に請求できる慰謝料の相場は100万円~300万円となり、離婚しない場合の慰謝料の相場が50万円~100万円前後となります。

あくまでも相場ですから、状況によって変動があります。

 

 

高額な慰謝料を請求する条件とは

  • 浮気相手が反省や謝罪をしない
  • 浮気相手への金銭の贈与
  • 浮気相手から誘惑した
  • 浮気相手が自分の家庭を壊すつもりで意図的に浮気した
  • 長期にわたり浮気が行われていた
  • 浮気行為が明らかになっても認めない
  • 以前に浮気はしないと約束したのにまた浮気をした
  • 浮気相手に子供が出来た
  • 浮気が原因で自分がうつ病など精神的な病にかかった
  • 夫婦間には子供がいるのに浮気をした
  • 配偶者や浮気相手が高額な収入や資産を所持していた

浮気相手に子供ができたり、20年に渡って浮気が続いている等、悪質な場合には高額な慰謝料が認められます。

また、証拠があるのに浮気を否認している、相手が故意的に家庭を壊そうとして浮気をしている場合にも、高額な慰謝料が認められたケースもあります。

ただし、それらを証明する証拠を用意する必要がありますので、日頃から少しづつでも集めておくといいでしょう。

 

高額な慰謝料を請求するには証拠を用意する

慰謝料を請求するには、事実を証明するために証拠を用意しなければいけません。

証拠があるのとないのでは、慰謝料の金額にも大きな差が出てしまいます。

正直、証拠をご自分で集める事は辛く複雑なお気持ちになってしまいますが、ここは頑張って証拠を集めておくことで、最後にはあなたのお役に立ちます。

 

浮気が発覚する前に夫婦関係が破綻していない事。

浮気が発覚する前から夫婦関係が破綻している場合には、慰謝料請求はできません。

しかし、逆に夫婦関係が破綻している事を証明すること自体が難しいのです。

毎日喧嘩が絶えない、長い間セックスレスが続いていた、離婚の話が何回も出た等は、どうやって証明するかが問題になります。

夫婦関係が破綻している状況とは、お互いに離婚の意思がある状態で、家庭内別居や別居生活をしている事を指しますので、たとえ別居をしていても、片方が離婚の意思がなければ夫婦関係が破綻していないと判断されます。

普通の家族関係であれば何も問題はありません。

 

既婚者と知っていて浮気をしていた事。

浮気相手が結婚している事を知っていて関係を持ったかどうかが重要になります。

しかし年齢を重ねると出会いの場に限りがありますから、大体の浮気相手は身近な人物のケースが多いです。

会社の同僚や後輩などでは、婚姻の有無は知らないはずはありません。

また、出会い系等で知り合ったひと晩だけの関係であれば、既婚者かどうかは確認はしませんが、関係を続ける意思がありながら相手が既婚者かどうか調べようともしなかった事に対しても過失が生じます。

メールやラインのやり取りで「奥さんにばれなかった?」などの既婚者と知っている事を匂わせる文書を見つけたら、すぐに写メに撮っておきましょう。

 

長期にわたって浮気をしていた

浮気相手との関係が長期にわたって続いているなら、最早それは悪質と言えるでしょう。

長期にわたって浮気を続けていた相手に、高額の慰謝料を請求したケースもあります。

あなたが配偶者の浮気に、長年苦しんだ証を日記にまとめてあるだけでも証拠となります。

浮気相手に会っていると思われる日や遅く帰って来た時などを日付も記載して、日記にまとめておくといいでしょう。

また、浮気を匂わせるような物的証拠や状況証拠なども、全て残しておきましょう。

 

浮気が原因で鬱などの精神疾患になった事。

配偶者の浮気は過度のストレスとなります。

突然のパニック障害や鬱になるケースも少なくありません。

信じていた相手に裏切られる思いは、胸が締め付けられるほどつらく苦しい事でしょう。

浮気が原因で精神疾患になり、心療内科に通っている場合には診断者が証拠になりますので、必ず貰っておきましょう。

たとえ症状が軽くても、心療内科に行けば診断書は書いてもらえますから、いざという時のために貰っておく方がいいでしょう。

 

不貞の証拠

  • ラブホテルの宿泊や出入り
  • シティホテルの宿泊や出入り
  • 浮気相手の自宅の宿泊や出入り
  • カーセックス
  • 浮気相手との宿泊旅行
  • 本人または浮気相手の自白

不貞の証拠は2人が客観的にみて、肉体関係である事がわからなければいけません。

その行為が行われる場所の出入りの写真や動画が1番有効的な証拠になります。

高額な慰謝料を請求する場合には、継続的に行為が行われている証拠が必要になります。

ラブホテルの出入りであれば1回だけでなく、2回~3回撮っておくといいでしょう。

 

まとめ

慰謝料を請求するのはこれらの証拠が必要になります。

ご自分で集められる物もありますが、浮気の確信をついた不貞の証拠は難しいかもしれません。

不貞の証拠を個人では難しい時には、専門の探偵社に依頼した方が確実です。

不貞の証拠でお困りの際には、このサイトの探偵比較をご覧ください。

独自情報から信頼できる探偵を厳選しておりますので、安心してお任せできます。

浮気調査探偵選び

探偵に頼みたいけど、どの探偵に頼んでいいのかわからない...

料金はいくら掛かるのか、探偵って怪しくないの?そんな不安や疑問に答えてくれて、あなたにぴったりの探偵を探してくれます。

探偵探しのタントくん

タントくんLP

「探偵に依頼したい相談者さま」と「探偵」を仲介するサービスである、探偵さがしのタントくん。

絶賛放送中のTV番組「Girls Happy Style」では、「困ったときにあると便利なアイテム特集」で『Best Happy Award 2017』グランプリに選ばれました!  

 

「探偵さがしのタントくん」は優良探偵事務所と提携。お客様のニーズに合った探偵事務所を無料でご紹介!

お客様が一番心配な費用の問題を、価格交渉!丁寧に応対。何度でもご利用できます。

中立的な立場で的確なアドバイスをしてくれます。

 

24時間365日お問い合わせ・通話無料

優良探偵事務所を無料でご紹介!



スマホでご覧の方はタップでつながります。

 

 

 

プロと主婦が選ぶおすすめの探偵

主婦からの依頼数が多い探偵は、比較的料金が低価格で、調査力がある探偵となっています。また、調査後の無料サポートも絶対の条件となっています。

離婚、夫婦のやり直し、慰謝料請求の問題はお任せください。

浮気は早期発見早期解決

原一探偵事務所

ranking1

TVでおなじみの原一探偵事務所

5000社以上存在する探偵社の中で、信頼できる探偵事務所は数えるくらいしか存在しません。その中でもお客様の信頼が1番高いと言われているのが原一探偵事務所です。創業40年の実績で弁護士からも「証拠がとれる探偵」として推薦されるほど信頼できる探偵です。

 

 通話料無料!24時間無料相談窓口(※スマホサイトをご覧の方はタップでつながります。)

総合探偵社AMUSE

業界屈指の低水準の料金

総合探偵社AMUSE(アムス)では、調査結果には絶対の自信がありますので、「調査対象者を見失った」、「調査対象者に気づかれた」という理由で証拠が掴めなかったら、全額返金します、というキャンペーンを行っております。探偵料金に不安がある方は、「尾行を失敗したら0円」キャンペーン中の今がチャンス!

 

通話料無料!24時間無料相談窓口(※スマホサイトをご覧の方はタップでつながります。)

総合探偵社TS

夫婦のやり直しのプロ

ユーザーが不安を抱えているのは調査終了後の夫婦の仲が気まずくなることではないでしょうか。総合探偵社TSでは夫婦カウンセラーの資格を持つ専門カウンセラーが調査後の夫婦の仲を無料で取り持って頂けますから復縁を希望される方には強い味方となります。離婚を希望される場合は話し合いの有利な進め方のサポート、離婚専門弁護士を無料で紹介してくれます。また、調査後に浮気相手と会っていないかも無料で確認してくれます。

 

通話料無料!24時間無料相談窓口(※スマホサイトをご覧の方はタップでつながります。)

おすすめコンテンツ

1

  浮気を認めない時や離婚する時の証拠として、浮気の証拠は必要になります。 また、浮気相手と別れさせる切り札としても浮気の証拠は使われます。   浮気は犯罪ではありませんが、浮気を ...

2

浮気を理由に、離婚や慰謝料請求をする際に必要になってくるのが「浮気の証拠」です。 浮気の証拠は、キスをしているところや肩を組んで歩いているところを撮影しても、離婚や慰謝料請求は認めてもらえません。 & ...

3

浮気をされた時に、配偶者や浮気相手に請求できるのが慰謝料です。 この慰謝料請求の金額に制限はなく、いくらでも請求はできるのです。   いくらでも好きなだけ請求はできるのですが、相手が支払うか ...

4

  探偵に浮気調査を頼みたいと思っても、浮気調査の料金はいくら掛かるのか?、探偵料金の相場はどれくらい? 費用の面で不安を抱えてしまうのではないでしょうか。 はじめまして。元探偵の田中好太郎 ...

浮気調査 料金 安い 5

  「浮気調査 安い!浮気調査格安、浮気調査最安値」 安さを表に出した探偵に依頼してしまうと、料金トラブルに巻き込まれる事もあります。   この業界では安さにつられて調査を依頼して ...

-浮気の証拠・慰謝料
-

Copyright© 浮気調査探偵の選び方|浮気調査の料金を安くする3つのポイント , 2019 All Rights Reserved.