自分でできる浮気調査

浮気調査を自分で!|GPSを使って旦那の浮気を見破る方法【完全版】

更新日:

ここでは、元探偵が浮気調査を自分でやる方法の完全版を公開いたします。

自分でできる浮気調査といっても、探偵の様に尾行や張り込みを完璧にこなすには、かなりの時間が必要になります。

 

そこでGPSをうまく使って、誰でも簡単に浮気調査ができる方法を記事にしてみました。

自分でやる浮気調査は、簡単にできる浮気チェックからGPSを使った調査でわかる事。

 

GPSを使った調査の準備、そして証拠撮影の方法までを解説していきます。

自分で浮気調査をやってみようと思った方には、とても役に立つ記事になっています。

目次

浮気の確認方法!

わからない事を知りたいという衝動は、誰にも止められません。

 

特に旦那さんの浮気の事なら尚更ですよね。

ただ、自分で浮気調査をする前に、本当に浮気をしているのかどうかを確認してみましょう。

 

浮気の確認方法は、簡単なチェックリストを作成いたしましたので、思い当たる節があるものをチェックしていきましょう。

チェックがいくつもあるなら、浮気の可能性が大きいという事になります。

 

ほとんど当てはまらなければ、勘違いなのかもしれません。

 

浮気がわかる簡単浮気チェック!

浮気がわかるチェックリスト

 

 帰宅する時間が遅くなった
 一人で出掛けることが多くなった
 飲み会が増えた

 携帯にロックを掛けるようになった
 携帯を離さず持っている
 携帯は画面を下にして置いている
 携帯は常にマナーモード
 電話を目の前では出ようとしない

 

 出張や休日出勤が増えた
 帰るとすぐにお風呂に入る
 給料明細を見せてくれなくなった
 単身赴任先から帰って来ない
 仕事の予定などをあまり話さない

 

 髪型やファッションが変わった
 体型に気にしてダイエットを始めた
 下着を自分で買うようになった
 スポーツジムや習い事に通い出した
 結婚指輪をしなくなった

 

 性交渉を拒否されるようになった
 あなたのスケジュールを確認する

 

 車の中に避妊具が隠してあった
 車内に他の女性のものが落ちていた

チェックリストの内容は、浮気をしている男性の行動心理を表したものです。

浮気を隠そうとする男性の心理は、不思議と同じ行動をとるようになります。

 

チェックリストで当てはまることが多ければ、それだけ浮気の疑いが濃厚ということになります。

次に、このチェックリストで当てはまる事の裏付けをとっていきましょう。

 

例えば、帰宅する時間が遅くなったのはどうしてなのか?

急にスマホにロックをかけたのはなぜなのか?

 

この様に、疑問に思うことをひとつづつ調べてみましょう。

 

 

調べるといっても、尾行や張り込みをいきなりするわけではありません。

長い時間旦那さんと一緒にいるのですから、探偵と違ってチャンスはいくらでもあります。

 

あなたが落ち着いて調査をおこなえば、必ず隙が生まれてボロが出ます。

時間を掛けてもいいのですから、焦らずに落ち着いて調査をしていきましょう。

 

 

浮気調査の基本は、相手に気付かれない様に情報を集める事です。

あなたの身近な人を調査するのですから、調査はしやすいけど気付かれやすいという事を頭に入れておいてください。

 

特に旦那さんの浮気調査をしていれば、おさえきれない感情が溢れ出てくるでしょう。

 

よくある失敗は、決定的な証拠を掴んでいないうちに問い詰めてしまう事です。

気持ちはわかりますが、問い詰めた時点で浮気調査は終了です。

 

あなたが疑っている事に気付いてしまえば、警戒心を抱き浮気に関するもの全て消去してしまいます。

相手が警戒心を抱いてしまうと、素人さんでは浮気に関する情報を集めることができなくなってしまいます。

 

リスクをなくすためには、絶対にあなたが調査している事を悟られてはいけません。

何を見つけても、普段通りの生活を心がけてください。

 

 

浮気調査でどんな証拠集めるのか

浮気の証拠と言うと、ラブホテルの出入りの撮影して、2人が肉体関係である事を証明するのが一般的ですが、いきなり難易度をあげずに、最初は簡単な調査から情報を集めていきましょう。

 

まずは、旦那さんの持ち物や車内、ネットの履歴、見れるなら携帯の中身等から、浮気に関連する情報を集めていきましょう。

また費用は掛かりますが、GPSを使って行動を調査すると見えないものが見えたりするものです。

 

ポイント

  • 絶対に気付かれない様にいつも通りに過ごす
  • 尻尾を掴むために泳がせておく
  • 見つけた証拠は写メにうつしておく
  • 何を見つけても絶対に旦那さんの前で顔に出さない
  • 気付かれそうになったら深追いしない

 

自分でやる浮気調査のチェックポイント!

  1. 浮気相手とのメール・ラインのやり取り
  2. FacebookやTwitterなどのやりとり
  3. 友人の目撃、噂
  4. ラブホテルの領収書やレシート
  5. コンビニのレシート(2人分の食品など)
  6. 普段行かないような場所の領収書
  7. クレジットカードの明細
  8. ネット検索の履歴:お店や観光地など
  9. カーナビの履歴
  10. GPSの位置情報など

 

浮気相手とのメール・ラインのやり取りから浮気を見つける

スマホのチェックポイント

  • メールの送受信履歴
  • 電話の発着信
  • lineのトーク画面
  • アルバムの写真
  • 電話帳
  • キーボードの学習機能
  • SNS(Facebook等)

 

浮気に気付いたきっかけで1番多いのがスマホや携帯電話です。

 

スマホのポップアップ画面に女性からのlineのメッセージやメールのお知らせ、ふとした瞬間に見てしまった事から浮気が発覚する事が多いのです。

特に浮気の初期段階では警戒心が全くありませんので、この初期段階で旦那さんのスマホをチェッする事ができれば、浮気の証拠を掴むことが出来るかもしれませんね。

 

頻繁に電話を掛けている相手を調べる

電話の発着信を確認する時は、あなたが知っている会社関係や友人以外で頻繁に連絡を取っている相手を探してみるといいでしょう。

 

たとえ頻繁に連絡を取っているのが、男性の名前でも安心してはいけません。

オーソドックスな手口ですが、男性の名前で登録している場合もあります。

 

その番号に友人の携帯から電話を掛けてみれば、男性か女性なのかは確認出来ます。

 

証拠は全て写メに残す事

またメールの内容に浮気を匂わせる内容を見つけたら、写メで撮っておいてください。

 

間違っても、メールの内容を自分のスマホに転送する事はしないで下さい。

本人の了承もなく、ネットを介してアクセスした場合には「不正アクセス禁止法」になってしまいます。

 

話がこじれて裁判や調停になった場合、そこを突かれるとあなたが不利になってしまいます。

しかも、違法に収集した証拠は証拠能力がなくなるだけでなく、逆に訴えられる事もあるのです。

 

証拠を集める場合には、違法行為にならない様に気を付けましょう。

 

キーボードの学習機能で「あ」と「す」を打ち込んでみる

キーボードの学習機能は以外に盲点なのです。

 

いつも打っている文字を候補としてあげてくれる学習機能は、浮気相手とのやり取りを探る事が出来ます。

『あ』と打ち込んだ時に「愛してる」や「逢いたい」と変換されたらどうでしょうか?

 

あなたとの会話で、普段から使っている言葉なら問題はないでしょう。

でも、「愛してるなんて言葉は最近聞いてない!」となったら、誰に向けられた言葉なのでしょうか。

 

また、50音を一文字づつ片っ端から打ち込むと、普段使っている女性の名前が変換される事もあります。

それが浮気相手の名前とは限りませんが、下の名前で変換されるなら親しい付き合いという事は理解できるでしょう。

 

FacebookなどのSNSから浮気を見つける

Facebookのチェックポイント

  • 写真をチェック
  • タグ付けをチェック
  • いいね!やコメントをチェック
  • 友達をチェック
  • 旦那のアカウントからMessagerをチェック

浮気相手との出会いの場でも多いSNS、特にFacebookでは懐かしい同窓生や元カノのとの再会は珍しくありません。

 

偶然見つけるというよりは、意図的に検索して探すと言った方がいいかもしれません。

浮気相手とFacebookでつながっている事も多く、旦那さんの投稿をチェックすれば浮気の痕跡が見つかるかもしれません。

 

写真のタグ付けをチェック

Facebookのタグ付け機能を簡単に言うと、同じものを共有するといったところかもしれません。

 

Facebookに写真をアップした時に、その場に一緒にいる人をタグ付けするやり方が一般的で、「今、誰さんと一緒にいます!」みたいな感じで使われています。

旦那さんが写っている画像に、タグ付けしている女性がいないかをチェックしましょう。

 

いつも「いいね!」を入れている女性がいないかチェック

旦那さんの投稿にいつも「いいね」や「コメント」を入れている女性は見逃してはいけません。

 

マメに「いいね!」やコメントを入れているのであれば、旦那さんもその女性に「いいね!」を返しているはずです。

その女性のFacebookに飛んで行って、旦那さんのコメントを確認してみるといいでしょう。

 

その時に写真もチェックして、旦那さんがアップしている写真と同じ場所のものがないかも確認しましょう。

もし、見つかったとしたら、2人でその場所に言ったと考えられます。

 

その女性が浮気相手可もしれませんので、情報を出来る限り集めておきましょう。

 

 

Facebook友達をチェック

警戒している旦那さんであれば、「いいね!」やコメントは控えるかもしれません。

 

その場合には、Facebookの友達をチェックしてみましょう。

友達と言っても女性に絞り込んでいき、旦那さんと共通点がないかを見ていくといいでしょう。

 

行った場所やお店、様々な視点から共通点を探してみましょう。

場所やお店などの情報が旦那さんと被るものがあれば、もしかしたらという事があります。

 

「いいね!」やコメントはしていなくても、そう言ったところにスキが見つかる場合があります。

 

財布の中には思いがけない証拠が見つかる時がある

財布の中のチェックポイント

  • コンビニのレシートや普段いかない店のレシート
  • 見慣れないクレジットカード
  • ラブホテルのメンバーズカード
  • 2人分の食事の領収書
  • ポイントカードやメンバーズカード
  • 避妊具

財布の中には思いがけない証拠が入っています。

まさか財布の中までは確認しないだろうと、安心している男性も少なくありません。

 

コンビニのレシート

レシートには様々な情報が詰まっていて、「何を買ったのか?」「どこで買ったのか?」「何時に買ったのか?」がわかります。

 

レシートを見るだけで、ある程度の行動がわかってしまいます。

例えば、コンビニのレシートに2人分の食料品が印字されていたら、ホテルに行く前に立ち寄ったと疑ってみるのもいいでしょう。

 

その場合には、レシートに書いてある住所をグーグルマップで検索すると、「その付近がホテル街だった」という事もあります。

また、給油したときに発行されるガソリンスタンドのレシートも見逃せません。

 

レシートの住所が観光地やデートスポットだったら、誰とその場所に行ったのでしょう。

レシートだけでも様々な浮気の情報を読み取ることができますので、旦那さんのポケット・財布・かばん・車の中やごみ箱を探してみて下さい。

 

カード明細をチェック

浮気をするにもお金が掛かります。

 

食事代やホテル代、浮気相手のプレゼントなど、付き合う女性にもよりますがおこずかいがいくらあっても足りないぐらいでしょう。

知らない間にカード払いの請求が増えていたら、請求書をチェックして見て下さい。

 

ホテルやレストラン、女性物のブランドの支払いがあるかもしれません。

または、ばれるのを恐れて新しいカードを作っている場合があります。

 

財布の中にカードが増えていないかもチェック項目の一つです。

 

財布の中のお札もチェック

そこで、あやしいと思う前日に、旦那さんのお財布にお札が何枚入っているかチェックしてみましょう。

 

後で財布の中を見てお札が減っていたら、それとなく何に使ったのかを聞いてみてください。

あくまでも、財布の中を見たことを悟られないようにしてくださいね。

 

その反応があまりにも不自然だったら、浮気に使った可能性があります。

 

パソコンの検索履歴や携帯の検索履歴から分かること

浮気とわかる検索履歴

  • 温泉旅館、ホテル
  • おしゃれなデートスポット
  • 女性が喜ぶプレゼント
  • おしゃれなレストラン
  • 観光地

 

何かを調べる時に誰もが使うのが検索エンジンです。

 

浮気相手とのデートスポットや観光地を調べる時にも、使わない訳はありませんよね。

ただ、検索するのにスマホかパソコンかで見るところも変わってきます。

 

両方の検索履歴が見れるなら、間違いはありません。

もし、旦那さんがGoogle Chromeをブラウザに設定しているなら、スマホの履歴やブックマークもパソコンから閲覧する事ができます。

 

同期している事が条件になりますが、試してみる価値はあります。

スマホと同期をしているかを調べるには、Google Chromeのアカウントをクリックして下さい。

 

同期していればスマホのGmailアカウントが表示されます。

スマホのGmailアカウントをクリックすれば、グーグルクロームの検索窓が開きます。

 

後は点が3つ並んだところをクリックして、履歴を見るだけです。

 

観光地の温泉旅館やホテル

連休はいつも家族と出掛けているのに、急に仕事が入ったって言ってたけど本当かな?

 

もし、浮気を疑っているならネットの検索履歴で何かがわかるかもしれません。

履歴に「カップルに人気の温泉スポット」なんて表示されたら、浮気相手と旅行に行く計画をしているのかもしれません。

 

 

検索画面からそのサイトに飛んで、予約状況を確認してみましょう。

もし予約をしているのであれば、証拠を撮るチャンス日となります。

 

温泉旅館の出入りの写真・動画を撮れば、それが浮気の証拠になります。

自分でやる自信がなければ早急に探偵に頼んでおきましょう。

 

おしゃれなレストランやデートスポット

検索履歴に「カップル人気」「デートスポット」「おしゃれなレストラン」と表示されたら!

 

表示された場所に、あなたと行く予定を立てているなら問題はありませんが、そうでなければ浮気を疑ってみてもいいかもしれません。

浮気の事前での検索であれば、行き先を掴むことが出来ます。

 

旦那さんの予定であやしい日があるなら、その日に尾行、もしくは先回りをして張り込むことで事実確認が取れます。

ただし、必ずそこの場所に行くとは限りません。

 

カーナビの履歴を確認する

車移動は簡単に浮気調査が出来る

  • ラブホテルやシティホテル
  • デートスポット
  • マンションやアパートなど住宅地

カーナビやGPSは、普段の生活ですごく便利なものですよね。

 

行きたい場所を登録すれば、そこまでのルートを音声ナビで教えてくれるカーナビ、スマホに当たり前のようについてる機能のGPSは、知らない土地に来たとしても現在地を教えてくれる優れものです。

 

このカーナビやGPSは道案内や現在地を教えてくれるだけではなく、浮気も教えてくれる便利なものなんです。

しかも、旦那さんのわきが甘く、奥様が機械音痴という条件が揃えば、高確率で浮気を教えてくれます。

 

カーナビの目的地履歴を消される前に確認しよう

浮気に車を使った場合には、普通は履歴は削除してしまいます。

 

だからと言って、確認をすることは無駄にはなりません。

必ずと言っていいほど消し忘れる事があります。

 

もしくは、ある一定の期間ばれないと思えば、安心しきって後回しにすることもあります。

だからこそ、確認をやめることなく、まめに確認はしておいたほうがいいのです。

 

カーナビの履歴を確認するのは、浮気と思わせる日の帰宅後がいいでしょう。

確認するときは旦那さんに気づかれないようにしなければいけないので、「買い忘れたものがあるから車で行ってくる」と出かける理由をつけて、車に乗って出かけてしまえばいいのです。

 

 

この方法を使えば、出かけた先でゆっくりと確認することができますよね。

しかし奥さんが免許を持っていなければ、この方法はできません。

 

その場合は、旦那さんが寝たころを見計らって確認するといいでしょう。

 

目的地履歴で見るところ

浮気はその目的がはっきりしているので、わかりやすいのではないでしょうか。

 

エッチが目的ならホテルや浮気相手の家、デートなら人目を避けることを優先にしますので、知り合いに会わない場所を選ぶでしょう。

 

食事や飲みに行く程度ならいくらでも言い訳がつくので、近場で済ませることもあります。

カーナビの履歴で見るところは、「恋人同士が行きそうなところ」です。

 

または、聞いたこと行ったもない住所や場所を探してください。

もしかしたら、そこが浮気相手の自宅かもしれません。

 

必ず履歴の日付と住所を写メに残しておきましょう。

 

カーナビの履歴から浮気相手の家がわかる

カーナビの履歴にホテルや観光地、デートスポットが残っていれば、そこに行った事が見えてきます。

それ以外の住宅地が履歴に残っていたら、そこが浮気相手の自宅かもしれません。

 

初めて浮気相手を家に送った日であれば、カーナビの履歴に残っている可能性は高いのですが、毎回浮気相手を家に送っているとすれば、カーナビに頼ることはないでしょう。

 

うまくタイミングが合えば、浮気相手の所在地がつかめるかもしれません。

カーナビの履歴に残っていた住所が浮気相手の自宅かどうかを確認するには、グーグルマップを使ってください。

 

グーグルマップに表示された場所がマンションやアパートであれば、浮気相手の自宅かもしれません。

それをはっきりさせるには、旦那さんが浮気をするだろうと言う日に目星を付け、その場所で張り込みをすれば確認は取れます。

 

その場所から自宅までの時間、旦那さんが家に帰ってくる時間、それを逆算すれば2人が現れる時間は予測がつきます。

 

浮気調査を自分でやる方法|GPSでどこまで浮気がわかるのか

 

浮気調査初級編では、浮気の確認方法を説明してきました。

 

ここでは、「GPSを使った浮気調査で何がわかるのか」を説明していきます。

GPSは主に車に取り付けて、行動の一部始終を観察するものです。

 

浮気には人それぞれの行動パターンがあり、ある一定期間の行動を見れば、その人の浮気の行動パターンがわかります。

探偵の浮気調査でも、最初にGPSを取り付けてから1週間から2週間ぐらい動きを見る場合があります。

 

動きがない場合でもひと月ぐらい見ていけば、何らかの動きが見えてきます。

そのためGPSで調査をするなら、1日だけでなく1か月ぐらいは調査を続けてください。

 

ひと月GPSで調査を続けることで、規則性がある行動パターンが見えてきます。

その行動パターンがわかれば、後は尾行や張り込みで浮気の真実を知ることができます。

 

 

GPSを使った浮気調査でわかること

 

GPSのデメリットとしては、GPSを取り付けたものだけの位置情報を取得するので、駐車場に止めて徒歩や電車移動をされてしまうと、追跡は不可能になります。

 

また、GPSを取り付けていない、浮気相手の車の乗り換えも一緒です。

 

GPSの位置情報がラブホテルを指していても、「誰といたのかまではわかりません。」

誰といたかはわかりませんが、ラブホテルに一人で行くことはしないですよね。

 

そして、ラブホテルにいたと言う情報も、GPSをつけていたからわかったことです。

誰といたかというよりは、「ラブホテルに何時間滞在していたか?」ホテルを出てから車はどこに立ち寄ったか?

 

この立ち寄った場所が、ラブホテルに一緒に行った相手の自宅かもしれません。

自宅からGPSが追跡した旦那の行き先はラブホテル

 

 

※図は浮気のよくある行動パターンを表したものになります。

 

リアルタイムGPSを使うことで、「今どこにいるか?」が手に取るようにわかります。

休日に行き先も言わずに出かけた時にも、GPSを車に取り付けてあれば、その日の行動を読み取ることができます。

 

例えばGPSの位置情報が、コンビニや駅に立ち寄ってからホテルに向かった場合には、上の図のように自宅を出てから浮気相手との待ち合わせ場所に向かい、そのままホテルに行った事がわかります。

 

 

会社からGPSが追跡した旦那の行き先はラブホテル

 

仕事帰りに浮気相手とホテルに行くケースを表したものになります。

 

「最近残業が増えたと言って帰りが遅くなったけど、給与明細に反映されていない...」

「飲み会で遅くなるといってたけど、お酒の匂いが全くしない」

 

そんな時にも車にGPSを取り付けてあれば、本当に残業で遅くなったのかがはっきりします。

この様に車にGPSを取り付けることで、行動の一部始終が明らかになるのですが、たとえ車にGPSをつけていたとしても、わからない場合もあります。

 

それが次のケースとなります。

 

車につけたGPSではわからないケース

車に取り付けたGPSで、旦那さんの位置情報がわからないケースは図③と図④になります。

 

GPSを取り付けた車から離れてしまうため、その後の位置情報はわからなくなってしまいます。

この場合の対策は車以外の持ち物にGPSを取り付けるか、待ち合わせ場所で張り込んでから尾行を行うしかありません。

 

ホテルまで尾行して、相手の車にGPSをつけることも思い浮かぶと思いますが、この行為は違法になるという事を理解しておきましょう。

 

相手の車に乗り換えるケース

 

自分の車から相手の車に乗り換えた場合には、GPSは取り付けた車の位置情報しか取得できません。

 

その車の位置が駐車場であれば、GPSには駐車場の位置情報が表示されます。

いつもこの駐車場で相手の車に乗り換えるのであれば、張り込みをすることで相手の車や顔の情報は得ることができます。

 

尾行に自信があるなら、そのまま追跡することも可能です。

 

電車 徒歩移動のケース

 

 

普段車移動をしない場合には、GPSの取り付け場所を選ばなければいけません。

自転車であればサドルの裏側に取り付けることができ、徒歩移動であればプレゼントしたカバンの底に加工して取り付けることができます。

 

 

GPSで自分で浮気調査をやるときには必ず確かめておくべき事

GPSを浮気調査で使うと、行動の全てが丸見えになります。

 

「今どこにいるんだろう?」「仕事って言ってたけど、本当かな?」

今まで気になっていても、その真相はわからなかったはずです。

 

しかし、GPSを使うことで、今までわからなかったことが全て丸見えになるのです。

何時何分にどの道を通ってどこに立ち寄ったのか?、滞在時間は何分だったのか?

 

また、グーグルマップと連動しているGPSであれば、立ち寄った場所をストリートビューで見ることができるので、その場所が何の施設なのかも把握できてしまいます。

 

GPSを使えばこれらの事が全てわかってしまいます。

ただ、肝心なことは「いつ、どこから、どこへ」向かったのか!

 

これを必ずチェックしてください。

 

  • 毎週何曜日にその場所に行くのか?
  • 時間は何時から何時までその場所に滞在しているのか?
  • 途中でどこに立ち寄ったのか?

 

日時や場所に規則性があるかどうかを見つけることで、浮気の行動パターンを読み取ることができます。

 

これによって、本格的な浮気調査を実行することができるのです。

GPSでやることは、浮気の事実確認と浮気の行動パターンを見ることなのです。

 

浮気調査に使えるレンタルGPSは、こちらにまとめてあります。

 

自分でできる浮気調査|GPSで証拠を撮影する方法 準備編

 

自分でできる浮気調査|GPSでどこまで浮気がわかるのかでは、GPSを使って浮気の情報の集め方を説明させていただきました。

ここでは、自分でできる浮気調査のGPSで集めた情報をもとに、浮気の証拠を撮影していく手順を説明していきます。

 

ここからは難易度がかなり高くなりますので、調査が成功する確率は必然と低くなります。

調査方法はわかりやすく説明していきますが、やるかどうかは自己責任でお願いいたします。

 

自分でやる浮気調査の流れ

  1. 情報収集、行動パターン
  2. 行動調査(尾行)
  3. 浮気の証拠の撮影
  4. 浮気相手の所在

 

事前にGPSで集めた情報をもとに、ひとつひとつ答え合わせをしていき、その答えが合った時が浮気の証拠の撮影チャンスになります。

 

今回の調査の方法では、情報収集から簡単な尾行調査、最後に浮気相手がどこの誰なのかを特定していきます。

 

目的は「浮気の決定的な証拠」を撮る事です。

浮気の決定的な証拠とは、どういうもの撮ればいいのかをかみ砕いて説明していきます。

 

これが撮れれば裁判でも勝てる!

  1. ラブホテルの出入り
  2. シティーホテルの出入り
  3. 浮気相手の自宅の出入り
  4. カーセックス

 

出典:原一探偵事務所

浮気の決定的な証拠と言えば、ラブホテルの出入りの写真になります。

しかし、浮気は必ずしもラブホテルに行くとは限りません。

 

浮気相手の自宅だったり、シティーホテルを利用したり、その人によって浮気する場所に違いがあります。

 

 

そのため、シティーホテルの出入りや浮気相手の自宅の出入、宿泊も立派な浮気の証拠として認められます。

ラブホテルとカーセックスは一回でも不貞行為が認められますが、それ以外の場合は撮影回数に条件があります。

 

なぜかというと、ラブホテルはその行為を目的とする場所ですが、シティーホテルは仕事などで利用することもあります。

また浮気相手の自宅も、用事があって立ち寄っただけと見なされてしまいます。

 

 

いかに2人が親密な関係であるかを証明していかなければいけません。

そのため、頻繁にその場所に行っていることを裏付ける必要があるのです。

 

シティーホテルであれば客室の出入り、ロビーでのチェックインとチェックアウトの撮影を3回

浮気相手の自宅であれば5回ぐらいの撮影が必要になります。

 

ただ、浮気や不倫は、極力人目を避けて密会をするため「ラブホテル」で会う確率が高くなります。

 

浮気の証拠については、浮気の証拠は不貞行為の証拠でなければ使えない!にまとめてあります。

 

浮気の情報収集

浮気の証拠を取る目的であれば、集める情報は決まってきます。

 

それは、「いつ浮気相手と会うのか?」です。

浮気する日、曜日、時間を特定をしていきます。

 

浮気相手といつ会うのかがわかれば、後は簡単に証拠をつかむことができます。

 

浮気する日を簡単に特定する便利なもの

浮気相手といつ会うのかは、浮気しているだろうと思う日が予測されます。

 

ただ、実際にその日に浮気相手と会っているかはわかりません。

では一体どうやって、その怪しい日に浮気相手と会っているかを確かめるのか?

 

その方法は前の記事で説明した通りに、GPSを車に取り付けて行動の一部始終を監視してしまえばいいのです。

この方法だったら、誰でも簡単に浮気する日の特定ができてしまいますよね。

 

ただ、一つだけ条件があります。

もうお分かりだと思いますが、「移動手段が車という事が条件になります。」

 

簡単に浮気調査を行うためには、極力リスクをなくしていかなければいけません。

しかし、車以外にも工夫をすればGPSを取り付ける事は可能です。

 

 

車以外の取り付け場所は、自転車ならサドルの裏側に強力な両面テープで貼り付けます。

 

 

普段決まったかばんを持って出かけるなら、カバンの底を加工して隠す方法もあります。

カバンの場合は、二重底になっている物が加工しやすいかもしれません。

 

 

GPSで見える規則性がある浮気の行動

GPSでわかる浮気の行動パターンの規則性を見ると、決まった曜日、時間、場所が見えてきます。

 

普通のサラリーマンであれば、休日よりも仕事帰りに浮気するケースが多いので、何曜日に普段と違う行動をしているのかを見ていきます。

GPSで見るとこは、「いつ、何時ごろ、どこで」です。

 

これがわかれば尾行や張り込み場所も計画できますので、後は調査を実行するだけになります。

 

用意しておくと便利な浮気調査の機材

浮気調査は相手に気付かれてしまうと、そこで調査を中断しなければいけません。

 

その後は相手の警戒心が当然強くなりますから「2度とチャンスはない」と思って下さい。

相手に気付かれないように時間を掛けて慎重に進めて下さい。

 

リスク回避の為に必要な機材を用意する必要があります。

  1. リアルタイムGPS端末
  2. Videoカメラ
  3. デジタルカメラ
  4. 車両
  5. 協力者:旦那さんが知らない人

 

自分で浮気調査をする前にGPSを用意しよう

用意するGPSは、経済的な負担を考えるとレンタルがベストでしょう。

購入することもできますが、機能性を重視するとかなり高額になってしまいます。

 

 

手に入りやすい市販されている物は、ロガータイプ(記録型GPS)と言って、比較的低価格で手に入れる事ができます。

機能的にはリアルタイムで位置情報が取得できない事や、位置情報の誤差や耐久制の面では頼りにならないことが多いです。

 

 

安値のGPSでは位置情報の誤差が生じてきますので、実際はラブホテルに駐車していたとしても、2軒隣のビルが表示されてしまいます。

これでは浮気していても、浮気をしていないことになってしまいますよね。

 

 

その点レンタルであれば、高性能のGPSを低価格で使えることができますから、リアルタイムの位置情報の取得はもちろん、誤差や走行中の脱落の心配もいりません。

浮気調査に使われるGPSでおすすめの機種や取り付け場所は、このサイトでも取り上げていますので後程ご確認ください。

 

 

浮気調査に使うGPSの種類

先ほどGPSについて説明しましたが、もう一度おさらいをしてみましょう。

 

GPSは人工衛生を使って現在地を特定することが出来ます。

 

このGPSも大きく分けると2種類あります。

リアルタイムと、ロガータイプです。

 

ここでは、リアルタイムのGPSを使うことを前提で説明をしていきます。

リアルタイムで位置情報を取得できれば、証拠撮影時の生の情報になるからです。

hhja87

選んで欲しいのは、小型のもので女性でも簡単に取り付けられるマグネット式のタイプです。

マグネット式のものであれば着脱が簡単で、女性でも20秒で取り付けや取り外しが可能になります。

 

 

『リアルタイム方式』

今どこにいるかが、スマホや携帯で確認ができるGPS

『ロガー方式』

記録型のGPSで翌日に取り外してパソコンで確認するタイプ

安値のロガータイプのGPSもありますが、位置情報の大きな誤差や故障を気にしないなら試しに使ってみてもいいでしょう。

 

GPSの価格は安いものから高いものまでありますが、見やすさと使いやすさ、位置情報の正確性を考慮すると10万円程掛かります。

ただ、ずっと使うものではありませんから、わざわざ買う必要はありません。

 

レンタルであれば30日で3万前後で借りられますので、レンタルをおすすめいたします。

 

GPS端末の必要な機能

  1. リアルタイム方式
  2. 小型の物
  3. マグネット式
  4. バッテリー持続40日間以上
  5. 携帯、PCからの閲覧
  6. 高性能
  7. 操作が簡単

 

浮気の証拠はビデオカメラで撮影

素人がカメラを持って動きがある被写体を上手く撮影する事は不可能でしょう。

 

証拠の条件は必ず2人で写っている事、顔が鮮明に写っている事、ホテルと特定できる看板等が写っていることが絶対になります。

これをカメラで撮るのは難しいことですよね。しかし、ビデオカメラなら全てを撮影出来てしまいます。

 

2人がホテルに入るところから、駐車場に停めているところ、ホテルから出てくるところまで流しながら撮影することが出来ます。

 

浮気調査に使う最低限の機能
  1. 高画質・ハイビジョン
  2. ナイトショット、暗闇に強い機能
  3. 長時間録画
  4. 望遠機能

 

浮気の証拠を撮影する際に求められる事は、「顔がはっきり認識できること」です。

最近のビデオカメラの画質はかなりよくなってきているので、問題はないかと思います。

 

持っているものや知り合いから借りたり、レンタルして下さい。

 

 

市販のカメラの弱点

勿論プロの探偵もビデオカメラで撮影するのですが、問題は暗闇に弱いところです。

 

市販のカメラや業者用のカメラでも暗闇では太刀打ち出来ないのです。

こうなってしまうと暗視カメラに頼ることになるのですが、もし、暗くなってから撮影しなければいけない状況になったら最悪の場合のみに有効な方法があります。

 

その方法は「車のヘッドライト」を使って撮影する方法があります。

これは後ほど説明いたします。

 

浮気調査に使う車両

尾行やホテルでの張り込み時に必要なのが車両です。

 

自宅の車を使えば、旦那さんに気づかれるリスクが高くなります。

そのため旦那さんが知らない車を用意する必要があります。

 

知り合いの車を借りるか、レンタカーを借りて下さい。

 

調査協力者

調査の幅を拡げる事や調査時間の短縮に繋がりますので、協力者は1人位いたほうが安心です。

 

探偵も一人で調査を行うことはありません。

出入口が複数ある場合や長時間の尾行を考えると、一人では失敗に終わる確率が高くなってしまうからです。

 

協力者を探すときにも情報の漏出や顔割れを防ぐために、旦那さんとは全く接点がない人にお願いしてください。

ここまで、自分でできる浮気調査の準備段階を説明していきました。

 

次に、GPSを使って浮気の証拠をつかむ方法を説明していきます。

 

 

浮気調査を自分でやる方法|GPSを使って浮気の証拠を撮影する方法

 

ここからは、GPSを使って浮気の証拠を撮影する方法を説明していきます。

調査をする前には、GPSで証拠を撮影する方法 準備編で説明している必要なものをそろえておきましょう。

 

GPSを使うことで、浮気をしている旦那さんの行先を知ることができ、浮気相手と会っている場所で待ち伏せをすることもできます。

 

しかし、浮気相手と会っている場所で待ち伏せをしても、そこから何をしていいのかがわかりませんよね。

ホテルから出てきた2人に責めよっても、必ずしもいい結果にはなりません。

 

法律は常に対等ですが、時に冷酷です。

 

いくら2人がホテルから出てきたところを目撃したとしても、肝心な証拠を撮影できていなければ、いくらでも言い逃れができてしまうのです。

そうならないためにも、ここでの証拠を撮影する方法とポイントを押さえていってください。

 

 

車内の会話も証拠になる!便利なボイスレコーダー

GPSと併用すると思いもしない情報が手に入る便利なアイテムがあります。

 

それはボイスレコーダーです。

ボイスレコーダーやICレコーダーを一緒に車に忍び込ませておけば、車の中での浮気相手との会話も録音できます。

 

ボイスレコーダーを仕掛けておけば、次回の約束や待ち合わせ場所のヒントになる会話が聞けるかもしれません。

最近ではボイスレコーダと気づかれない「ペン型タイプ」のものや、USBタイプのものが販売されています。

 

予算に余裕があるなら、用意をしておいても損はありません。

 

【あす楽_関東】【レビュー投稿後、端子キャッププレゼント】「リモコン付ペン型ICレコーダー」VR-P003N(ブラック)140時間タイプペン型ボイスレコーダー(ペンボイス)/モラハラ/セクハラ/パワハラ対策

価格:10,800円
(2018/5/23 04:58時点)
感想(1160件)

 

絶対に気づかれてはいけないGPSの取り付け場所

GPSの取り付け場所
  • バンパーの裏側
  • 車体の下の鉄の部分
  • シートの下
  • スペアタイヤの中
  • 背もたれとシートの間
  • 普段開けない車検証の中

 

《車外》

車外に取り付ける場合はマグネットですから、鉄の部分に取り付けます。但し「マフラー」には絶対に取り付けてはいけません。マフラーの熱でプラスティックの部分が溶けてしまいます。

基本的にはしゃがんでも見えないところで鉄の部分なら問題ありません。

DSC_0003

 

《車内》

車内で見つかりにくい場所は、トランクルームのスペアタイヤのホイールの中や助手席のシート下の裏側が気付かれにくい場所になります。

 

その他に、後部座席の背もたれと座席の間や普段見ない車検書の中、シートカバーが付いているなら背もたれの裏側もいいかもしれません。

 

GPSの取り付け場所については、絶対に見つからない場所に取り付けてください。

見つかりにくいのは、シートの下やスペアタイヤの中などがいいでしょう。

 

GPSの取り付けでばれやすいのが、充電時の取り外しの時です。

取り付けがうまくいっても、取り外しの時にばれてしまうケースが多いのです。

 

充電切れの時には、旦那さんが熟睡してから取り外したほうがいいでしょう。

 

GPSが教えてくれる浮気する日の特定

そもそも浮気は奥さんにばれない様に行う為、休日は家族と過ごし、浮気相手とは休日前の夜や休日後に会うケースがよく見られます。

 

休日前であれば金曜日の夜や土曜日の夜、休日後であれば月曜日の夜が怪しい日となります。

あくまでも予測にすぎないので、後は車に取り付けたGPSで浮気する日を特定していきます。

 

浮気する日は浮気相手の都合によっても変わってきますが、GPSを使えば簡単に浮気する日を見破ることができます。

 

 

GPSは浮気現場も浮気相手の自宅も教えてくれる

 

浮気を行う現場(ラブホテル、浮気相手の自宅など)は、GPSの位置情報が教えてくれます。

 

 

立ち寄った場所から長時間滞在していた場所を、包み隠さず示してくれますので、浮気する場所の特定はそんなに難しいことではありません。

 

例えばGPSの位置情報がラブホテルを指していたら、またその場所に2時間も3時間も滞在しているなら、そこで浮気相手と深い関係になっていることがわかります。

GPSが特定の住宅地に頻繁に訪れていることを教えてくれた場合、そこが浮気相手の自宅かもしれません。

 

GPSに表示された住所をもとにグーグルマップで検索すれば、そこが何の施設なのかも確認できます。

後日その場所に行ってみると、外観から女性が暮らしていることが確認できることもあります。

 

 

この様に浮気現場となる場所の特定は、GPSの位置情報から確実にわかります。

その場所が安全だと思えば、毎回同じ場所を選択しますからGPSのデーターから特定することは難しくありません。

 

警戒心が強くて毎回ホテルを変えていると厄介なのですが、それもリアルタイムで位置情報を特定できるので、浮気現場は特定できます。

ただし、その場合には尾行が必要になります。

 

旦那の浮気相手は一体誰なの?気になる浮気相手の特定

 

浮気相手の特定をするには、当然尾行が必要になります。

浮気相手と最後に別れる場所が同じであれば、そこから尾行して突き止めることが可能です。

 

2人の時よりも1人になった時のほうが警戒心はなくなりますから、尾行が安易になる傾向があります。

但し、相手の自宅付近は注意が必要です。

 

見慣れない人が歩いていれば、必ず不信感が脳裏をよぎりますから、不自然な行動は控えるようにしなければいけません。

あくまでも背景に溶け込むように、自然にふるまいましょう。

 

GPSでわかる浮気の行動予測

GPSを取り付けて1周間から2週間の行動記録を取っていくのですが、データーをよく見ていると、そこから行動範囲が絞れてくるはずです。

 

浮気をしているのであれば、必ずしっぽを掴めるはずです。

ご主人の出発地点から中間点、到着点をマップで確認すれば、ある一定の行動をしていることがわかります。

 

浮気する時の行動予測パターンを図にしてありますので参考にしてください。

 

例1

kaisya-3

 

会社→待ち合わせ場所→ホテル

急に残業が増えて帰りが遅くなったり、飲み会なのにお酒の匂いが全くしないケース

会社から待ち合わせ場所に向かい、浮気相手を車に乗せてホテルに行く。

 

 

例2

jitaku-4

 

自宅→待ち合わせ場所→ホテル

週末の夜や休日に、行先も言わず出かけるケース

自宅を出てから待ち合わせ場所に行き、女性を車に乗せてホテルに向かう。

 

 

例3

norokae-5

 

自宅→駐車場→相手の車→ホテル

この様に、待ち合わせ場所から相手の車に乗り換えるパターンの場合はGPSは意味がなくなります。

このケースは女性に多く見られますが、この場合の浮気調査はGPSを持ち物に忍び込ませる事が必要になりますので、それが出来ない場合は予め待ち合わせ場所の駐車場で待機しておき、そこから尾行をします。

 

 

自分で決定的な浮気の証拠をつかむ方法

これまでのGPSの位置情報から、ラブホテルや浮気相手の自宅らしいところの出入りが確認できました。

 

しかし、この位置情報だけでは浮気の証拠になりません。

この位置情報をもとに旦那さんを問い詰めたとしても、言い逃れができてしまいますよね。

 

なぜかというと、「車だけの位置情報と誰といたかまではわからないから」です。

 

だからと言って、悲観的なる必要はありません。

あなたはこの「いつ、どこから、どこへ」の情報を掴んだのですから、浮気調査が60%成功していると言っても過言ではありません。

 

後はこの情報をもとに慎重に調査計画を立て、ビデオカメラを回すだけでいいのです。

 

浮気の証拠はこれを撮れば、離婚も修復も慰謝料も思いのままになる

浮気の確実な証拠は実際に不貞行為があったであろう場所からの出入りの写真、もしくは動画が絶対になります。

 

それ以外は証拠として認めてもらえないことが多いのです
それが以下の通りです。

 

  1. ラブホテルの出入り
  2. 浮気相手との宿泊旅行
  3. シティホテルの出入り
  4. 浮気相手の自宅の出入り
  5. カーセックス

 

この「浮気の証拠」を、尾行張り込みを行い撮影をしていきます。

 

ホテルへ入るところの撮影はここを気を付けよう

a0782_000928

ホテルに入る2人を撮影する方法は、ホテルの入口が見えるところに駐車スペースを確保してください。

 

駐車スペースがないところだったら、ホテルの入り口が見わたせる場所で待機していましょう。

近くに入り口が見わたせる高いビルがあるなら、気づかれずに撮影ができますので周りに高いビルがないかを確認してください。

 

どうしてもいい場所が確保できない場合には、ホテルの駐車場に停めるのもありです。

ただ長時間駐車していると、従業員に追い出されるかもしれないので注意してください。

 

入る撮影の場合は、どうしても後ろからの撮影になってしまいますので正面からの撮影は出来ないことが殆どです。

正面から撮影できなくても、服装や持ち物、背格好で2人と判断できれば問題ありません。

 

その代わりに出る時には顔がはっきり分かる様に撮影しましょう。

 

難易度が高いホテル内部での撮影

どこを探しても撮影できる場所がない場合には、ホテルのエントランスでの撮影となります。

 

かなりリスクは高くなりますが、肝がすわっている協力者がいれば難なくこなせるかもしれません。

この場合の撮影はカメラを加工する必要があります。

 

セカンドバックの横にビデオカメラのレンズが出る穴を開けて、バックの中にカメラを仕掛けておきます。

お金に余裕があるなら、小型のビデオカメラ(3万円ぐらい)を購入してもいいでしょう。

 

後は協力者にホテルの中に入ってもらい、2人でいるところを撮影してもらえばいいのです。

協力者がカップルでホテルに入れればいいのですが、カップルが無理なら1人でも問題ありません。

 

ホテルのエントランスで待ち合わせをしている振りをして、時計でも見ていれば疑う事はしないでしょう。

バックを2人の方向に向ければ撮影ができるので、これでホテルへ入る証拠は撮影できます。

 

撮影する時はホテルとわかる背景も撮影する。
必ず2人が一緒のところを撮影する。

 

浮気の証拠はホテルから出るところが1番重要

a0002_006420

 

ホテルから出るところは入る時より難しくなく、正面から出てくるところを撮影すればいいだけです。

 

車から撮影するのが1番失敗がないので、ホテルの入口が映るところに車を停めて待機していて下さい。

出るタイミングは対象となる人物、もしくは車が事前に動き出すことを確認できれば尚更いいですね。

 

協力者は多ければ多いほど成功率は高くなるのですが、無理であれば入り口に気を集中して張り込んで下さい。

 

タイミングが合えば確実に証拠がとれる撮影方法

この方法を使えば、確実に証拠撮影ができます。

ただし、タイミングが合わなければ失敗に終わってしまうので、集中力が必要です。

 

その方法は、出てくる車の前をふさぐようにタイミングよく入っていき、後部座席のから撮影すればいいのです。

日中の場合には対向車の後部座席まで見える事がありますので、撮影方法を工夫して下さい。

 

カメラを衣類などで隠したりすれば、気付かれずに撮影出来ます。

夜間では対象車両にヘッドライトを向けるため、まぶしくてこちらの車の中は全く見えません。

 

堂々と正面からの撮影が簡単に出来てしまいますので、日中よりも楽に撮影する事ができます。

 

※注意点

  1. 撮影する場合は運転席や助手席からではなく、目立たない後部座席から撮影しましょう。
  2. 撮影する時はホテルとわかる背景も撮影する。
  3. 必ず2人が一緒のところを撮影する。
  4. ビデオカメラは常に録画状態にしておきましょう。
  5. 必要に応じてズーム機能を使いましょう

 

ホテルの撮影だけで終われない、浮気相手は一体誰なのか

浮気の証拠の撮影が成功しても、浮気相手がわからなければ慰謝料請求もできません。

 

浮気相手の自宅を知らなければ、内容証明郵便を送りつけることができません。

浮気相手の所在を特定するための重要な調査が「尾行」です。

 

「尾行なんて難しくてできない!」

そんな風に思われていませんか?

 

よく考えてください。あなたにはGPSがあります。

このために、リアルタイムGPSを用意してあるのです。

 

リアルタイムGPSを使った尾行

 

浮気相手の所在を特定をするのに(特殊な場合を除いて、)時間はあまり掛かりません。

 

リアルタイムGPSがあれば、ホテルを出てどこに向かっているのかを全て教えてくれるからです。

ホテルから出たら、一定の間隔を空けて追跡を始めていくのですが、気づかれないようにするには、間に1台挟んで尾行をすることです。

 

交差点や信号に差し掛かったら「曲がるかもしれない!」と、必ず意識を集中させてください。

そうすることで、不意な進路変更にも対応できます。

 

車から降りた浮気相手の尾行

a1180_0104081

 

車から浮気相手が降りたら、浮気相手の尾行に切り替えます。

相手が自分の車で移動するのか、それとも徒歩なのかで尾行手段が変わってきます。

 

 

尾行する場合は、ある程度一定の距離を保ちながら気付かれないように尾行していきましょう。

基本は相手の足に視線を持っていくと、不意に振り返られても目を合わせることはありません。

 

 

尾行は浮気相手が家に入るまでを確認して下さい。

マンションであれば、どの部屋に入ったかを確認してください。

 

家の状況から既婚者なのか未婚なのかも、ある程度判断できると思います。

浮気相手の職場を知りたい場合には、浮気相手の自宅から尾行する事で判明します。

 

ここまでできれば浮気調査も終わりになります。

GPSの機能の比較やレンタルに関しては、GPSを使って浮気調査をする簡単な方法にまとめてあります。

 

 

まとめ

ご自分で調査するにもお金は掛かりますが、探偵に頼むよりは安くなります。

 

それは結果がとれるということが前提になるのです。

最後まで読まれた方は自分で調査をするのはかなりの労力が必要だという事がわかったのではないでしょうか。

 

ホテル付近での張り込みは、近隣住民に怪しいと思われて通報される事もありますので十分に注意が必要になります。

今回は簡単な調査方法を紹介いたしましたが、ご自分で調査をやって下さいと言うよりは、「調査の難しさを理解して頂くことが目的なのです。」

 

少しでも不安や弱気になってしまうのであれば、絶対にやめておいた方がいいです。

 

 

自分で浮気調査をやる事は、あなたが思っている以上に失敗した時のリスクが大きいのです。

探偵が調査をするよりも相手に気づかれやすく、また気づかれた場合には2度と証拠を取る事ができないと思ってください。

 

探偵も、1度失敗した浮気調査は引き受けることはしません。

たとえ受けてくれたとしても、証拠を取る保証もなく高額な調査料がかかってしまうのです。

 

もう一つの選択としては、自分で調べられるところまでやって、難しいところは探偵に任すほうがいいでしょう。

すべてを探偵に丸投げするよりは、ある程度の情報を集めておくだけで、通常よりもかなり探偵料金を安く済ませることができます。

 

GPSで調べた行動パターンがあれば、日時や場所がある程度わかっているので、その日に的を当てて浮気調査をしてもらえば、浮気調査を安くすることができます。

 

浮気調査を安くする方法は、浮気調査が安い探偵と浮気調査を安くする方法はどっちが得なの?にまとめてあります。

 

 

 

 

 

浮気問題を終わらせるには、真実に向き合う事です

浮気を終わらせるには、真実に向き合っていく事が大切です。

真実を知らなければなにも変わりません。

 

離婚するにも、やり直しをするにも

真実を知って受け止める事が必要です。

 

 

浮気問題を誰にも言えず、一人で抱え込んでしまっていませんか?

探偵会社はそんなあなたの悩みを親身になって聞いてくれます。

 

浮気問題は一人で抱え込まず、誰かに相談することが解決に向けての最初の一歩です。

 

このサイトでは、「探偵選びは難しい!」と感じている方に向けて、「失敗しない探偵選び」の情報を発信しています。

探偵から見て「ここなら大丈夫!」自信をもって、おすすめできる探偵社を厳選致しましたのでご覧ください。

 

探偵探しのタントくん

無料相談・無料見積り 24時間365日対応 即日当日調査 対応エリア
対応可能な探偵を紹介 全国対応
相談実績 弁護士紹介 仲介手数料
10,000件 無料紹介 無料

探偵さがしのタントくんが『Best Happy Award 2017』グランプリを受賞!

 

「探偵に依頼したい相談者さま」と「探偵」を仲介するサービスである、探偵さがしのタントくん。

絶賛放送中のTV番組「Girls Happy Style」では、「困ったときにあると便利なアイテム特集」で『Best Happy Award 2017』グランプリに選ばれました!

 

「探偵さがしのタントくん」は優良探偵事務所と提携。

お客様のニーズに合った探偵事務所を無料でご紹介!

 

お客様が一番心配な費用の問題を、価格交渉!丁寧に応対。何度でもご利用できます。

中立的な立場で最適なアドバイスをしてくれます。

 

 24時間365日お問い合わせ・通話無料

 優良探偵事務所を無料でご紹介!

 

プロと主婦が選ぶおすすめ探偵!総合評価BEST-3

主婦からの依頼数が多い探偵は、比較的料金が低価格で、調査力がある探偵となっています。また、調査後の無料サポートも絶対の条件となっています。

  • 1度他社で見積りをしたが料金が高いと感じた方
  • 調査はしたいが料金が明確でなく不安な方
  • 他社と比較検討している方
  • 調査だけでなくアフターフォローなどのサポートが欲しい方

原一探偵事務所

ranking1

絶対的な調査力!
創業40年の実績で弁護士からも「証拠がとれる探偵」として推薦されるほど信頼できる探偵です。

会社名 原一探偵事務所
対応地域 全国対応 
無料相談 電話相談、メール相談も可
メディア実績

徳光和夫「逢いたい」「実録犯罪列島!」

ハンゲキ、アッコにおまかせ、

テレビ番組調査実績成功事例多数

料金体系

1日80,000円~

無料相談・無料見積り 24時間365日対応 即日当日調査 対応地域
対応可能 全国対応
相談実績 弁護士紹介 クレジットカード
100,000件以上 無料紹介

 通話料無料!24時間無料相談窓口(※スマホサイトをご覧の方はタップでつながります。)

総合探偵社AMUSE

業界屈指の低水準の料金設定!
失敗したら0円期間限定キャンペーン実施中!

会社名 株式会社AMUSE
浮気徹底調査隊AMUSE
代表者 對馬一喜
対応地域 全国対応
メディア実績

TBS
★モニタリング

主婦と生活社「週刊女性」
★『オススメ探偵社』

料金体系 1時間/1名7,500円
無料相談・無料見積り 24時間365日対応 即日当日調査 対応地域
全国対応
相談実績 弁護士紹介 クレジットカード
1,200件 無料紹介

通話料無料!24時間無料相談窓口(※スマホサイトをご覧の方はタップでつながります。)

総合探偵社TS

 夫婦の修復を考えている方におすすめの探偵社!
夫婦カウンセラー在籍でアフターサポートが充実

会社名 総合探偵社TS
代表者 平本 卓裕
対応地域 全国対応
メディア実績

フジTV「ハンゲキ〜怒涛の4時間SP〜 」

主婦と生活社「週刊女性」

『安心してください、調べますよ!』
お宅の旦那は大丈夫??レッツ・浮気調査!」

 

料金体系

1時間/1名5,400円

無料相談・無料見積り 24時間365日対応 即日当日調査 対応地域
対応可能 全国対応
相談実績 弁護士紹介 クレジットカード
10,000件 無料紹介

通話料無料!24時間無料相談窓口(※スマホサイトをご覧の方はタップでつながります。)

-自分でできる浮気調査
-

Copyright© 浮気調査・探偵の選び方|【旦那の浮気を見破る方法】 , 2018 All Rights Reserved.