浮気調査の料金

浮気調査の料金を1番わかりやすく解説|探偵料金の仕組みがわかる!

更新日:

 

探偵の料金は特殊技術を伴う事もあり、依頼者の状況に合わせて変動していくので大変わかりづらくなっています。

探偵社の料金表を見ても、実際にいくら掛かるのかはわかりづらいと思います。

 

このサイトでも浮気調査の料金についていくつか説明してきましたが、わかりづらいと指摘を受けましたので誰でも分かる様に簡単にしてみました。

各単価の説明では探偵の全国平均の調査料金を例にあげていますので、実際の調査料金と変わらないぐらいに説明していきます。

 

ただ、探偵の調査料金は各状況によって変動していきますので、あくまでもこれぐらいだろうと言う認識でお願いいたします。

 

浮気調査の料金っていくら?

浮気調査の料金は個々の状況によって変わってきます。

簡単な調査と警戒心が強い対象者の調査を、同じ金額で調査をする事ができないからです。

 

浮気調査の料金がいくらかかるのかは 浮気調査料金 で詳しくまとめてあります。

 

探偵の浮気調査の料金の計算方法は大きく分けると3つ

 

探偵の料金の基本となるベースは人件費+経費となり、その合計金額が調査料金となります。

人件費 調査員
経費 交通費、宿泊費、車両費、燃料費、高速代、通信費、機材費、報告書作成費等の必要経費
1日の調査料金 10万円前後

探偵の調査料金の違いは料金の算出方法だけで、合計の金額はそんなに差はありません。

その算出方法を大きく分けると次の3つになります。

 

この3つの計算方法で、探偵は調査料金の合計金額を出しているのです。

 

探偵料金の計算方法

  1. 時間制
  2. 日毎制(パック料金)
  3. 成功報酬制(着手金+成功報酬)

では、この各算出方法の簡単な説明とポイントをご覧ください。

 

1時間毎に料金が加算される時間制

時間制はその名の通り1時間の料金単価が決まられていて、調査に費やした時間によって料金が加算されていきます。

一見無駄の無い様に思えますが、探偵社毎に決まりがあり、そこを理解していないと逆に損をしてしまいます。

 

一般的な時間単価の例を挙げてみると1時間あたり1名8,000円から10,000円となっています。

但し、通常浮気調査をするには最低でも2名は必要となりますから1時間あたりの料金×2名となります。

 

そこに、経費(車両代、機材代、報告書作成費)が加算された金額が調査費用となります。

 

2名体制の料金例

1時間8000円×2名×3時間=48000円(経費込み)

3名体制の料金例

1時間8000円×3名×5時間=120000円(経費込み)

 

時間制は2名体制の短時間調査なら安くなる

時間単価の場合は1時間毎の区切りをつけて調査を行うので料金体系が分かりやすく無駄がありません。

帰りが遅いご主人の帰宅時間に合わせて尾行をしてもらう等、見たいところだけを見ることが出来るのが利点ですね。

 

当日調査や即日調査でも、使った時間だけで精算されますので、短い時間で結果が取れるなら時間制はコスパに優れています。

 

時間制は長時間の調査や増員で料金は高くなる

簡単な調査の場合は時間単価の方が安く済むことが多いのですが、調査員を3名以上要する調査では高くなってしまいます。

時間単価の料金は1名あたりの金額になりますので、増員すればその人数に対しての人件費が加算されていきます。

 

長期的な調査(5日以上)や何も分からない状況での調査の場合は、1日単価の方が安く済む場合が多いです。

 

ポイント
各探偵社毎に1日の最低時間が定められています。殆どの探偵社では3時間からの調査になりますから、1時間だけの調査は引き受けてもらえません。

※総合探偵社TSさんは1時間からの調査が可能です。

通常調査をする場合は最低2名体制で行います。これは尾行時に気付かれそうになった時や思い掛けない事態のリカバリー要員として必要になります。

通常の調査の場合は2名で事が足りますが、難しい調査の場合には3名は見ておいた方がいいかもしれません。

 

1日の込みの料金が決まっている日毎制(パック料金)

日毎制は1日の調査に必要な人員や経費を含めたパック料金制になっています。

調査に掛かる日数から調査料金の合計を見積もりますから、追加料金が掛からず料金がはっきりしているので安心して調査をお願いできます。

 

日毎単価の1日の料金が10万円前後となっていて、探偵の全国平均の1日の料金15万円と比較しても低水準になっています。(当サイト推薦探偵社Hと比較)

 

1日の単価+経費=(パック料金)×調査日数

例:1日10万円+(経費5万円)=15万円

3日間の調査

30万円+(経費5万円)=35万円

 

1日の平均時間は探偵社によって違いはあまりなく、平均で6時間前後となっています。

例えば、1週間のうち土日は家にいるけど平日に浮気している可能性が高いとします。

 

この場合は土日以外の何曜日と特定できませんので、月曜から金曜日の5日間を見る必要があります。

1日単価が10万円としたら、5日間で50万円+初期費用(5万円前後)の見積となります。

 

浮気調査は100万以上掛かるというイメージがありますが、思ったほど高くはありません。

 

追加料金が掛からない定額料金の日毎制

日毎制(パック料金)の場合は、別名委託式ともいわれている事から、その調査に必要な事は料金に含まれています。

そのために、時間単価と違い追加料金が掛からない事が魅力です。

 

基本料金の中に必要経費(人件費、機材代、報告書作成費他経費)が含まれていますから、余程の事が無い限りは追加料金を請求される事がありません。

(当サイトの推薦探偵社を目安にしています)

 

最初の相談時に調査計画を立てから調査料金を見積りますので、調査終了後に見積金額以上の追加料金が発生しません。

 

短時間でも1日料金!3時間の調査は高くなる

日毎制(パック料金)の場合は、時間単価の様に時間毎に区切りがないため、短時間で結果が出た場合でも1日分の料金が掛かります。

良心的なところは調査を打ち切らずに、余った時間でサービス調査をしてくれる事もあります。

 

ポイント
 日毎制の場合は短時間で結果が出た場合でも、1日分の料金は掛かります。 しかし、殆どの浮気調査は1日で結果が取れることはありません。明らかに浮気していることが明確で、時間や場所、相手もわかるような場合は1日で結果が取れる事もあります。

 

調査の結果に応じて支払う成功報酬制

成功報酬制は最初に着手金を支払い、調査の結果に応じて報酬を支払う体系となっています。

基本的には人探し等の所在調査や身元調査などで摘要されます。

 

先に着手金を支払い、成功したら残りの成功報酬を支払うシステムになります。

この成功報酬は、よく弁護士の料金算定方法で使われています。

 

慰謝料請求を例に上げると、最初に着手金を支払います。

そして相手方と慰謝料の交渉をして、無事成立したら慰謝料の20%が成功報酬となります。

 

完全成功報酬は、料金後払いで調査が失敗に終わったら報酬が発生しないシステムになっています。

こちらは探偵側にはかなりのリスクが生じるので、受けられる案件には条件があります。

 

その条件とは、「浮気をしている事は確定していて証拠を掴みやすい」事です。

浮気をしているかどうかわからない状況では失敗する確率が大きいので、そういった場合は完全報酬では受けられません。

 

また成功報酬の金額もリスク配分がされているので、通常の調査料金よりも高額になるケースが多いのも事実です。

 

成功報酬:着手金+成功報酬

例:着手金30万円+成功報酬70万円

完全成功報酬

例:100万円(着手金なしで調査成功時に全額支払う)

 

人探しや家出人調査で摘要される成功報酬

成功報酬制は人探しや行方不明者の捜索など、足取りを掴めない状況での調査で摘要されます。

事件性のない行方不明者の捜索の殆どは、警察では力になってくれません。

 

だからと言って、自力で探す事は相当な困難な事となります。

そんな時に頼りになるのが探偵です。

 

実は、人探しは探偵の得意分野でもあります。

警察に引けを取らない独自の情報網や調査技術を駆使して発見活動を致します。

 

ただ、何の情報もない状況での人探しは、探偵でも難しい事です。

そういう場合に適用されるのが、成功報酬制なのです。

 

着手金が探偵の調査の経費になり、発見したら成功報酬を支払うシステムです。

依頼者と探偵の相互のメリットを考慮してつくられた料金体系になります。

 

失敗したら0円!成功報酬制の落とし穴

最近では浮気調査でも成功報酬制を適用している探偵社が目立ちますが、殆どが集客目的の誇大広告と考えています。

通常探偵では、人探しや家出人捜索など見つかる確率が低い場合に成功報酬制を採用します。

 

初期費用として着手金を支払い、見つかった時に残りの成功報酬を支払います。

浮気調査で成功報酬を採用するには、何をもって成功なのかが重要になります。

 

よく見かける広告で「失敗したら0円」と書かれているのが成功報酬制になります。

成功報酬制は浮気調査では、あまりおすすめ出来ない料金算出方法です。

 

何故かと言うと、探偵事務所のリスク配分がきちんと出来上がっていて、失敗してもマイナスにならない仕組みに答えがあるのです。

 

一般的に理解されている成功報酬制とは、浮気調査が失敗に終わったら調査料金を支払わなくて済むと言う事ですね。

この料金制度は依頼者にとっても、不満がないと思います。

 

しかし、探偵の成功報酬は1番トラブルが多い料金体系で、「何が失敗で何が成功なのか?」そこをきちんと決めておかなければ、探偵側の成功の定義を一方的に押し付けられてしまいます。

それによって、調査結果が不十分であっても「調査は成功しました。」と言われれば、料金を支払わなければいけません。

 

浮気調査で成功報酬制の探偵を選ぶなら、きちんと信頼できる探偵を見極める必要があります。

 

ポイント
「結果が取れなければ0円」と書いてあれば、失敗したらただで浮気調査をやってもらえると勘違いしてしまいますよね。 あくまでも結果が取れなければです。この結果とは何を指すのかが重要なんです。 浮気調査の場合は、「浮気をしていなかった」もしくは「浮気相手と会っていなかった」等、これらも立派な結果になりますので、料金は請求されてしまいます。 この結果自体はきちんと調査をやった結果ですから何も問題はないのですが、「結果が取れなければ0円」と掛かれていれば損がないと思ってしまいますよね。 これは言い方の問題で、得にも損にもなっていないのです。 この事を理解すると、他の単価制の料金と違いがないことが理解できます

 

浮気調査で追加料金が掛かる場合はどんな時?

  • 交通費:新幹線や飛行機代
  • 追加調査費:契約時間を超えての調査
  • 宿泊費:ホテルや旅館の代金
  • 潜入費:飲食店などの利用料

※人員の増員による水増し請求や特殊機材を急遽使用するなど悪質な探偵社の手口になります。

浮気調査で追加料金はどんな時に掛かるのかは、知っておいた方がいいでしょう。

 

基本的には探偵業法の「重要事項の説明」でも定められていますので、契約書に記載や説明の無い追加料金は請求してはいけないのです。

重要事項説明書や契約書に記載されていない追加料金が発生した場合には、料金を支払う義務はありません。

 

直ちに最寄りの警察に届出を出せば、探偵業法の違法行為として処罰されます。

 

まとめ

ここまで探偵の料金について説明してきましたが、「結局ところ何が1番いいの?」と思われてしまいますね。

探偵業で最も多いトラブルが料金問題ですから、料金体系や調査料金と言うよりは「信頼できる探偵」を選ぶ事が必要です。

 

探偵は価格の差や料金システムで選ぶと言うよりは、「望んだ証拠が撮れるかどうか」です。

料金面も勿論大切ですが、いくら料金が安くても本来の目的を果たしてくれない探偵に依頼したら、無駄にお金が掛かるだけになってしまいます。

 

「適正価格で調査力があり、信頼できる探偵」これが理想の探偵選びです。

 

元探偵がおすすめする大手探偵社

 

浮気問題を終わらせるには、真実に向き合う事です

浮気を終わらせるには、真実に向き合っていく事が大切です。

真実を知らなければなにも変わりません。

 

離婚するにも、やり直しをするにも

真実を知って受け止める事が必要です。

 

 

浮気問題を誰にも言えず、一人で抱え込んでしまっていませんか?

探偵会社はそんなあなたの悩みを親身になって聞いてくれます。

 

浮気問題は一人で抱え込まず、誰かに相談することが解決に向けての最初の一歩です。

 

このサイトでは、「探偵選びは難しい!」と感じている方に向けて、「失敗しない探偵選び」の情報を発信しています。

探偵から見て「ここなら大丈夫!」自信をもって、おすすめできる探偵社を厳選致しましたのでご覧ください。

 

探偵探しのタントくん

無料相談・無料見積り 24時間365日対応 即日当日調査 対応エリア
対応可能な探偵を紹介 全国対応
相談実績 弁護士紹介 仲介手数料
10,000件 無料紹介 無料

探偵さがしのタントくんが『Best Happy Award 2017』グランプリを受賞!

 

「探偵に依頼したい相談者さま」と「探偵」を仲介するサービスである、探偵さがしのタントくん。

絶賛放送中のTV番組「Girls Happy Style」では、「困ったときにあると便利なアイテム特集」で『Best Happy Award 2017』グランプリに選ばれました!

 

「探偵さがしのタントくん」は優良探偵事務所と提携。

お客様のニーズに合った探偵事務所を無料でご紹介!

 

お客様が一番心配な費用の問題を、価格交渉!丁寧に応対。何度でもご利用できます。

中立的な立場で最適なアドバイスをしてくれます。

 

 24時間365日お問い合わせ・通話無料

 優良探偵事務所を無料でご紹介!

 

プロと主婦が選ぶおすすめ探偵!総合評価BEST-3

主婦からの依頼数が多い探偵は、比較的料金が低価格で、調査力がある探偵となっています。また、調査後の無料サポートも絶対の条件となっています。

  • 1度他社で見積りをしたが料金が高いと感じた方
  • 調査はしたいが料金が明確でなく不安な方
  • 他社と比較検討している方
  • 調査だけでなくアフターフォローなどのサポートが欲しい方

原一探偵事務所

ranking1

絶対的な調査力!
創業40年の実績で弁護士からも「証拠がとれる探偵」として推薦されるほど信頼できる探偵です。

会社名 原一探偵事務所
対応地域 全国対応 
無料相談 電話相談、メール相談も可
メディア実績

徳光和夫「逢いたい」「実録犯罪列島!」

ハンゲキ、アッコにおまかせ、

テレビ番組調査実績成功事例多数

料金体系

1日80,000円~

無料相談・無料見積り 24時間365日対応 即日当日調査 対応地域
対応可能 全国対応
相談実績 弁護士紹介 クレジットカード
100,000件以上 無料紹介

 通話料無料!24時間無料相談窓口(※スマホサイトをご覧の方はタップでつながります。)

総合探偵社AMUSE

業界屈指の低水準の料金設定!
失敗したら0円期間限定キャンペーン実施中!

会社名 株式会社AMUSE
浮気徹底調査隊AMUSE
代表者 對馬一喜
対応地域 全国対応
メディア実績

TBS
★モニタリング

主婦と生活社「週刊女性」
★『オススメ探偵社』

料金体系 1時間/1名7,500円
無料相談・無料見積り 24時間365日対応 即日当日調査 対応地域
全国対応
相談実績 弁護士紹介 クレジットカード
1,200件 無料紹介

通話料無料!24時間無料相談窓口(※スマホサイトをご覧の方はタップでつながります。)

総合探偵社TS

 夫婦の修復を考えている方におすすめの探偵社!
夫婦カウンセラー在籍でアフターサポートが充実

会社名 総合探偵社TS
代表者 平本 卓裕
対応地域 全国対応
メディア実績

フジTV「ハンゲキ〜怒涛の4時間SP〜 」

主婦と生活社「週刊女性」

『安心してください、調べますよ!』
お宅の旦那は大丈夫??レッツ・浮気調査!」

 

料金体系

1時間/1名5,400円

無料相談・無料見積り 24時間365日対応 即日当日調査 対応地域
対応可能 全国対応
相談実績 弁護士紹介 クレジットカード
10,000件 無料紹介

通話料無料!24時間無料相談窓口(※スマホサイトをご覧の方はタップでつながります。)

-浮気調査の料金
-

Copyright© 浮気調査・探偵の選び方|【旦那の浮気を見破る方法】 , 2018 All Rights Reserved.