浮気調査の料金

探偵料金のここを知っておけば損をしない 安い料金は気を付けよう

更新日:

 

探偵の料金体系はHPに出している料金表では、全てを把握できません。

正確な調査費用を打ち出すには、個別に面談をして調査計画から割り出していかなければ正確な料金がわからないのです。

 

探偵の料金比較をするのに、よく相見積もりをした方がいいよって聞きますよね。

しかし、相見積もりを取るには、数社の探偵社に何度も足を運ばなければいけないのです。

 

浮気問題は時間との勝負です。「今日、明日浮気するかもしれない?」そんな時に、時間と労力を掛けて数社に足を運ぶ人は少ないのです。

 

そのため、殆どの方がネットで検索して、最初に目に付いた1社目で依頼を決めてしまいます。

そこが探偵事務所の狙い通りなのです。

 

例えば、「1時間1名3000円、追加料金は一切掛かりません。」こんな広告を見たら誰でも安いと思って気になってしまいますよね。

1時間1名3000円なら、他の探偵社半分以上でで済んでしまいます。

 

それが怪しいと思っていても、他の探偵社は頭に入らなくなってしまい、3000円と言う安さに惹かれて問い合わせをしてしまいます。

これは、探偵の料金が高いと思っている方に多い先入観となります。

 

現在探偵の料金表を見てみると探偵の全国の料金相場が、1時間1名8,000円~10,000円です。それと比べると、1時間1名3,000円で調査を頼めるならものすごく魅力的です。

はたして、本当にお得なのかどうかと言ったところなのですが...

 

1時間1名3,000円で調査ができるとしたら、1日8時間調査しても24,000円で済むはずですよね。

でも、そんな事を考えているあなたは探偵のトラブルに巻き込まれてしまいますよ。

 

探偵料金の簡単な数字のトリック

料金表の1時間1名3,000円と書いてあったら、注意しないといけない事があります。

  1. その調査に調査員が何名必要なのか?
  2. 経費は込みなのか?
  3. 車両代金は入っているのか?
  4. 深夜割増は掛からないのか?
  5. 交通費は実費精算になるのか?
  6. 調査は何時間から依頼できるのか?

調査員は何名必要なのか

時間課金制の料金形態の探偵にありがちなのですが、料金表の表示が1名1時間○円となっています。

 

1名あたりの料金表示しかしていないので、一見安そうに見えますが調査は1名ではできません。

最低でも2名体制となっているので、1時間当たりの単価×2で計算しなければいけません。

 

そうすると、1時間当たりの単価×2名で計算された方が間違いがないかもしれません。

中には5名体制で契約をさせる高額な調査料金の探偵社もいますので、たとえ表示金額が安くても最終的には高くなるケースが報告されています。

 

車両は何台使っても追加は掛からないのか

良心的な探偵は、わかりやすくするために経費込みの調査料金になっていますが、安い料金だと車両費は別途計算のところが殆どです。

 

車尾行の際に、同じ車で尾行を続けていれば気付かれてしまいますよね。

必然と車両の入れ替えが求められます。

 

その他にも緊急で車両を2台使わなければいけない状況だったら、その車両代は追加料金になるのかも気になるところですよね。

パック料金や1日単価の場合は、全て込みになってるもが標準ですが、時間単価で安い設定では、それも追加になる事があります。

 

深夜早朝料金は加算されるのか

深夜早朝料金は労働基準法でも定められている事で、深夜11:00~早朝6:00に労働する場合には割増料金を2割五分以上とするとなっています。

 

全ての探偵事務所が割増料金が掛かるわけではありません。

深夜早朝割増料金を設定していないところもあります。

 

この、深夜早朝割増料金は各探偵社によって設定が違いますが、1名1時間1,000円位の設定になっています。

見積もり時に確認しておくといいでしょう。

 

調査の最低稼働時間

時間単価は各探偵社によって最低調査時間が決められています。

最低調査時間とは、「調査を依頼する時間が最低何時間からか?」と言う事なのです。

 

※最低稼働時間とは、探偵社が定めている調査を受けられる最低時間の事。

 

例えば、その日の1時間だけ調査をお願いしたいと思っても、その探偵事務所の最低稼働時間が5時間だったら5時間分の調査料金が掛かります。

この最低時間を3時間から設定している探偵社が一般的なのですが、中には5時間や8時間と言ったぼったくりに近い設定をしているところもあります。

 

最低時間が5時間の探偵社と8時間の探偵社とでは最終的に料金に大きな差が生じてくるのです。

例えば、2名1時間15,000円の探偵社A,Bに5時間の調査を依頼したとします。

 

A社は最低時間が5時間で、B社は最低時間が8時間とします。

その場合に金額にどれだけの差が生じるのかをご覧ください。

 

A社(最低調査時間5時間)

2名5時間×15,000円=75,000円

B社(最低調査時間8時間)

2名5時間×15,000円=120,000円

 

A社は最低調査時間が5時間ですから区切りがいい事が分かります。

B社の最低時間は8時間になっていますので、例え調査が5時間で終わっても8時間分の料金が掛かる事になります。

 

これによって、最低調査時間の設定が短いほど無駄がない事が分かります。

最低稼働時間が8時間からの場合には、後1時間見てもらえれば証拠が撮れるような時にも追加料金は8時間分掛かってしまいます。

 

時間単価の料金比較

次に時間単価のA社とB社の料金を比較してみましょう。

A社が1時間1名3,000円の設定で、B社が1時間1名8,000円の設定となっています。

 

A社

1名1時間3,000円

B社

1名1時間8,000円

 

料金だけを見るとA社の方に目を向けてしまいますよね。

時間単価によくありがちな追加料金を付け加えて比較してみます。

 

どちらも同じ夜の8時から深夜の1時までの5時間の調査をした場合に、料金にどれだけの差が出るか見てみましょう。

 

A社

1名1時間3000円×2名=6000円

調査時間(20:00~1:00)5時間

2名5時間=30,000円+経費40000円

夜間割増(20時以降)+1時間2000円

諸経費実費計算:高速費、飲食費他

合計金額=1名5時間5000円(深夜割増1時間2000円含む)×2名=10000円

10000円×5時間=50000円+経費40000円+諸経費20000円

=110,000円

合計金額:110,000円

 

B社

1名1時間8000円×2名=16000円

調査時間5時間(20:00~1:00)

2名5時間=80,000円(経費込み)

合計金額:80,000円

 

時間単価の場合は人件費以外に掛かる金額によって合計金額が変わってきます。

A社の場合は1時間当たりの単価が安い代わりに、経費や諸経費(実費精算分)と深夜割増が掛かります。

 

それによって、一見安いと思ったA社の請求金額はB社よりも高い金額となってしまいます。

B社は人件費(経費込み)の料金体系ですから凄くわかりやすくなっています。

 

まとめ

今回は、わかりにくい調査料金の仕組みを簡単に説明してみました。

全てがそうだと言う事ではありません。

 

安く見せておいて、最終的には高額請求をするやり方はどの業界にもたくさんいます。

探偵の料金表は、あくまでも目安です。

 

正確な料金はその人の状況によっても変わってきますので、必ず探偵事務所に足を運んでから、正確な見積もりを出してもらいましょう。

 

無料相談で確認する事。
  1. その調査に調査員が何名必要なのか?
  2. 経費は込みなのか?
  3. 車両代金は入っているのか?
  4. 深夜割増は掛からないのか?
  5. 交通費は実費精算になるのか?
  6. 調査は何時間から依頼できるのか?

 

調査に付随する料金がわかれば、「最初と話が違う!」そんなトラブルになりません。

相場よりも安過ぎるところは、注意した方がいいでしょう。

 

覚えてほしいのが、短時間の調査であれば時間課金制の探偵で、数日を見てもらいたい場合には、追加料金が掛からない1日単価やパック料金制の方がいいですね。

その方が料金を気にせずに、安心して調査を任せられます。

 

このサイトでも取り上げている総合探偵社TSさんは、1時間からの調査が可能で、1時間16,200円、調査は3名~5名体制で行ってくれます。

原一探偵事務所は1日単価のパック料金で、追加料金なしで安心しておまかせできます。

 

各探偵社の料金比較はこちらから

探偵をお探しならお任せください

 

探偵に頼みたいけど、どの探偵に頼んでいいのかわからない...

料金はいくら掛かるのか、探偵って怪しくないの?そんな不安や疑問に答えてくれて、あなたにぴったりの探偵を探してくれます。

 

探偵探しのタントくん

タントくんLP

「探偵に依頼したい相談者さま」と「探偵」を仲介するサービスである、探偵さがしのタントくん。

絶賛放送中のTV番組「Girls Happy Style」では、「困ったときにあると便利なアイテム特集」で『Best Happy Award 2017』グランプリに選ばれました!  

 

「探偵さがしのタントくん」は優良探偵事務所と提携。お客様のニーズに合った探偵事務所を無料でご紹介!

お客様が一番心配な費用の問題を、価格交渉!丁寧に応対。何度でもご利用できます。

中立的な立場で的確なアドバイスをしてくれます。

 

24時間365日お問い合わせ・通話無料

優良探偵事務所を無料でご紹介!



スマホでご覧の方はタップでつながります。

 

プロと主婦が選ぶおすすめ探偵!総合評価BEST-3

主婦からの依頼数が多い探偵は、比較的料金が低価格で、調査力がある探偵となっています。また、調査後の無料サポートも絶対の条件となっています。

離婚、夫婦のやり直し、慰謝料請求の問題はお任せください。

 

原一探偵事務所

ranking1

TVでおなじみの原一探偵事務所

調査料金:1日単価 80,000円~

5000社以上存在する探偵社の中で、信頼できる探偵事務所は数えるくらいしか存在しません。その中でもお客様の信頼が1番高いと言われているのが原一探偵事務所です。創業40年の実績で弁護士からも「証拠がとれる探偵」として推薦されるほど信頼できる探偵です。

 

 通話料無料!24時間無料相談窓口(※スマホサイトをご覧の方はタップでつながります。)

総合探偵社AMUSE

業界屈指の低水準の料金

調査料金:時間単価 1時間/1名7,500円

総合探偵社AMUSE(アムス)では、調査結果には絶対の自信がありますので、「調査対象者を見失った」、「調査対象者に気づかれた」という理由で証拠が掴めなかったら、全額返金します、というキャンペーンを行っております。探偵料金に不安がある方は、「尾行を失敗したら0円」キャンペーン中の今がチャンス!

 

通話料無料!24時間無料相談窓口(※スマホサイトをご覧の方はタップでつながります。)

総合探偵社TS

夫婦のやり直しのプロ

調査料金:時間単価 1時間/1名5,400円

ユーザーが不安を抱えているのは調査終了後の夫婦の仲が気まずくなることではないでしょうか。総合探偵社TSでは夫婦カウンセラーの資格を持つ専門カウンセラーが調査後の夫婦の仲を無料で取り持って頂けますから復縁を希望される方には強い味方となります。離婚を希望される場合は話し合いの有利な進め方のサポート、離婚専門弁護士を無料で紹介してくれます。また、調査後に浮気相手と会っていないかも無料で確認してくれます。

 

通話料無料!24時間無料相談窓口(※スマホサイトをご覧の方はタップでつながります。)

-浮気調査の料金
-

Copyright© 浮気調査探偵の選び方|旦那の浮気を見破る方法 , 2019 All Rights Reserved.