旦那の風俗通いは浮気になる?その心理と法律的な視点から見た解説

田中 好太郎

風俗は浮気になる?
田中好太郎

田中 好太郎

【経歴】 日本最大級調査会社の探偵 【実績】 浮気調査・人探し。アドバイザー 【現在】 浮気探偵ナビの監修

「風俗は浮気になるか否か?」この問いについて、男女の意見や風俗利用の背景、夫婦間の理解について解説します。

風俗通いはセックスレスや性癖、プロなら浮気にならないという誤解など、さまざまな動機が存在します。

男性から見れば風俗は浮気ではないと思う人が多い一方で、妻から見た風俗利用はどうなのでしょうか。また、風俗と浮気の境界線はどこに引かれるのか、法律はどう判断するのかについても詳しく解説します。

さらに、夫の風俗通いをやめさせるための重要ポイントも紹介。満足のいく性生活の築き方や心の癒し、新鮮な刺激の提供など、夫婦間のコミュニケーションが鍵となります。

浮気探偵ナビでは、風俗と浮気の微妙な関係性について、深く掘り下げて考察します。

田中好太郎
田中好太郎
はじめまして。サイト管理人の田中好太郎です。以前は大手探偵事務所に所属し、主に浮気調査を得意として調査員からアドバイザーを兼任しておりました元探偵です。現在は探偵や浮気調査をメインに記事を書いているフリーライターです。よろしくお願いいたします。
初めまして。田中好太郎の助手を務めている折原と申します。浮気探偵ナビでは、妻は旦那の風俗利用を浮気と感じるについて深く追求していきます。拙い解説でお聞き苦しいところもございますが、どうぞお付き合いのほどよろしくお願いいたします。
折原めぐみ
折原めぐみ

風俗利用が浮気になるか否か?

風俗利用が浮気になるか否か、それは個々の価値観によるところが大きいです。一般的に、パートナーが他の人と性的な関係を持つ行為を浮気と定義する人が多いですが、風俗利用を含むか否かは人それぞれです。

一部の女性は、風俗はプロとアマチュアの違いであり、感情が絡まないため浮気とは言えないと考えます。しかし、他の女性は、パートナー以外の人と身体の関係を持つこと自体が許せないと感じ、風俗利用も浮気に含まれると考えるでしょう。

それぞれの立場から見ると、風俗を利用することが浮気になるか否かは、その人の価値観やパートナーとの関係性、約束事によるところが大きいと言えます。

風俗店のサービス内容から見る浮気の境界線について

風俗店でのサービス内容によって、浮気と見なすか否かが変わる場合もあります。

たとえば、ソープランドのように本番行為が含まれるサービスを利用した場合、妻との約束事によらず、多くの人がこれを浮気と感じるでしょう。

一方で、ヘルスクラブのようにオーラルセックスなど身体的な接触があるものの一線を超えないサービスを利用した場合、これを浮気と捉えるかどうかは人それぞれでしょう。

また、夫に対する配慮や風俗利用の頻度も、浮気の定義に大きく影響します。例えば、妻が風俗利用を許容している場合や、利用が稀である場合は、浮気とは言えないかもしれません。

このように、風俗利用が浮気になるか否かは、個々の価値観や風俗のサービス内容、妻との約束事など複数の要素が絡み合って決まります。

妻から見た風俗利用と浮気

男性が風俗店を利用する行為は、女性からみると納得がいかないこともあるかもしれません。特に、ご主人が風俗店を利用していると知った時、どんな感情が湧くかは、人それぞれ違うでしょう。

しかし、一般的に考えると、ご主人が風俗店を利用していると知った時、信頼関係が裏切られたと感じる方が多いのが現実です。その理由としては、風俗店の利用は「性的な浮気」と見なされることが多いからです。

他の人と性的な関係を持つ行為は、通常、信頼関係の裏切りと見なされることが多いですよね。風俗店でのサービスも、その一部となっています。

また、風俗店の利用は、夫が奥様に対して満足していないという印象を与え、不安や疑惑を生じさせることがあります。風俗店を利用する理由は、性的な欲求の解消だけでなく、ストレスの発散や自己肯定感の向上など、さまざまな要素が関わっています。

しかし、それらが奥様から得られないと感じると、夫への不満や不信感が増大することもあります。 夫が風俗店を利用することに対する心情は、上記のような理由から、否定的な感情を抱くことが多いのが現実です。

夫が風俗店をどのように利用しているのか、またその背後に何があるのかを理解することで、その感情は変わる可能性もあります。次に、その詳細について説明いたします。

夫の風俗通いを理解できる妻はいるのか?

夫の風俗通いを理解できる妻はいるのか?

夫の風俗通いを理解できる妻は確かに存在します。それは、夫婦間の信頼関係や価値観の共有度合いによるところが大きいと言えます。

しかし、その理解が夫婦関係が良好であることを必ずしも意味するわけではありません。

理解できる妻がいる一方で、その理解には様々な背景があります。例えば、夫の性欲を理解し、そのはけ口として風俗通いを許容する妻もいれば、夫の風俗通いに対して無関心な妻、あるいは我慢している妻も存在します。

私は、20代の既婚女性です。

主人とは10年の付き合いですが、私は、風俗なんて絶対に公認できません。
どんな理由を付けられても、絶対に許せないと思います。

主人には、恋愛当初から、「風俗や浮気なんてもっての他であり、女関係で私を不快にさせるようなことは一切しないで。

少しでも不快なことや裏切りだと感じることをしたときは、きっぱり別れます!

もしくは、あんたの目の前で死んでやる!それくらい他の女と関係を持たれるのは、屈辱的!」と言ってきました^^それくらい風俗は嫌ですね^^;

主人は、自由になるお小遣いも5千円で、早朝から深夜まで仕事で、仕事の移動中は必ず電話をしてきて、休日は全て家でゴロゴロして、私について回る人なので、風俗にいくお金も時間も全くありません。
(それはそれでうっとうしいのですが・・・^^;)

主人の場合、あまり高いお金を払ってまで風俗に行きたいと思わないようで、「小遣いがたくさんあっても、お金がもったいない。馬鹿馬鹿しい。風俗なんて、お金の使い道としたら、最後の最後やな。」と言っています。

でも、主人の会社の慰安旅行は、別名、風俗旅行だそうで、ほとんどの男性が、慰安旅行の名目で奥さんにいつもよりも多めのお小遣いをもらって、いつも決まったグループで連れ立って風俗へ行くそうです。

その中には、奥さまが公認している家庭もあるそうです。
奥様は諦めの境地のようですが・・。

50代のある男性なんて、その旅行で風俗に行くために、数週間前から体調を整えるのだとか・・^^;

風俗に行く人、行かない人は、いつも決まっているようです。
風俗通いがやめられない人っているようですね。

教えて!goo

「公認」というより「諦め」という夫婦なら知っています。

「公認」というより「諦め」という夫婦なら知っています。

まさしく夫側は「風俗は浮気ではない」、「ライフワークだ」くらい言っているようです。

妻側は「離婚」する勇気はなくだからといって辞めさせる為のあらゆる手をつくし、万策尽きた・・・という様子です。

夫婦生活があるかどうかまではしりませんが、自分のところに戻ってくる、本気ではない、だから見てみぬふり。というのが風俗通いの夫と一緒にいる妻の心理かと。

しかし私なら本気だろうが遊びだろうが、他の女と寝た後に触られるのは気持ち悪くて絶対嫌です。

教えて!goo

男性で「風俗は浮気ではない」と思う人はかなり多いと思います

始めまして 二児の母です。
34歳、結婚15年を迎えます。

>男性で「風俗は浮気ではない」と思う人はかなり多いと思います
*****私の周囲には 女性の方が そぅ思ってますね。
逆に 当人は完全にのめり込んでいる と言うか、分かって居ても行く みたいな感じでしょうか。

私の知人は 公認しています。
素人だと 乗り込まれたら面倒、子どもが出来た、、、慰謝料、、、なんて とても面倒ですからね。
だけど 玄人だと 体の関係が早く持ったとなるとあまりつぎ込んでくれる事は無いですよね。 あくまでも商売ですから。
子どもが出来たら と言う事も 客は一人じゃないですから 堕胎するでしょうし。。。
サラリーマンなんかより よっぽど高給取りの女性達ですから 慰謝料なんて騒ぐ事も無いでしょ。

心配なのは 性病ですね。 こればっかりは避けられないですから。
知人の家では 性生活を拒んでます。 風俗通いは公認する変わりに 小遣い範囲(小遣いは毎月7万だそうです)

我が家だったら、と考えると 公認は出来ないけど 素人よりマシだな って思います。

教えて!goo

夫が風俗を利用する背景とその動機について

夫が風俗を利用する背景とその動機について

男性が風俗店に行く理由は様々です。一つには、ご自宅でのセックスレスが原因となることがあります。

夫婦間での性的な関係がないという事実は、男性にとって大きなストレスとなり、そのストレスを解消するために風俗店を訪れることもあるのです。

風俗店は、男性の性的な欲求を満たすだけでなく、女性からの理解や認められることで自己肯定感を高める場ともなっています。

また、風俗店を利用することは、男性が自分の感情を表現する手段の一つともいえます。そのため、風俗店は一時的なストレス解消の場となるります。

しかし、このような事情を理解するのは容易ではありません。なぜなら、それは男性自身が抱えている心の問題であり、口に出して話すのが難しいからです。

風俗店の利用が夫婦間の問題を生むこともしばしばですが、その背後にある心の状態を理解することで、問題解決への道筋が見えてきます。

そのためには、風俗店へ通う行動が、男性の心の叫びであると捉え、その叫びを真剣に受け止め、理解しようとすることも大必要なのかもしれません。

次に、夫が風俗通いをする理由から見た対策を解説していきます。

1. 「セックスレスが風俗利用の背景に」

セックスレスが夫の風俗利用の一因となることがあります。夫婦間の性的な満足度が低下し、夫が性的な欲求を満たすための手段として風俗を利用するケースがあります。これは、夫婦間のコミュニケーション不足や理解不足から来る問題であり、カウンセリングを通じて解決することが可能です。

2. 「プロなら浮気にならないという誤解」

夫が風俗を利用する動機の一つに、「プロなら浮気にならない」という考えがあります。しかし、これは大きな誤解です。風俗の利用は精神的な不貞行為とみなされ、信頼関係の破壊につながります。この誤解を解くためには、夫婦間の価値観の共有や相手の感情を理解することが重要です。

3. 「上司や友人からの影響」

上司や友人から風俗へ誘われることも、夫が風俗を利用する背景となります。社会的なプレッシャーや属するコミュニティの影響は強力で、個々の価値観を曲げる力となります。こうした影響力に対抗するためには、自己主張の力を育てることが必要です。

4. 「主導権を握りたいという欲求」

主導権を握り奉仕されたいという欲求も、夫が風俗を利用する動機の一つです。これは、自身の自尊心や自己効力感を満たすための行為とも言えます。しかし、これは一時的な満足感に過ぎず、長期的な問題解決にはなりません。自己肯定感を高める他の方法を模索することが求められます。

5. 「多くの女性と性行為をしたいという欲求」

多くの女性と性行為をしたいという欲求は、男性の生物学的な本能とも言えます。しかし、これを行為に移すことは、配偶者への尊重や信頼関係を侵害します。欲求をコントロールし、配偶者との関係を大切にすることが必要です。

6. 「妻には言えない性癖があるから」

夫が風俗を利用する背景の一つに、妻には言えない性癖があるというケースもあります。しかし、これは夫婦間のコミュニケーション不足を示しています。性的な欲求や性癖についてオープンに話し合うことで、理解し合い、問題を解決することが可能です。

風俗は浮気になる?男女の意見を比較

風俗は浮気になる?男女の意見を比較

男性と女性の意見は、風俗が浮気に該当するかどうかについて、大いに分かれています。

男性の中には「風俗はサービス業であり、恋愛感情が絡まないから浮気ではない」と主張する人もいれば、「パートナーに隠れて何かをする行為自体が浮気だ」と考える人もいます。

一方、女性の意見もまた様々です。中には「男性が風俗に行くこと自体を許せない」という意見や、「浮気とは違うけれど、それがパートナーにとって不快ならやめてほしい」という意見もあります。

男女ともに、風俗利用が浮気にあたるかどうかは個々の価値観や恋愛観に深く関わっています。次節では、この問題に対する具体的な意見をいくつか取り上げてみましょう。

風俗は浮気になる?男性の意見とは?

「風俗はただのサービス業で、それを利用することは浮気とは違うと思う」(38歳)

「風俗は性欲を満たす手段であり、それを利用することで家庭を守っていると思う」(41歳)

「風俗を利用することは、私のストレス解消方法の一つであり、それが浮気とは思えない」(37歳)

「風俗は一時的な癒やしであり、それを利用することでパートナーに対する気持ちを保てている」(36歳)

「風俗を利用することは、夫婦の関係を壊さずに性的欲求を満たす方法だと思う」(42歳)

「風俗を利用することは、妻に対する愛情を失うことではない。それはただのリラクゼーションだ」(40歳)

「風俗を利用することは、パートナーに対する尊重を失う行為ではないと思う。それはただのサービス業だ」(35歳)

「風俗を利用することは、私にとっては浮気とは違う。それはただのストレス解消法だ」(39歳)

こうした意見を見ると、男性は風俗利用を浮気とは捉えていないことがわかります。

しかし、一部の男性からは理解を示す声もありました。

「妻に風俗を利用することを知られたら、彼女が傷つくと思う。それは僕にとっても辛い。だから、風俗を利用することは浮気だと思う」(37歳)

「風俗で他の女性に触れることは、妻に対する不誠実さを感じる。だから、浮気と言えるだろう」(41歳)

次に女性の意見を見てみましょう。

風俗は浮気になる?女性の意見とは?

「夫が風俗を利用することは許せない。それは浮気と同じだと思う」(35歳)

「風俗は一線を越えている。夫が他の女性と身体の関係を持つことは断じて許せない」(40歳)

「風俗で働く女性も人間。夫がそういう女性を性欲の対象として利用することは、女性として許せない」(38歳)

「風俗はプロのサービスかもしれないけど、それは夫が他の女性に触れることを許可する理由にはならない。それは浮気だ」(42歳)

「夫が風俗を利用することは、私にとって裏切りだ。それは浮気と同じだと思う」(34歳)

「風俗を利用することは、夫が私だけを愛していない証拠。それは間違いなく浮気だと思う」(36歳)

「風俗を利用することは、パートナーへの尊重がない証拠だと思う。だから、それは浮気だと言える」(39歳)

「風俗を利用することは、夫婦の信頼関係を壊す。それは私にとって、浮気と同じだ」(43歳)

こうした意見を見ると、男性と女性の間で風俗利用に対する認識には大きな違いがあることがわかります。

しかし、全ての女性が風俗を利用することを浮気と考えているわけではありません。

「風俗は男性の一部のストレス発散方法だと思う。全ての男性が浮気をするわけではないし、風俗を利用すること自体が浮気とは思わない」(45歳)

「夫が風俗に行くことは許せるけれど、それが頻繁になると問題だと思う。一度や二度なら、男性の性欲を満たすための手段かもしれない」(37歳)

「風俗はプロのサービス。それを利用することは、私たち夫婦の関係に影響を与えない限り、浮気とは言えないと思う」(44歳)

「風俗を利用することは、男性ならではの性欲処理方法だと思う。それが浮気につながるとは思わない」(41歳)

「風俗を利用することは、浮気とは違うと思う。浮気は感情が入っているけど、風俗はただのサービスだから」(38歳)

「風俗を利用することは、男性の性欲を満たすための一つの手段だと思う。それが浮気につながるとは思わない」(46歳)

「風俗を利用することは、私たち夫婦の関係に影響を与えない限り、浮気とは言えないと思う」(39歳)

「風俗を利用することは、男性ならではの性欲処理方法だと思う。それが浮気につながるとは思わない」(42歳)

このように、風俗を利用することを浮気とするかどうかは、個々の価値観や感情に大きく左右されるようです。

風俗利用の定義と浮気の境界線

風俗店の利用がどこから浮気と見なされるのか、その定義は非常に複雑な問題です。風俗店を利用する行為が不貞行為に該当するのか、それともそうでないのか、その判断は個々の人々の感情や価値観に大きく左右されます。

そのため、一概に答えを出すことは難しいのです。しかし、この曖昧さが問題を引き起こすこともあります。

特に、風俗店の利用は夫婦間の信頼関係が崩れるという問題があります。風俗店の利用を不貞行為と考えるかどうかは、その人自身の価値観や感情によるところが大きいのではないでしょうか。

もし、あなたが風俗店の利用を不貞行為と考えるなら、夫の風俗店の利用は、夫婦の関係に深刻な影響を及ぼす可能性があります。

また、法的な視点から見ても、風俗店の利用と不貞行為の境界線の曖昧さは問題となります。

離婚裁判で不貞行為を理由に慰謝料を請求する際には証拠が必要となりますが、風俗店の利用が不貞行為に当たるかどうかは裁判所でも意見が分かれるため、証拠の有効性が左右されます。

もし、夫が風俗を利用していて、それを不快と思うのであれば、即刻やめさせることです。そして、妻からの忠告を聞かずに風俗通いを続けるようであれば、それが、離婚の要因として認められることがあります。

風俗通いと浮気、その線引きの詳細解説

風俗通いと浮気、これら二つの行為は一見似ているように感じられますが、実際にはその線引きはかなり微妙なものとなっています。

一部の人々は風俗利用も浮気の一種と考え、一方で別の人々はそれらを全く別のものと見なすかもしれません。それでは、これらの線引きは具体的にどのようになされているのでしょうか。

まず、風俗利用について考えてみましょう。風俗とは、お金を支払い、その代わりに性的なサービスを受ける場所のことを指します。これはあくまでビジネスの一環であり、感情的な絆や愛情は関与していません。

そのため、一部の人々はこれを浮気とは考えません。しかし、パートナーが性的な行為を他人と行うという事実に対して不快感を抱く人もいるでしょう。

次に、浮気について考えてみましょう。浮気とは、パートナー以外の人と感情的、あるいは肉体的な関係を持つ行為を指します。

ここには感情が関与しており、一夜限りの関係であっても、その背後には何らかの感情が存在すると考えられます。この点が風俗利用との大きな違いとなります。

浮気になる風俗通い、法律はどう判断する?

浮気になる風俗通い、法律はどう判断する?

風俗が法律上で浮気になるかどうか、その判断基準を調査しました。法律的な視点からは、配偶者の信頼を裏切る行為があれば、それは浮気と判断されます。

風俗通いも配偶者の信頼を裏判断する行為と捉えられることがあります。 しかし、法律的には風俗利用が必ずしも浮気に当たるわけではありません。

性的関係のない風俗利用のみでは、「不貞な行為」にあたらないからです。

また、「性的な行為」であっても、それを証明することができなければ、不貞行為を理由に離婚は認められません。

したがって、法的には「風俗利用=浮気」とは言えないのです。 それでも、風俗利用が浮気になるかどうかは、配偶者がどの程度その行為を許容できるか、という点が重要になります。

配偶者が風俗利用を深く傷つく行為と捉えていれば、それは間違いなく浮気となるでしょう。

そして、妻が何度も注意しているにも関わらず、継続的に性的行為を行う風俗に通っている証拠があれば、離婚は成立します。

妻の許容度による浮気の定義

証拠がなければ、風俗利用が法的には浮気とは言えないとはいえ、最終的には妻の許容度が問われることになります。

妻がどの程度その行為を許容できるか、という点が風俗利用が浮気になるかどうかの重要な判断基準となります。

妻が心からその行為を許すことができれば、それは浮気とは言えないでしょう。しかし、許すことができない場合、それは明らかに浮気と見なすことができます。

一般的に、風俗利用は配偶者の信頼を裏切る行為と捉えられることが多く、そのため、配偶者の感情や立場から考えれば、それは浮気と見なされることが多いです。

例えば、妻が風俗利用を深く傷つく行為と捉えていれば、それは間違いなく浮気となるでしょう。

しかし、妻が風俗利用を許容するという立場の場合、法的には浮気とは認められないものの、夫婦間での問題としては浮気とは言えないかもしれません。

つまり、風俗利用が浮気になるかどうかは、法的な問題だけでなく、夫婦間の約束や信頼関係にも大きく影響を受けます。

しかし、夫の風俗通いを許せる女性はそんなに多くはないでしょう。ほとんどの女性が「夫の風俗通いをやめさせたいと」思っています。

次に、夫の風俗通いをやめさせる重要ポイントについて解説していきます。

夫の風俗通いをやめさせる重要ポイント!

男性が風俗に行く理由を考えるとき、最も一般的な理由は「性欲の処理」です。これは、生物学的な欲求に基づいており、男性の性欲は強力であり、その欲求を満たすためには様々な手段がとられます。

例えば、一部の男性は風俗を利用することで性欲を処理しています。これは、性行為に対する好奇心や新鮮さを求めるため、あるいは妻との性行為に満足できなくなったためかもしれません。

しかし、風俗嬢との性行為はプロの関係であり、愛情は関係ないため、浮気とは言えないと考える男性もいます。

また、セックスレスの問題もあり、妻から性行為を拒否されると、風俗に行くことで性欲を処理する男性もいます。しかし、これらの行為は妻から見れば不貞行為となり得ます。

結論として、男性が風俗に行く理由は多様であり、それぞれの理由にはそれぞれの背景があると言えます。

しかし、殆どの男性は、心の癒しと性的な満足感を求めて風俗を利用しています。

これらの心理的な原因を理解することは、風俗通いをやめさせるための第一歩となります。それぞれの原因に対する適切な対策を講じることで、風俗通いを止めさせることが可能です。

1. 夫婦間での満足のいく性生活の築き方

風俗通いの原因の一つに、性欲の処理があります。夫婦間で満足のいく性生活を築くことが、風俗通いを防ぐ一つの対策となります。

夫の性的な好みや欲求を理解し、それに応えることが重要です。また、双方が満足できるようなコミュニケーションを取ることも大切です。

性生活は夫婦間のコミュニケーションの一部であり、理解し合うことで互いの満足度を高めることができます。

2. 心の癒しと共感の大切さ

風俗通いの理由として、心の癒しを求めている場合があります。夫婦間のコミュニケーションが不足していると、外部に心の癒しを求めることがあります。

日々の生活の中で、夫の感情を理解し、共感することが大切です。感情を理解し、適切に表現できるようサポートすることも重要です。

このように心の癒しを提供することで、風俗通いを防ぐことができます。

3. 日常生活における新鮮な刺激の提供

風俗嬢との新鮮な体験を求めている場合、日常生活に新鮮な刺激を提供することが有効です。

共通の趣味を見つけたり、新たな旅行先を探したりすることで、夫婦間の絆を深め、風俗への依存度を減らすことができます。

夫婦生活に新鮮な風を吹き込むことで、風俗通いを防ぐことができます。

4. 夫の小遣いの見直し

風俗遊びを続ける既婚者の多くが、自由に使えるお金を持っているという共通点があります。風俗遊びをやめさせるためには、その資金源を断つことが必要です。

家計の管理を見直し、夫の小遣いを管理することで、風俗通いを防ぐことができます。また、家計管理を見直すことで、家庭生活の質を向上させることも可能です。

5. 夫婦間のコミュニケーションの重要性

風俗通いを防ぐためには、夫婦間のコミュニケーションが非常に重要です。夫婦間のコミュニケーションが不足していると、互いの理解が深まらず、溝が生まれることがあります。

その溝を埋めるためには、日々の生活の中でしっかりとコミュニケーションを取ることが必要です。また、相手の感情を理解し、共感することも大切です。

これらの対策は一部ですが、風俗通いを止めさせるための有効な手段となります。

まとめ

風俗利用が浮気にあたるか否かは、個々の価値観や法律的な視点、さらには社会的な規範によっても異なります。

しかし、夫の風俗通いを公認している妻の中には、何度も注意してもやめないことから、諦めているケースが多いことがわかりました。

旦那の風俗通いを女性の視点で見れば、男性と女性の性欲の違いを無理やり納得させられていると感じることも多いでしょう。

もし、夫の風俗通いが止まらない場合、専門家の助けを借りることも一つの選択肢です。カウンセラーや心理療法士などが、夫婦間のコミュニケーションを支援し、問題解決のための具体的な方法を提案してくれます。

また、何度注意しても風俗通いをやめない夫に対しては、証拠を握り、離婚を申し立てることも選択肢の一つです。

必ずしも離婚することが求められるわけではないですが、時には強硬な手段も必要となる場合もあります。

あなたの人生に悔いが残らない事を願っています。最後までご覧いただき、ありがとうございます。

この記事が、皆様の問題解決の一助となれば幸いです。

信頼できる探偵の探し方

探偵さがしのタントくん 口コミ

  • 浮気がどうかわからなくて悩んでいる
  • 調査はしたいが料金が明確でなく悩んでいる
  • 探偵に頼むかどうか悩んでいる
  • 探偵選びで悩んでいる
  • 1度他社で見積りをしたが料金が高いと悩んでいる
  • 他社と比較検討で悩んでる

タントくんなら無料でご相談ができます。

タントくんでは、探偵事務所に依頼する前の浮気かどうかの相談や料金の心配や探偵選びの不安を解消するお手伝いを。

過去の経験や他社との比較に基づく情報提供も可能ですので、安心してご相談ください。

専門の相談員があなたの悩みや浮気問題について親身になってアドバイスをくれるので、安心して相談することができます。

探偵さがしのタントくん

フリーダイヤル 0120-275-991

公式ページへ行く

信頼できる探偵へのご相談はこちら

探偵おすすめ

 

総合探偵社AMUSE

総合探偵社AMUSE

業界最低水準の浮気調査

総合探偵社AMUSE(アムス)では、調査結果には絶対の自信がありますので、対象者に気づかれた!対象者を見失った!などの理由で「証拠が掴めなかったら全額返金します。」というキャンペーンを行っております。また、時間単価の場合、最低時間の縛りがあり余った時間の返金はしてくれません。AMUSEは最低時間の縛りは一切なく、契約時間より少ない時間で調査が完了した時には、残りの料金を返金してくれます。

例えば、48時間調査で契約をして35時間で調査が終了した場合には、残りの13時間分の費用は返金してくれます。

原一探偵事務所

原一探偵事務所

メディアでおなじみ原一探偵事務所

TV番組の徳光和夫の「逢いたい」。行方不明者や失踪人を探していたのは原一探偵事務所。お客様の信頼が1番高いと言われている原一探偵事務所は、創業46年の実績で弁護士からも「証拠がとれる探偵」として推薦されるほど信頼ができます。調査後には専門知識を持った専属のカウンセラーが的確なアドバイスをしてくれます。

そよかぜ探偵事務所

そよかぜ探偵事務所公式

浮気調査専門の探偵

そよかぜ探偵事務所は、大手探偵事務所で9年間も浮気調査に携わり、数々の実績を積み重ねてきた経験豊富なメンバーが在籍しています。コストパフォーマンスに優れていて、魅力的な料金プランの一つとして、完全成功報酬があります。もちろん、完全成功報酬制だから証拠が取れなければ料金は0円です。今なら、5万円のキャッシュバックとGPS無料貸し出しキャンペーンを行っているのでお早めにご相談ください。

そよかぜ探偵事務所

-浮気トラブル
-