浮気とは?そしてそれはどこから始まるのか?法律上の浮気の定義とその境界線

田中 好太郎

浮気とは?
田中好太郎

田中 好太郎

【経歴】 日本最大級調査会社の探偵 【実績】 浮気調査・人探し。アドバイザー 【現在】 浮気探偵ナビの監修

「浮気」という言葉は、多くの人が一度は耳にしたことがあるでしょう。しかし、その定義や始まり、既婚者にとっての「どこからが浮気」など、具体的に考えたことはあるでしょうか。

この記事では、これらの問いについて深く掘り下げ、明確な理解を得ることを目指します。

田中好太郎
田中好太郎
こんにちは。浮気 探偵ナビの田中好太郎です。以前は大手探偵事務所に所属し、浮気調査からアドバイザーを兼任しておりました元探偵です。よろしくお願いいたします。
こんにちは。浮気 探偵ナビ編集部の折原めぐみと申します。どうぞよろしくお願いいたします。
折原めぐみ
折原めぐみ

浮気とは何か?

まず、「浮気」の定義から見ていきましょう。一般的には、自分のパートナー以外の人と恋愛感情を持ったり、性的な行為を行ったりすることを指します。

しかし、これはあくまで一例であり、人によっては「心の浮気」や「精神的な浮気」を重視する人もいます。

例えば、パートナー以外の人と頻繁に会うこと、密かに連絡を取り合うこと、他の人を思い浮かべることなども「浮気」に含まれると考える人もいます。

しかし、その境界線は非常に曖昧で、一概には定められていません。

既婚者にとっての「どこからが浮気」は、配偶者との約束や信頼関係が大きな要素となります。

配偶者との間で、特定の行為を浮気と認識しているなら、その行為は浮気となります。

また、配偶者に隠れて行う行為や、配偶者が不快に思う行為も、浮気と捉えられることでしょう。

浮気の始まり:感情から行動へ

次に、「浮気」はどこから始まるのでしょうか。

それは、一見無害な感情から始まることが多いのです。例えば、パートナー以外の人に対するちょっとした興味や好意。その感情が大きくなり、行動に移ることで、浮気という行為が始まります。

一部の人々は、他の異性との親密な会話やメッセージのやりとりを浮気の始まりと考えています。

パートナー以外の人との関係が深まり、それが肉体的な関係へと発展することで、一般的に認識される「浮気」が生まれます。

しかし、全ての人が同じように感じるわけではありません。他の人々は、他の異性との肉体的関係を持つことを浮気の始まりと捉えます。

これは、感情だけでなく行動によって浮気が定義されるという考え方です。 いずれにせよ、浮気の始まりは感情から行動へという流れを理解することで、浮気を防ぐための対策を考えることが可能になります。

法律的な観点から見た浮気の定義

日本の法律における「浮気」の定義は、一般的な意味合いとは少し異なります。

具体的には、法律上では「不貞行為」または「姦通」が問題とされ、これが離婚の有責配偶者として認められる理由となります。

恋心や感情的な浮気、心の浮気といった要素は、法律的には認められていません。つまり、心の中で他人を好きになってしまったとしても、それが法律上の問題になるわけではありません。

しかし、その感情が行動に移り、結果として不貞行為を引き起こす可能性があるため、感情的な浮気も問題視されることがあります。

法律的な観点から見ると、浮気とは具体的な性的な行為が伴う場合のみを指すといえるでしょう。

このような行為が明らかになった場合、配偶者は慰謝料請求や離婚を求めることが可能となります。

既婚者が知っておくべき、浮気の境界線

浮気の境界線とは、一体何を指すのでしょうか。それは、パートナーに対して抱く感情と、他の異性に対して抱く感情の間に存在する、ある種の「一線」のことを指します。

この一線は、人それぞれ、カップルそれぞれで異なります。しかし、一般的には、他の異性に対する感情が、パートナーに対する感情を超えたとき、それは「浮気」の領域に踏み込んだと言えるでしょう。

しかし、この「一線」は非常に曖昧で、しかも個々の価値観によって大きく変わるため、自覚することが難しいこともあります。

そして、浮気の境界線は、パートナーとの信頼関係や約束事にも大きく影響されます。パートナーとの約束を破ったり、信頼を裏切る行為は、浮気の一環と見なされることもあります。

このように、浮気の境界線とは、自分自身の感情と行動、そしてパートナーとの関係性を深く見つめ直すための一つの指標となります。

浮気の境界線を越えた時の心理状態

結婚生活における浮気の境界線が越えられると、心理的な影響は避けられません。

まず、罪悪感と後悔が心を蝕んでいきます。自身の行動がパートナーにどれほどの傷を与えるか、その重大さを理解すると、心は深く自責の念に苛まれます。

この罪悪感は、自身の行動を正当化しようとする逆の力と戦い続け、精神的なストレスを生み出します。

また、浮気を続けると、自己否定感が高まります。自分が信じていた価値観や道徳観が崩れ、自己のアイデンティティに疑問を持つようになります。

その結果、自己評価が低下し、ネガティブな感情が増大します。 さらに、パートナーに対する信頼関係が崩れ、家庭内の緊張が高まります。

家庭生活が不安定になると、子供たちにも影響が出る可能性があります。

これらの心理的な影響は、個人の精神状態だけでなく、家庭全体の安定性と幸せをも脅かすことになります。

浮気と不倫の違いとは?

私たちが日常的に使う「浮気」と「不倫」、これらの言葉の違いを明確に理解している人は多くはないでしょう。

一般的に、「浮気」とは恋人や配偶者以外の人と恋愛関係になることを指します。しかし、この「浮気」は法律的には定義されていません。

一方、「不倫」は法律上では「姦通」とも言われ、既婚者が配偶者以外の人と性的関係を持つ行為を示します。

つまり、浮気が恋愛感情を伴う行為であるのに対し、不倫は結婚を破壊する可能性のある行為とされています。

不倫と浮気の心理的な違いとは?

前述では、「浮気」と「不倫」の法律的な違いについて詳しく述べましたが、次に、この二つの行為が心理的にどのような違いを持つのかについて考えてみましょう。

まず、「浮気」は一時的な欲望や新鮮さを求める行為です。恋人や配偶者との関係に満足できないとき、または新たな刺激を求めるときに起こります。

これは一時的な感情であり、長期的な関係に発展することは少ないでしょう。 一方、「不倫」はより深刻な問題を示しています。

不倫を行う人は、既婚者でありながら配偶者以外の人と性的な関係を持つことで、結婚生活からの逃避や新たな愛を求めている可能性があります。

これは一時的な欲望ではなく、より深い感情や問題が関わっていることが多いのです。

つまり、浮気は「恋愛感情」を求め、不倫は「新たな愛」を求める行為と言えます。それぞれの行為には、異なる心理的な背景が存在しています。

法律による不倫の罰則

不倫に対する法律的な罰則とは何か、その詳細を解説します。まず前提として、日本の法律では、不倫自体は刑事罰を伴う行為とは認められていません。

しかし、人間関係や精神状態に深刻な影響を及ぼす可能性のある行為であるため、民事訴訟においては損害賠償の対象となり得ます。

不倫相手やその配偶者から損害賠償請求がなされた場合、配偶者からの離婚請求、慰謝料請求、子供の親権を巡る争いなど、さまざまな問題が生じます。

これらはすべて、不倫が原因で起こりうる法律的な罰則と言えるでしょう。 具体的な損害賠償額は、ケースバイケースですが、一般的には数百万円から数千万円とされています。

また、裁判所は、不倫の事実、配偶者の精神的苦痛、家庭の破壊度合いなどを考慮して、損害賠償額を決定します。

なお、不倫により離婚した場合、その事実が就職や再婚に影響を及ぼす可能性もあります。

これもまた、間接的な罰則と言えるでしょう。 このように、不倫には法律的な罰則が存在します。

不倫の影響は経済的なものだけでなく、社会的なものまで及びます。そのため、不倫には十分な注意が必要です。

まとめ:浮気に対する法的な対応策

法律的な観点から見ると、浮気は配偶者の信頼を裏切る行為であり、配偶者間の契約違反とも言えます。

このような行為は、離婚の原因となることがあり、また慰謝料の請求対象となることもあります。

浮気の事実を確認した場合、適切な法的手段を講じることが重要となります。 具体的な対処法としては、まずは浮気の証拠を確保することが必要です。

証拠がなければ、浮気を主張しても認められません。証拠の取り方には様々な方法がありますが、プロの探偵に依頼するのが一番確実な方法です。

証拠を取った後には、弁護士に相談することも有効です。離婚を選択する場合、調停や裁判といった手続きが必要となります。

また、慰謝料の請求も考えられます。これらの手続きは複雑で時間もかかるため、弁護士に相談することで、法律的な観点からアドバイスをくれることでしょう。

この対処法を講じる前には、まずは冷静になることが大切です。感情的になって行動すると、後々後悔することになるかもしれません。

浮気の事実が明らかになった時、一番大切なのは自分自身の感情をうまくコントロールすることです。その上で、適切な対処法を見つけていきましょう。

信頼できる探偵の探し方

探偵さがしのタントくん 口コミ

  • 浮気がどうかわからなくて悩んでいる
  • 調査はしたいが料金が明確でなく悩んでいる
  • 探偵に頼むかどうか悩んでいる
  • 探偵選びで悩んでいる
  • 1度他社で見積りをしたが料金が高いと悩んでいる
  • 他社と比較検討で悩んでる

タントくんなら無料でご相談ができます。

タントくんでは、探偵事務所に依頼する前の浮気かどうかの相談や料金の心配や探偵選びの不安を解消するお手伝いを。

過去の経験や他社との比較に基づく情報提供も可能ですので、安心してご相談ください。

専門の相談員があなたの悩みや浮気問題について親身になってアドバイスをくれるので、安心して相談することができます。

探偵さがしのタントくん

フリーダイヤル 0120-275-991

公式ページへ行く

信頼できる探偵へのご相談はこちら

探偵おすすめ

 

総合探偵社AMUSE

総合探偵社AMUSE

業界最低水準の浮気調査

総合探偵社AMUSE(アムス)では、調査結果には絶対の自信がありますので、対象者に気づかれた!対象者を見失った!などの理由で「証拠が掴めなかったら全額返金します。」というキャンペーンを行っております。また、時間単価の場合、最低時間の縛りがあり余った時間の返金はしてくれません。AMUSEは最低時間の縛りは一切なく、契約時間より少ない時間で調査が完了した時には、残りの料金を返金してくれます。

例えば、48時間調査で契約をして35時間で調査が終了した場合には、残りの13時間分の費用は返金してくれます。

原一探偵事務所

原一探偵事務所

メディアでおなじみ原一探偵事務所

TV番組の徳光和夫の「逢いたい」。行方不明者や失踪人を探していたのは原一探偵事務所。お客様の信頼が1番高いと言われている原一探偵事務所は、創業46年の実績で弁護士からも「証拠がとれる探偵」として推薦されるほど信頼ができます。調査後には専門知識を持った専属のカウンセラーが的確なアドバイスをしてくれます。

そよかぜ探偵事務所

そよかぜ探偵事務所公式

浮気調査専門の探偵

そよかぜ探偵事務所は、大手探偵事務所で9年間も浮気調査に携わり、数々の実績を積み重ねてきた経験豊富なメンバーが在籍しています。コストパフォーマンスに優れていて、魅力的な料金プランの一つとして、完全成功報酬があります。もちろん、完全成功報酬制だから証拠が取れなければ料金は0円です。今なら、5万円のキャッシュバックとGPS無料貸し出しキャンペーンを行っているのでお早めにご相談ください。

そよかぜ探偵事務所

-浮気トラブル
-, ,