月別アーカイブ:2017年02月

離婚の原因と5つの理由

離婚したいと思っても夫婦は共同生活を維持する目的で婚姻関係を結んでいます。 それを片側の意思だけで離婚をするには、離婚する原因が認められなければ成立しません。 ここでは、民法が定める離婚の原因についてまとめてみました。 民法第770条(裁判上の離婚) 夫婦の一方は、次に掲げる場合に限り、離婚の訴えを提起することができる。 配偶者に不貞な行為があったとき。 配偶者から悪意で遺棄されたとき。 配偶者の生死が三年以上明らかでないとき。 配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき。 その他婚姻を継続し難 ...

妻の家出の原因は不倫

突然奥さんが家出をしたときには、様々な理由が考えられます。 どちらかの親と同居している場合は、舅や姑と折り合いがつかなくなったり、介護疲れで現実逃避したくなる理由が挙げられます。   またそれほど深刻なことではなく、家族と喧嘩をして腹立たしさが収まらずに衝動的に家出することもあります。 その他に家族に内緒で借金をしてしまい、それが返済できなくて後ろめたさから家を出ることがあります。   妻の家出の理由と原因 妻の家出の理由 夫が家事や育児に非協力的 些細な喧嘩 嫁姑問題 夫もしくは自身 ...

協議離婚とは|離婚の種類

最も多い離婚の方法で、離婚の90%が協議離婚になっています。 夫婦が話し合い、お互いに離婚に合意して、離婚届けに必要事項を記入し、市区町村役場に提出すれば受理されます。   他の離婚とは違って裁判などは一切関与しないので、面倒な手続きもなく離婚届けに捺印するだけで済みます。   離婚届 離婚届の出し方は、住所地の市区町村役場に提出する事で離婚が成立します。 離婚届には夫婦それぞれの署名押印と、証人2名の署名押印が必要です。証人は成人であれば、誰でも構いません。子供がいる場合には親権者の ...

調停離婚とは|離婚の種類

離婚を申し出たけど、一方が頑なに離婚を認めてくれない、養育費や慰謝料、親権の話が上手くまとまらない、協議で話し合っても一向に話し合いが進まない時には、夫婦の片一方が家庭裁判所に離婚調停を申し立てます。その調停によって成立するのが調停離婚となります。   調停と言っても、裁判と違って壇上に裁判官がいる様な形式ではありません。 調停離婚は、家庭裁判所で第三者を交えて話し合いを行いますので、上手くまとまらない話でもスムーズに解決する事があります。   調停では、調停委員(男女各1名)が中立な ...

探偵業の届出による被害の減少は望めるのか

平成19年6月に探偵業法が施工されてから8年の月日が経ちました。 実際に法改正されて効果はあったのかと言うと、トラブルが減少した様に思えます。 しかし、未だに探偵トラブルによる相談が、国民生活センター絶えず寄せられているのが現状です。 2016年度探偵トラブル相談件数5224件 《国民生活センター 最近の事例》 嫁の不貞調査を興信所に依頼したが、頼んだ時間帯の調査をしていない。その分の料金は返金してほしい。 インターネットで探した興信所に夫の素行調査を依頼したが、報告書もなく「何もわからなかった」と言われ ...

Copyright© 浮気調査 探偵 興信所の選び方|浮気調査の料金を安くする3つのポイント , 2019 All Rights Reserved.