離婚について

浮気をされて我慢できないから離婚!そんな風に考える人も少なくありません。
離婚をする時には、養育費や慰謝料、親権問題など、様々な問題を話し合いで決めていかなければいけません。
離婚を優位に進める方法から離婚の種類、裁判で離婚を成立させるための理由と原因をまとめています。

離婚の原因と5つの理由

離婚したいと思っても夫婦は共同生活を維持する目的で婚姻関係を結んでいます。 それを片側の意思だけで離婚をするには、離婚する原因が認められなければ成立しません。 ここでは、民法が定める離婚の原因についてまとめてみました。 民法第770条(裁判上の離婚) 夫婦の一方は、次に掲げる場合に限り、離婚の訴えを提起することができる。 配偶者に不貞な行為があったとき。 配偶者から悪意で遺棄されたとき。 配偶者の生死が三年以上明らかでないとき。 配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき。 その他婚姻を継続し難 ...

離婚の種類は4つある

旦那の浮気が発覚して、つい感情的になって離婚を考えてしまう女性は少なくありません。 簡単に離婚は出来ますが、その後の生活は簡単にはいかないでしょう。   慰謝料請求や養育費、財産分与等きちんと取り決めておかなければいけません。 そこで、知っておいてほしいのが離婚の種類です。   離婚は大きく分けると4種類になります。 協議離婚、調停離婚、審判離婚、裁判離婚、   日本の離婚で90%を占めるのが協議離婚です。しかし協議で納得できずに話がまとまらなければ調停となります。 調停でも ...

協議離婚とは|離婚の種類

最も多い離婚の方法で、離婚の90%が協議離婚になっています。 夫婦が話し合い、お互いに離婚に合意して、離婚届けに必要事項を記入し、市区町村役場に提出すれば受理されます。   他の離婚とは違って裁判などは一切関与しないので、面倒な手続きもなく離婚届けに捺印するだけで済みます。   離婚届 離婚届の出し方は、住所地の市区町村役場に提出する事で離婚が成立します。 離婚届には夫婦それぞれの署名押印と、証人2名の署名押印が必要です。証人は成人であれば、誰でも構いません。子供がいる場合には親権者の ...

調停離婚とは|離婚の種類

離婚を申し出たけど、一方が頑なに離婚を認めてくれない、養育費や慰謝料、親権の話が上手くまとまらない、協議で話し合っても一向に話し合いが進まない時には、夫婦の片一方が家庭裁判所に離婚調停を申し立てます。その調停によって成立するのが調停離婚となります。   調停と言っても、裁判と違って壇上に裁判官がいる様な形式ではありません。 調停離婚は、家庭裁判所で第三者を交えて話し合いを行いますので、上手くまとまらない話でもスムーズに解決する事があります。   調停では、調停委員(男女各1名)が中立な ...

離婚後に不安なく生活するための方法

離婚するのは簡単の事ですが、その後の生活を考えると不安になってしまいますよね。 ましてや小さいお子様がいらっしゃるのであれば、女性1人で子供を育てていくのは並大抵の努力ではありません。   そんな時に知っておくと役立つ母子家庭の手当や補助金制度をまとめてみました。 児童扶養手当(母子手当) 児童扶養手当は18歳未満の子供の(一定の障害がある場合は20歳未満)がいる母子家庭に手当が支給される制度があります。 父母が離婚するなどして父又は母の一方からしか養育を受けられない一人親家庭などの児童のために ...

Copyright© 浮気調査探偵の選び方|旦那の浮気を見破る方法 , 2019 All Rights Reserved.