浮気調査の料金

浮気調査の探偵料金を比較|損をしない料金プランの選び方!

更新日:

浮気調査の料金システムは、各探偵社によって用意されているプランがあります。

また、探偵の料金はどこか不透明な部分があり、一般の方にはわかりづらいところが、身近に感じられないところなのかもしれません。

 

今では大手を中心にわかりやすい料金表をつくり、HPに掲載している探偵事務所が増えてきています。

とは言っても、まだまだわかりにくい部分が多いのが現状です。

ここでは探偵料金を比較して、損をしない料金プランの選び方を説明していきます。

 

浮気調査の料金の仕組み

浮気調査の料金の仕組み、は調査料金に経費をプラスした合計金額となります。

調査料金+経費=合計金額

 

調査料金

調査料金は人件費となり、調査員を何人必要かで人件費が変動していきます。

また、浮気調査料金の大半を占めているのが人件費となります。

 

経費(基本料金)

経費は車両代、機材代、交通費や報告書作成費となります。探偵によっては経費込みのところもありますが、掛かった分だけ後で請求する実費計算のところもありますので、気を付けましょう。

 

浮気調査の料金体系(3つのプラン)

探偵の料金プランは、大きく分けると3つになります。

時間単価と1日単価(パック料金)、成功報酬制の3つのプランがあります。

 

そして、各探偵社によって、用意されているプランに違いがあります。

その中でも、時間単価制が最もメジャーなプランで、殆どの探偵で佐生陽されているプランになります。

 

時間単価とは

2

時間単価はその名の通り、1時間の料金単価が決まられていて、調査に費やした時間によって料金が加算されていきます。

一見無駄の無い様に思えますが、探偵社毎に決まりがあり、そこを理解していないと逆に損をしてしまいます。

 

一般的な時間単価の例を挙げてみると1時間あたり1名8,000円から10,000円となっています。

但し、通常浮気調査をするには最低でも2名は必要となりますから1名あたりの料金×2名となります。

 

そこに、経費(車両代、機材代、報告書作成費)が加算された金額が調査費用となります。

 

時間単価のメリット

時間単価の場合は、1時間毎の区切りをつけて調査を行うので料金体系が分かりやすく無駄がありません。

帰りが遅いご主人の帰宅時間に合わせて尾行をしてもらう等、見たいところだけを見ることが出来るのが利点ですね。

 

当日調査や即日調査でも、使った時間だけで精算されますので、短い時間で結果が取れるなら時間単価は料金をおさえる事が出来ます。

 

時間単価のデメリット

簡単な調査の場合は時間単価の方が安く済むことが多いのですが、調査員を3名以上要する調査では高くなってしまいます。

時間単価の料金は1名あたりの金額になりますので、増員すれば、その人数に対しての人件費が加算されていきます。

 

長期的な調査(5日以上)や何も分からない状況での調査の場合は1日単価の方が安く済む場合が多いです。

 

料金比較

次に時間単価のA社とB社の料金を比較してみましょう。

A社

1名1時間3,000円

B社

1名1時間8,000円

 

料金だけを見るとA社の方に目を向けてしまいますよね。

時間単価によくありがちな追加料金を付け加えて比較してみます。

 

どちらも同じ夜の8時から深夜の1時までの5時間の調査をした場合に、料金にどれだけの差が出るか見てみましょう。

 

A社

  • 1名1時間3000円×2名=6000円
  • 調査時間(20:00~1:00)5時間
  • 2名5時間=30,000円+経費40000円
  • 夜間割増(20時以降)+1時間2000円
  • 諸経費実費計算:高速費、飲食費他

合計金額=1名5時間5000円(深夜割増1時間2000円含む)×2名=10000円

10000円×5時間=50000円+経費40000円+諸経費20000円

=110,000円

合計金額:110,000円


 

B社

  • 1名1時間8000円×2名=16000円
  • 調査時間5時間(20:00~1:00)
  • 2名5時間=80,000円(経費込み)

合計金額:80,000円


 

時間単価の場合は人件費以外に掛かる金額によって合計金額が変わってきます。

A社の場合は1時間当たりの単価が安い代わりに、経費や諸経費(実費精算分)と深夜割増が掛かります。

それによって、一見安いと思ったA社の請求金額はB社よりも高い金額となってしまいます。

B社は人件費(経費込み)の料金体系ですから凄くわかりやすくなっています。

 

稼働時間制について

探偵事務所によっては、料金表に「1稼働5時間につき」と記載されているところもあります。

稼働料金はその名前の通り、1日に2回稼働(出動)すると2回分の料金が掛かります。

 

例えば、1日のうち見てもらいたいのが、出社時と帰宅時の両方を見てもらいたいとします。

 

出社時間の7:00~9:00の2時間

帰宅時間の17:00から20:00の3時間

合計5時間

 

普通に考えれば、合計5時間の稼働ですから5時間分の料金で済むと考えてしまいますが、この場合には朝と夜の2回の出動になりますから2稼働分の料金になります。

2名1時間15000円の料金であれば5時間で75,000円、しかし、調査時間が合計5時間でも、1日2稼働なると単純に×2となります。

 

75,000円×2=150,000円

 

時間単価の最低調査時間

時間単価は各探偵社によって最低調査時間が決められています。

最低調査時間とは、1日の調査時間の時間単位となります。

 

この最低時間を5時間から8時間で設定している探偵社が一般的です。

最低時間が5時間の探偵社と8時間の探偵社とでは、最終的に料金に大きな差が生じてくるのです。

 

例えば、2名1時間15,000円の探偵社A,Bに5時間の調査を依頼したとします。

A社は最低時間が5時間で、B社は最低時間が8時間とします。

 

その場合に金額にどれだけの差が生じるのかをご覧ください。

 

A社(最低調査時間5時間)

2名5時間×15,000円=75,000円

B社(最低調査時間8時間)

2名5時間×15,000円=120,000円

 

A社は最低調査時間が5時間ですから区切りがいい事が分かります。

B社の最低時間は8時間になっていますので、例え調査が5時間で終わっても8時間分の料金が掛かる事になります。

 

これによって、最低調査時間の設定が短いほど無駄がない事が分かります。

最低稼働時間が8時間からの場合には、後1時間見てもらえれば証拠が撮れるような時にも追加料金は8時間分掛かってしまいます。

 

この最低時間を短くしている探偵社は少ないのですが、このサイトでも取り上げている総合探偵社TSさんは、最低調査時間を1時間に設定しているので時間単価の探偵を選ぶ場合にはおすすめの探偵社さんです。

 

時間単価の平均金額

1名1時間6000円~8000円(経費込み)

 

時間単価はわかりやすい計算方法です。殆どが1名1時間の料金となっています。

尾行などの調査で掛かった時間分だけの支払いになりますから簡単な調査の場合は安く抑える事が出来ます。

また、依頼者が時間や人員を指定することができるので料金は抑えることが出来るのです。

 

1日単価(パック料金)とは

1日単価2

1日単価(パック料金)は時間単価の時間課金型と違い、1日の単価が決められていて1日の単価+基本料金(初期費用)となっています。

1日単価の平均が10万円前後となっていて、その単価に調査に掛かる費用(機材代、車両費、報告書作成費等)平均4万円前後が初期費用としてプラスされる料金体系になっています。

 

1日の平均時間は探偵社によって違いはあまりなく、平均で6時間となっています。

 

例えば、1週間のうち土日は家にいるけど平日に浮気している可能性が高いとします。

この場合は土日以外の何曜日と特定できませんので、月曜から金曜日の5日間を見る必要があります。

 

1日単価が100,000円としたら5日間で500,000円+初期費用40,000円の見積となります。

 

パック料金

それに対してパック料金は3日~5日間の調査を通常より割安にしていますので、長い日数を調査する場合はパック料金で見てもらう方がお得感があります。

但し注意が必要です。5日間のパックで依頼して、例え調査が3日で終わったとしても5日間のパック料金は支払わなければいけません。

 

どちらがいいという訳ではなくて、調査状況は人それぞれになってしまいますので綿密に打ち合わせをして決めるのが1番いい方法です。

 

1日単価のメリット


 

1日単価の場合は別名委託式ともいわれている事から、その調査に必要な事は料金に含まれています。

そのために、時間単価と違い追加料金が掛からない事が魅力です。

 

基本料金の中に必要経費(人件費、機材代、報告書作成費他経費)が含まれていますから、余程の事が無い限りは追加料金を請求される事がありません。

(あくまでも良心的な探偵を目安にしています)

 

最初の相談時に調査計画を立てから調査料金を見積りますので、調査終了後に見積金額以上の追加料金が発生しません。

 

※注意

1日単価の場合は短時間で結果が出た場合でも、1日分の料金は掛かります。

しかし、殆どの浮気調査は1日で結果が取れることはありません。明らかに浮気していることが明確で、時間や場所、相手もわかるような場合は1日で結果が取れる事もあります。

 

 

1日単価のデメリット

1日単価の場合は、時間単価の様に時間毎に区切りがないため、短時間で結果が出た場合でも1日分の料金が掛かります。

良心的なところは調査を打ち切らずに、余った時間でサービス調査をしてくれる事もあります。

 

1日単価平均金額

1日80000円~100000円+経費

 

1日単価は時間単価と違って、その調査に対して必要な人員数(平均3名体制、大手の場合)が無制限となっていますから、調査に掛かる日数✕1日単価+経費=合計金額となります。

経費はその調査に対して30000円~40000円が平均となっています。

 

1日の平均調査時間は5~6時間が目安となりますので、10時間以上の調査は2日間の料金となります。1日単価の場合はパック料金を設けているところが多いですから、長期間掛かるような調査の場合はパック料金のほうがお得で安く調査が出来ます。

 

成功報酬とは

成功報酬2

成功報酬制は、よく見かける広告で失敗したら0円と書かれているのが成功報酬制になります。殆どが、お客様を引き寄せる広告戦略です。

この成功報酬はあまりおすすめ出来ない料金算出方法です。

 

何故かと言うと、探偵事務所のリスク配分がきちんと出来上がっていて、失敗してもマイナスにならない仕組みに答えがあるのです。

 

一般的に理解されている成功報酬制とは、浮気調査が失敗に終わったら調査料金を支払わなくて済むと言う事ですね。

この料金制度は依頼者にとっても、不満がないと思います。

 

しかし、探偵の成功報酬は1番トラブルが多い料金体系で、「何が失敗で何が成功なのか?」そこをきちんと決めておかなければ、探偵側の成功の定義を一方的に押し付けられてしまいます。

それによって、調査結果が不十分であっても成功報酬を請求される事になります。

 

成功報酬の料金体系

成功報酬には完全成功報酬と普通の成功報酬の二通りあります。

 

成功報酬制の仕組み

例.着手金+成功報酬=合計金額

例(30万円)+(30万円)=60万円

 

成功報酬の場合は、最初に着手金(前金)が必要になります。そして調査が成功した場合に成功報酬が発生する仕組みになっています。

成功報酬は、よく弁護士の料金算定方法で使われています。

 

慰謝料請求を例に上げると、最初に着手金を支払います。

そして相手方と慰謝料の交渉をして、無事成立したら慰謝料の20%が成功報酬となります。

 

この成功報酬は各探偵社によって%は違いますが、着手金と同じ位の金額かそれ以上掛かる場合もあります。その為、時間単価や1日単価で依頼するよりも高くなる事が多いです。

 

そもそも、成功報酬制は「家出人捜索」や「人探し」等、調査が難航する事がわかっている時に用いられています。その分捜索人が見つかった場合にはかなりの高額な成功報酬となります。見つからなかった場合は、着手金が探偵側に残る仕組みとなっています。

 

しかし、浮気調査の場合は「浮気しているかもしれない」と言う浮気の事実が曖昧な場合は探偵側も成功報酬で調査を受ける事はしません。

確実に浮気していることがわかっていて、相手も場所も特定出来る事が条件になります。それで証拠が取れなければ成功報酬は0円です。

 

成功報酬制の解釈はこれでいいと思います。

 

新しいシステムで素晴らしい完全成功報酬制を導入されている探偵事務所もありますので、気になる場合は各探偵事務所に問い合わせて聞いてみてください。

 

完全成功報酬

成功報酬のみ

:成功報酬100万円

完全成功報酬は、料金後払いで調査が失敗に終わったら報酬が発生しないシステムになっています。

こちらは探偵側にはかなりのリスクが生じるので、受けられる案件には条件があります。

 

その条件とは、「浮気をしている事は確定していて証拠を掴みやすい」事です。

浮気をしているかどうかわからない状況では失敗する確率が大きいので、そういった場合は完全報酬では受けられません。

 

また成功報酬の金額もリスク配分がされているので通常の調査料金よりも高額になるケースが多いのも事実です。

浮気の結果が取れなければ0円

浮気の結果と浮気の証拠は違います。

浮気の結果とは何を指すのかが問題です。

 

  • 女性といるところ
  • 2人で手をつないで歩いているところ
  • 女性宅のみ判明

 

上記は言い方を変えれば浮気の結果となります。

その為に浮気の証拠が撮れなくても、「女性といるところが判明したので成功です。」と言われたら成功報酬を支払わなければいけません。

 

浮気の証拠は不貞行為の証拠(ホテル等の出入りの写真)と決めておかなければ成功報酬の意味がないのです。

 

失敗したら0円

この失敗したら0円とは、探偵側の過失で尾行が失敗して調査が続行できない状況の事を指します。

依頼者が調査現場に出向いて調査の一部始終を見ていればわかる事ですが、そんな事は出来ませんよね。

 

こちらの場合は、探偵側の自己申告になりますから信頼できる探偵を選ぶ事が絶対になります。

上記の事を考えてみると、浮気調査で成功報酬制を選ぶのはリスクが大きい事が分かります。

 

しかし、依頼者にとっては成功報酬制は魅力的で理に適った料金算定方法となります。

成功報酬制の探偵を選ぶ時には、信頼ができる探偵を選びましょう。

 

まとめ

いつ浮気するかがわかっていて短時間を見てもらいたい時には、時間単価制を選ばれる方がいいでしょう。

また、情報量が少ない時や、いつ浮気するかわからない時などは日数を要する事がありますので、パック料金を選ばれると費用をおさえることができます。

 

ただ、時間単価も1日単価も一長一短ですから、どれがいいと言うことはありません。

あくまでも各探偵社の料金算出方法になりますので、料金プランだけで比較する事なく、本来の目的の「結果」を取る事を考えて、総合的に見て信頼のある探偵に頼むことが失敗のない探偵の選び方になります。

 

実際に浮気調査の料金がいくらかかるのかは、こちらをご覧ください。

 

関連記事

浮気調査 料金 探偵の料金表から見る平均金額はいくら?

 

 

信頼できる探偵比較

元探偵が厳選!

今すぐCHECK

探偵をお探しならお任せください

 

探偵に頼みたいけど、どの探偵に頼んでいいのかわからない...

料金はいくら掛かるのか、探偵って怪しくないの?そんな不安や疑問に答えてくれて、あなたにぴったりの探偵を探してくれます。

 

探偵探しのタントくん

タントくんLP

「探偵に依頼したい相談者さま」と「探偵」を仲介するサービスである、探偵さがしのタントくん。

絶賛放送中のTV番組「Girls Happy Style」では、「困ったときにあると便利なアイテム特集」で『Best Happy Award 2017』グランプリに選ばれました!  

 

「探偵さがしのタントくん」は優良探偵事務所と提携。お客様のニーズに合った探偵事務所を無料でご紹介!

お客様が一番心配な費用の問題を、価格交渉!丁寧に応対。何度でもご利用できます。

中立的な立場で的確なアドバイスをしてくれます。

 

24時間365日お問い合わせ・通話無料

優良探偵事務所を無料でご紹介!



スマホでご覧の方はタップでつながります。

プロと主婦が選ぶおすすめ探偵!総合評価BEST-3

主婦からの依頼数が多い探偵は、比較的料金が低価格で、調査力がある探偵となっています。また、調査後の無料サポートも絶対の条件となっています。

離婚、夫婦のやり直し、慰謝料請求の問題はお任せください。

 

原一探偵事務所

ranking1

TVでおなじみの原一探偵事務所

調査料金:1日単価 80,000円~

5000社以上存在する探偵社の中で、信頼できる探偵事務所は数えるくらいしか存在しません。その中でもお客様の信頼が1番高いと言われているのが原一探偵事務所です。創業40年の実績で弁護士からも「証拠がとれる探偵」として推薦されるほど信頼できる探偵です。

 

 通話料無料!24時間無料相談窓口(※スマホサイトをご覧の方はタップでつながります。)

総合探偵社AMUSE

業界屈指の低水準の料金

調査料金:時間単価 1時間/1名7,500円

総合探偵社AMUSE(アムス)では、調査結果には絶対の自信がありますので、「調査対象者を見失った」、「調査対象者に気づかれた」という理由で証拠が掴めなかったら、全額返金します、というキャンペーンを行っております。探偵料金に不安がある方は、「尾行を失敗したら0円」キャンペーン中の今がチャンス!

 

通話料無料!24時間無料相談窓口(※スマホサイトをご覧の方はタップでつながります。)

総合探偵社TS

夫婦のやり直しのプロ

調査料金:時間単価 1時間/1名5,400円

ユーザーが不安を抱えているのは調査終了後の夫婦の仲が気まずくなることではないでしょうか。総合探偵社TSでは夫婦カウンセラーの資格を持つ専門カウンセラーが調査後の夫婦の仲を無料で取り持って頂けますから復縁を希望される方には強い味方となります。離婚を希望される場合は話し合いの有利な進め方のサポート、離婚専門弁護士を無料で紹介してくれます。また、調査後に浮気相手と会っていないかも無料で確認してくれます。

 

通話料無料!24時間無料相談窓口(※スマホサイトをご覧の方はタップでつながります。)

おすすめコンテンツ

1

  目次浮気を認めれば証拠は必要ない浮気の証拠の目的と必要性浮気の証拠がある場合とない場合 浮気の証拠がある場合 浮気の証拠がない場合浮気の証拠があれば望む結果が得られる 浮気を認めれば証拠 ...

2

浮気を理由に、離婚や慰謝料請求をする際に必要になってくるのが「浮気の証拠」です。 浮気の証拠は、キスをしているところや肩を組んで歩いているところを撮影しても、離婚や慰謝料請求は認めてもらえません。 & ...

3

浮気をされた時に、配偶者や浮気相手に請求できるのが慰謝料です。 この慰謝料請求の金額に制限はなく、いくらでも請求はできるのです。   いくらでも好きなだけ請求はできるのですが、相手が支払うか ...

4

  探偵に浮気調査を頼みたいと思っても、浮気調査の料金はいくら掛かるのか?、探偵料金の相場はどれくらい? 費用の面で不安を抱えてしまうのではないでしょうか。 はじめまして。元探偵の田中好太郎 ...

浮気調査 料金 安い 5

  「浮気調査 安い!浮気調査格安、浮気調査最安値」 安さを表に出した探偵に依頼してしまうと、料金トラブルに巻き込まれる事もあります。   この業界では安さにつられて調査を依頼して ...

-浮気調査の料金
-

Copyright© 浮気調査 探偵 興信所の選び方|浮気調査の料金を安くする3つのポイント , 2019 All Rights Reserved.